カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠・出産まとめ >
  4. 王道トラブルからマイナートラブルまで!産後の体にはつらい…産後に覚悟しておくべきこと

妊娠・出産

王道トラブルからマイナートラブルまで!産後の体にはつらい…産後に覚悟しておくべきこと

7db0d6cc29e06dca543bc8fafdc29f28_s.jpg赤ちゃんが生まれれば、ひとまず嬉しい気持ちでいっぱいになるでしょう。

これからの赤ちゃんとの日々に心躍るかもしれません。

しかし出産はママの体に大きな負担になります。

さらに不慣れな子育てとなれば、出産後しばらくは、色々なダメージや変化に疲れてしまうこともあります。

 

産後につらいこと「会陰(エイン)切開の痛み」

98ff1cf6ed3159a7900cb72a08eadc1f_s.jpg

分娩時に赤ちゃんが出やすくするために、会陰(膣の出口と肛門の間)をハサミ切ることがあります。

出産時はそれどころではないので、これ自体の痛みを感じない人も多いのですが、その後出産を無事終え、切開された場所も縫合され、落ち着くと痛みを感じるようになってきます。

 

産後につらいこと「後陣痛」

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s.jpg

陣痛は出産の際に赤ちゃんを子宮から押し出すために起こるものですが、出産後にも「後陣痛」というものが起こります。

知らないと「なんでお腹の痛みが?!」とびっくりするかもしれませんね。ただ数日で治まることが多いようです。

 

産後につらいこと「悪露(オロ)」

6264152eb05d4b38ff682e907cad66f0_s.jpg

出産後の残り物のようなものが、産後にちょっとずつ出てくるのが悪露です。

出産直後にはじまり、いつまで続くのか…と思う人もおおいですね。

 

産後につらいこと「骨盤トラブル」

4276b499d1925308c0b4899fed55383e_s.jpg

出産では目いっぱい骨盤が開かれます。そのため、その開いた骨盤が戻るのにも時間がかかり、そのせいでトラブルも起こります。

「体型の崩れ」もそうですし、「腰痛」も起こりやすくなります。

 

産後につらいこと「育児ノイローゼ」

15bda6a5b51e5d0adddb3cef1795c146_s.jpg

ママの性格や、育児環境によりますが、やはり赤ちゃんを育てるというのは大きな仕事ですので、育児ノイローゼになってしまう方もいます。

 

産後につらいこと「産後うつ」

e8bee463e527dcc1334eff38beb3f7e9_s.jpg

うつ病というと健康な人にとっては自分とは関係のないことと捉えがちです。

しかし産後の不安定な時期には、うつ病になる人が意外に多いのです。

 

産後につらいこと「手のしびれ」

f7bde3bf173d315aedb5fd2375e3118c_s.jpg

妊娠後期から感じる方も多いようですが、手のしびれ、あるいはそれがひどくなって痛みまで感じる方もいるようです。

 

産後につらいこと「かゆみ」

865a41d57395b88d81d163547810c2e9_s.jpg

妊娠中から皮膚の乾燥からのかゆみを訴えるママは多いです。

産後も色々な理由でかゆみが起こることがあります。

 

 

産後につらいこと「おっぱいが痛い」

71540bd6c6b0b1b13946a838855b738a_s(2).jp

乳腺炎のような状態で痛みを感じることもあります。

また、おっぱいをあげられなくて母乳でパンパンになって痛いということもあります。

 

産後につらいこと「脱毛」

0a76e3e329dbaf2f5ea7bdba650f4589_s.jpg

マイナートラブルですが、妊娠中や出産後に髪の毛に関してトラブルを感じるママも多いようです。

 

産後につらいこと「委縮性膣炎」「子宮復古不全」

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s(1).jp

たくさん仕事をしてくれた子宮にトラブルが生じることがあります。

委縮性膣炎は本来は閉経後の女性がなりやすいものですが、産後も発症する可能性があります。

また、出産後元の状態に戻るはずの子宮が戻らない、子宮復古不全になることもあります。

 

出産して大きな仕事を一つ終えたというのに、ホッとできないというのは疲れてしまうかもしれません。

だからこそ、ママは1人で何とかしようというのではなく、積極的に周りを頼るべきと言えます。

同時にパパをはじめ、周りの人はたくさん助けてあげましょう。もちろん時として、自治体や行政などのサポートを受けることも必要です。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠・出産まとめに関する記事

出産や陣痛の痛みの恐怖。出産前に心がけたいこと、出産準備まとめ

いよいよ我が子との対面です。出産はママも赤ちゃんも命がけです。不安もたくさん...

【妊活】赤ちゃんがほしいと思ったらまずタイミング法を。病院で行なう場合の費用や回数

妊娠をするためには性交をする必要があります。卵子と精子がちょうどそのタイミングで...


妊娠初期のNG行動、夫との接し方、イライラ解消法まで!妊娠初期に知りたいまとめ

赤ちゃんができたかもしれない…妊娠の可能性がある場合は、早くからママになるた...

妊娠後期(8,9,10ヶ月以降)心と身体の出産準備!妊娠後期の過ごし方まとめ

いよいよ妊娠生活も終盤。お腹はますます大きくなり、動くのもしんどくなってきま...

カラダノートひろば

妊娠・出産まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る