カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 症状 >
  5. 痩せていてもなるの?睡眠時無呼吸症候群の原因とは

不眠・睡眠障害

痩せていてもなるの?睡眠時無呼吸症候群の原因とは

 

無呼吸症候群は肥満の人だけの病気だと思っていませんか?

原因は肥満だけではないのです。

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

寝ているときに、呼吸が止まる「無呼吸」、一回の呼吸の量が減る「低呼吸」によっておこる睡眠障害です。

大人の無呼吸症候群のほとんどは、鼻や喉の形と寝ているときの生理的現象が合わさっておきます。寝ているときは筋肉の緊張が解けています。

それは、目に見えている手や足だけでなく、喉の周りや舌までも緊張が解けてグッタリした状態になります。だから、寝ている間は気道が細くなりがちなんです。舌がグッタリしているということは、仰向けに寝ているときに舌がダラッと喉のほうに落ち込んできてしまいます。普通は、それでもいびきをかくくらいですみますが…。

 

睡眠時無呼吸症候群になりやすい人

ただしこんな人は無呼吸症候群に陥りやすくなります。

・鼻炎などの鼻の病気

・扁桃腺の肥大

・肥満

・顎が小さい

 

症状

・睡眠中いびきをかき、呼吸が止まる

・夜中にたびたび目を覚ます

呼吸が苦しくなるので目が覚めます。

・熟睡できない

目が覚めなくても、体は苦しい状態になっているので熟睡できません。

・寝像が悪い

呼吸が苦しくてもがくので、寝像が悪くなります。

・日中に異常に強い眠気

夜に熟睡できてないので昼間に強烈な眠気に襲われます。

・起きるときに頭痛がする

呼吸が止まることにより、二酸化炭素の量が増えるので、酸素を補給しようとして、脳の血流量が増えて頭痛を引き起こします。

・胸や喉の痛み

喉が詰まった状態で、無意識に呼吸をしようと頑張るので胸や喉が

痛くなります。

 

検査をしよう

睡眠外来を受診しましょう。寝ている間の体の状態を記録して診断しますから、入院が必要とされますが、簡易なポータブル測定器を送ってもらえるサービスもあるようなので調べてみてください。

 

肥満は無呼吸症候群の大きな要因ではありますが、肥満でないから心配ないというものではありません。

症状が当てはまるようなら病院を受診することをお勧めします。

 (Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

時間的には寝ているのに…?頭痛の原因になる睡眠時無呼吸症候群

  睡眠障害の代表と言えば不眠症で、中には朝方になるまで眠りにつけなかった、眠り...

中年のメタボ男性は要注意!睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群(ピックウィック症候群) 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼...


重大事故を招くこともある!?「睡眠時無呼吸症候群」運転や事故との関係について

いびきの症状がしられている「睡眠時無呼吸症候群」ですが、自分だけでなく、他人...

いびきにもいろいろある!?「単純いびき症」と「睡眠時無呼吸症候群」の違いは?

いびきにはいろいろありますが、「睡眠時無呼吸症候群」ではなく「単純いびき症」...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る