カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 検査 >
  5. 正しい血圧測定の仕方

生活習慣病

正しい血圧測定の仕方

 

高血圧対策のためには正しい血圧測定をしなければいけません。


しかし、人の血圧はちょっとしたことで変わりやすいため、日常の血圧を正確に測ることは、専門の医者でさえ難儀する難しい作業なります。


血圧測定のための家庭用血圧計が市販され、手軽に血圧が測れるようになってもその難しさは変わりません。


いかに正確な血圧計を開発しても、人の血圧の変動のしやすさはどうしようもないのです。

そのため、その人の日常の血圧を測るためには様々なコツと工夫が必要となります。


病院という特殊な空間に入ることで血圧が変化してしまうため、家庭で血圧を測ることもその一つです。


また可能ならば職場でも血圧が測れる環境を整えることも有効でしょう。


血圧測定は、その人の血圧が最も長時間最も高くなる環境で測定する必要があるのです。


起きてから三十分で血圧測定をするなど、時間帯にも工夫の余地があります。

 


■正しい血圧測定の仕方


●家庭や職場など日常の場で想定する
●血圧計は上腕型を選ぶ
●血圧測定は血圧計をセットして三分ほど気持ちを落ち着ける
起きてから三十分が測りどき


人の血圧は変わりやすい上に、高血圧は自覚症状がほとんどありません

 

そのため、正確な血圧測定ができないために高血圧が見過ごされることが非常に多いのです。


家庭用の血圧計が市販されているのですから、正しい測定の仕方に従って、

自ら血圧を測定することをお勧めいたします。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_25_37/products_id/3180])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

検査や治療の基準となる「高血圧治療ガイドライン2014」改定について

  高血圧治療の指針となる「高血圧治療ガイドライン」が5年ぶりに改定されま...

高血圧の検査は数値以外にも様々な要因を考慮!

血圧の検査は、血圧計で数値を記録するだけではありません。あまり知られていない血...


気になる血液の状態・・・検査は定期的に受けよう!定期的な健康診断がおススメの理由とは?

  ■血管をいつまでも若々しく、機能を維持していくには健全な生活習慣を続けるこ...

血圧はタイミングや回数など正しく測定することが大切!高血圧の治療

  高血圧の治療をしている場合や血圧が高めな時は、定期的に血圧を測定するこ...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る