カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康管理の基礎知識~迷走神経反射」ってなんだ?疲労回復のテクニックほか~

健康診断・健康管理

健康管理の基礎知識~迷走神経反射」ってなんだ?疲労回復のテクニックほか~

67c7774099088531a074c527091fd764_s.jpg

失神などで意識を失ったことはありますか?

健康な人でも前触れなく、突然意識を失うことがあります。

2016年3月、腹話術師として知られるいっこく堂さんが突然意識をなくして倒れ、くも膜下出血と診断されて入院したということです。

 

なぜ意識を失ったのか?

くも膜下出血によって倒れるというケースも聞きますが、いっこく堂さんの場合はそうではありません。

突然意識を失って頭を強く打ち、それによってくも膜下出血が生じたのです。ではなぜ突然意識を失ったのでしょうか?

いっこく堂さんが意識を失ったのは、「迷走神経反射」によるものだと考えられています。

この迷走神経反射というのは、特別な病気ということではありません。健康な人であっても起こるもので、何らかの原因によって起こるめまいなどの症状を言います。

 

もっと詳しく!「迷走神経反射」

もう少し詳しくこの迷走神経反射について書いていきます。

 

何が原因で起こるの?>

何らかの原因と書きましたが、具体的にどんな原因があるのでしょうか?

具体的に考えられている原因には以下のようなものがあります。

・長時間の立位、座位

・腹痛などの激しい痛み

・採血などの際の注射

・排泄時

・睡眠不足

・過度な疲労

・胃痙攣の際

・激しい運動の後

・飲酒

・脱水状態

・怒りや恐怖などの激しい感情の際

他にも満員電車に乗車しているときなど、薬による副作用というのもあるそうです。

いっこく堂さんのケースでは、あまり飲めないお酒を少し飲んだ後に意識を失ったと報道されています。

実は、筆者自身もアレルギー検査のちょっとした採血の際に、数分意識を失ったことがあります。

 

治療法はある?>

迷走神経反射を絶対に防ぐ方法はありませんが、これが起こりそうな条件を避けることが有効な手段になります。

意識を失うこと自体が直ちに命にかかわるようなことはありません。

しかし、意識を失うタイミングによっては、いっこく堂さんのように頭部を強く打ち付けてしまうこともあります。そのため、

・誘因をただちに中止する

・頭部を打ち付けないよう、頭を下げた姿勢になる

(できれば横になる)

などの方法は有効です。

 

いっこく堂さんの場合、失神したときに頭を強く打ち付けてしまって、くも膜下出血を起こしてしまいました。

幸い手術は成功し、大きな後遺症もなく復帰できるようですが多少のリハビリは必要なようです。

あまり聞きなれない病気ですが、意外に身近にあるのかもしれませんね。

 

人酔いしやすい?そんな症状「迷走神経反射」かも…こんな予兆はない?どう付き合っていく?

「人酔い」をすることはありますか?あるいは学校の朝礼の時に、倒れてしまうという子を見たことがないでしょうか?

それらはなんとなく「貧血かな?」と考えてしまいがちですが、実際そうも言えないことを知っているでしょうか?

 

いきなり倒れる「迷走神経反射」って?

2016年3月、腹話術師のいっこく堂さんが自宅で意識を失い、頭部を強く打って病院に運ばれました。

意識を失った原因は「迷走神経射」によるものだとされています。

これによって頭を強く打ったいっこく堂さんは、その衝撃によってくも膜下出血を起こし手術をおこなったそうです。

この原因とされている迷走神経反射というのは、誰にでも起こりうる症状です。

自律神経系が突然失調し、血圧や心拍数が乱れ、失神やめまいなどの症状が起こってしまうと考えられています。

聞きなれない言葉かもしれませんが、失神全体の2割はこの迷走神経反射によるものだとも言われています。

 

「人酔い」は迷走神経反射なのかも

冒頭に書いたように、人混みに入ると具合が悪くなってしまう場合は、もしかしたら迷走神経反射かもしれません。

人混みだけではなく、採血や長時間の立位なども代表的な原因です。

もし心当たりがあるという方は、迷走神経反射を起こしやすいといえるかもしれません。

 

こんな予兆があったら注意

迷走神経反射が起こる前に、前兆のようなものが起こることもあります。

・視野が狭くなる

・視界が暗くなる

・血の気が引く感覚がする

・冷汗が出てくる

・熱感

・吐き気

・頭痛

・あくびが出る

・ふわふわとした感じがする

これらの前兆は30秒から数分前に出ることが多いようです。ただし、前兆なく起こるというケースもあります。

 

あまり気にしすぎるのもダメ

迷走神経反射が起こると、同じような環境に入ったときに「また気を失ってしまうのではないか…」と不安になってしまうことがあります。

しかし、その気持ちでいることがまた、迷走神経反射を起こしやすくなってしまいます。

そのため、あまり気にせずにいることが大切です。

 

迷走神経反射自体、30秒~5分程度で意識を取り戻すことができます。

倒れる場所は気を配らなければいけないところもありますが、成長とともに症状が軽減していくとも言われています。

そのためあまり気にしすぎずに付き合っていく方法を考えてあげましょう。

 

疲れはその日のうちにリセットしたい!帰宅後のお休みテクニックは?

仕事から帰って、眠りにつくまでの間、みなさんはどのように過ごしていますか?

 

夕飯を食べて、お風呂に入って、明日の準備をして…。

いろいろやっているうちに布団に入る時間が遅くなり、睡眠時間が減ってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

そうだとしても、その日の疲れはその日のうちにリセットしたいですよね。

ここでは、自宅で効果的な休息をとる方法をいくつかご紹介します。

 

食事で、体の内側から回復しよう

かたよった食生活だと疲労がリセットされにくいだけではなく、体の不調にもつながります。

基本的には、バランスのとれた食事が大切ですが、疲労回復に効果があるとされる食材を意識してとるようにしましょう。

 

ここでご紹介したいのは、主に2つの栄養素を含む食材です。

 

まず、ビタミンB1は疲労回復に効果がある代表的な栄養素で、主に豚肉などに多く含まれます。

次に、クエン酸も同じ効果が期待でき、こちらはかんきつ類の果物、パイナップル、梅、酢などに多く含まれます。

そして、この2つを同時にとることで、その効果がさらに高まると言われています。

たとえば、酢豚や豚バラの梅肉巻きなどのメニューが効果的です。

帰宅後の自炊は忙しくて無理という人は、梅干しを常備したり、酢やレモンが入ったドレッシングなどを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

 

入浴は、湯船に入ってゆっくりと

忙しいときはシャワーだけですませるという人もいるでしょう。

しかし、これでは疲れをとることができません。

必ず湯船に入って、体を温めるようにしましょう。

そうすることで、血液の循環がよくなり、疲労回復につながります。

他にも、お湯につかることでマッサージと同じ効果や、リラックスできる効果があります。

お風呂が苦手という人でも、疲れを感じるときはできるだけ体が温まるまで湯船に入ることが大切です。

 

よい睡眠に大切なのは、寝る前の行動

質のいい睡眠をとるためには、寝る前に脳を活性化させることを控える必要があります。

たとえば、騒がしいテレビやスマートフォンでのメールのやり取り、パソコン、ゲームなどは、せめて寝る1時間前に終わらせるようにしましょう。

また、食事をとることは睡眠の3時間前までに終わらせた方がいいと言われています。

眠ったときも消化機能がはたらいていると、深い眠りになりにくいためです。

自分の趣味の時間を過ごしたほうが、疲れを忘れられるという人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人の体は、一日のリズムを持っています。

それが悪い方へいくと、あとで不調をきたしてしまいます。

 

元気に趣味の時間を楽しむためにも、少しずつ意識しながら、夜の過ごし方を変えていくことも大切ではないでしょうか。

 

漢方薬にも匹敵する?!『BCAA』の慢性疲労に対する高い効果とは?

ほとんどのアミノ酸は、通常肝臓で代謝されますが、『BCAA(分岐鎖アミノ酸)』という3種のアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)は主に筋肉で代謝されエネルギーを生じるため、筋タンパクを損傷から守り、スポーツ時の早期の疲労回復・筋肉痛予防などに多く用いられています。また、スポーツ以外の場面でも、医療機関では術後の異化亢進予防や、その他一般的な場面でも(肉体労働・立ち仕事の多い職場での慢性疲労時、また肉体疲労から生じる脳の機能低下時)効果があるという報告があり、その効果は漢方や時には西洋薬にも匹敵するという書き込みも見られます。実際の効果とはどうなのでしょうか?以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

『BCAA』とは?

BCAA(分岐鎖アミノ酸:Branched-Chain Amino Acids)は、必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンのことを言います。食物由来の必須アミノ酸中のBCAAの割合は、約50%であり、また筋たんぱく質を構成する必須アミノ酸中のBCAAの割合は約35%と多いことが分かります。BCAAを摂取することで、得られるメリットは主に『運動による筋たんぱく質の分解抑制』効果であり、事前に摂取することでサプリメント由来のBCAAが代償的に分解され、筋タンパクの分解を防ぐことで、事後の疲労感を軽減する作用があります。

 

BCAAは脳疲労にも効果がある

脳疲労の原因のひとつとして挙げられているものに神経伝達物質の『セロトニン』があります。セロトニンは副交感神経を優位にし、精神の鎮静や安定化に寄与していますが、一方で分泌過剰となると思考の低下や倦怠感、頭痛の原因にもなることで知られています。セロトニンはアミノ酸の一種トリプトファン(芳香族アミノ酸)から生成されますが、脳内輸送時に脳血液関門でBCAAと競合を起こすので、BCAAの濃度が低下していると、脳内トリプトファンの取り込みが増加し、中枢性疲労が促進されると言われています。そのため、血中の分岐鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸(フィッシャー比)の比率が重要であり、事前・事後にBCAAを摂取することで脳疲労の回復に寄与すると考えられています。

 

摂取量はどの程度が推奨される?

一般的には、BCAA2,000mgで約2時間持続性があると言われています。また、血中濃度は摂取後1時間前後がピークとなるので、作業が始まる1時間前には摂取することが効果的です。

 

<理想の配合比>

バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1

 

<臨床試験の結果>

◆BCAA摂取による、自覚的疲労度や血中乳酸濃度などへの影響

【対象】大学男子競泳選手12名(日本学生選手権出場者)

【試験内容】12名を2グループに分け(BCAA摂取群:10g×2回/日と偽薬群)、強化合宿時の2週間その効果を調査する。

(※調査項目:アミノ酸濃度などを含む血液分析、起床時の状態(体重・乳酸濃度・心拍数)、コンディショニングノート(練習意欲・練習時調子・精神的疲労・身体的疲労・食事・便通・睡眠・全体的体調)

【結果】

BCAA摂取群は、血中BCAA濃度の上昇・セロトニン濃度の抑制・乳酸濃度の抑制傾向が示された。また合宿前半~後半において自覚的疲労度が低い傾向を示した(偽薬群は全期間を通じて変化がなかった)。

 

最後に

BCAAを摂取することによる心配は、アミノ基から生じる毒素『アンモニア』の影響で、この代謝の際に肝臓や腎臓に負担がかかるのではないかと思われるケースが多いようです。一般的なサプリメント摂取量である2~4gグラム/日(上限10g/日)を筋肉運動を行う際に摂取するのであれば、筋肉で代謝されるため内臓に負担をかける心配はないといわれています。しかし、10g以上/日の摂取や、肝臓・腎臓に疾患がある場合には、念のため医師に相談することが必要になります。

 

お風呂でゆったり疲労回復!あなたの疲れに合った入浴法とは?

お風呂にゆっくりと入ることで、一日の疲れをとることが習慣になっている人もいるでしょう。

もちろん、自分の好きな温度のお湯に、好きなだけ浸かるのもよいです。

しかし、疲労のタイプによっては効果的な入浴法があります。

お風呂が好きな人はさらに自分の体をいやすために、お風呂が苦手という人は健康のために、いろいろな入浴法を試してみませんか?

 

入浴する前に気をつけること

お風呂に入る前に、まずは次のようなことに気をつけましょう。

・食後・食前30分間は入浴しない・・・

胃腸の機能が低下し、消化不良になります。

 

・眠る約3時間前に入浴する・・・

身体が冷え始めるころに、深い眠りにつくことができます。

 

・かけ湯をする・・・

急な温度の変化に体をならします。

 

・基本の温度は39度前後・・・

ただし、疲れのタイプによってオススメの温度もあります。

 

・お湯は胸の下あたりまで(半身浴)・・・

肩までお湯に浸かると、体への負担が大きくなってしまいます。

 

疲れのタイプ別、オススメのお湯の温度と時間

具体的に、どのような疲れのときにどんな入浴法が効果的なのでしょうか。

疲労タイプ別の温度と入浴時間をご紹介します。

 

・体全体の疲れ・・・約43度/10分

半身浴であれば、心臓に負担がかかりにくいので比較的長く入浴できます。

 

・心の疲れ・・・39~40度/20分

気持ちが落ち着くように明りをおとしたり、アロマオイルを使うのもオススメです。

 

・首肩コリ、目の疲れ・・・41~42度/20~30分

首や肩をゆっくりと回したり、あたたかいタオルを肩におくと効果的です。

 

・筋肉疲労(スポーツなど)・・・37~39度/20分

疲れを感じる部分をやさしくマッサージすると、血行が促進され疲労物質が排出されやすくなります。

ただし、運動直後の入浴は体に負担がかかるのでNGです。

 

こんなときは入浴をひかえる

体調不良のときは、入浴をひかえるようにしましょう。

お湯に浸かることが、かえって体に負担をかけてしまいます。

 

病気ではない場合は、入浴によって疲労回復が期待できます。

ですが、風邪をひいたり、熱があるなどの場合はさけたほうがいいでしょう。お酒を飲んだ後も危険です。

 

入浴は、手軽に自宅でできる疲労回復法の一つです。

自分に合った入浴法を見つけて、一日の疲れをリセットする習慣を身につけていきましょう。

 

舌を見て心の状態がわかる!?疲れてると感じたときにチェックしてほしい舌の状態

「精神的に疲れてるな…」と感じていませんか?

人は疲れていると感じたら、体が休憩を欲するものですが、そこにムチ打って頑張ってしまう人がいます。

そんな人は自分の舌を見てみて下さい。

 

心の様子を舌で見る

心が今どんな状態になっているかは、自分でも他人からも目で見ることはできません。

しかしその心の状態は、時として体にあらわれることがあります。

その体のパーツのひとつが「舌」です。

舌がどんな状態になると、どんな心の状態なのでしょうか?

 

舌の状態と心の状態

具体的にどんな舌の状態なら、どんな精神状態をあらわしているのか見てみましょう。

 

>舌の縁に歯の跡がついている・舌を噛む癖がある

舌はふつう歯の内側におさまっているものですよね。

その舌の縁に、接している歯の形がついていないでしょうか?

また、普段から舌を噛んでしまう癖はないでしょうか?

 

こうした場合、ストレスがかなりたまり、体力が低下している傾向があります。

さらに自信がないことから、コミュニケーションに不安を感じているのではないでしょうか?

こうした人は、まずは食べ過ぎや飲み過ぎに注意して体を落ち着かせるとよいでしょう。

 

>舌にひびが入っている

舌にひびが入っているのは、水分や栄養分の不足を意味しています。

こうした人は、生活の中で余裕がなく、仕事に追われている傾向があります。

当てはまる人は特にビタミンやミネラルをきちんと摂取しましょう。

その上でゆったりと体を休める時間をとり、心身ともに潤いを取り戻しましょう。

 

>舌が白い

舌が白っぽいのは、体が冷え気味の人に多く見られます。

また、優柔不断で、パワー不足の人に多い傾向があります。

冷えは色々な病気を呼び寄せます。

時には内蔵型の冷えといって、自分では気づきにくい冷えを発症していることもあります。体を中から温める方法をとってみてください。

 

>舌が赤い

舌が赤いのは逆に熱がこもりがちになっている状態です。

そのため、怒りや不平不満などの気持ちが強い人が多い傾向があります。

 

一度冷静になって客観的に物事を見てみましょう。

そのためには身の回りのことを一度整理してみると、気持ちがスッキリするかもしれません。

 

あなたの舌の状態は?

特に舌の状態は、東洋医学で身体の状態を見る重要なパーツとされています。舌の状態があらわれているのは、身体かもしれませんし、精神かもしれませんが、一度自分の舌を観察し、舌の状態を確かめてみて下さい。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康診断・健康管理に関する記事

夏バテ対策にも!効果的なツボはコレ!~健康管理に知っておきたいことあれこれ

室内で仕事をしていても足が冷えて悩まされたり、外で仕事をしていても、歩き疲れ...

食事から低体温を改善する!積極的にとりたい食材は?体温が原因となる病気がある!?

体温が低くなると、免疫機能や酵素の働きも弱まってしまいます。これによりさまざ...


LDLコレステロールが高め!?飲酒習慣はどうするべき?禁酒のコツとは?

LDLコレステロールが高めと診断されたら、やはり飲酒はきっぱりやめるべきなの...

健康管理の基礎知識~アシドーシスとアルカローシスって何?こんな時の対処法とは~

  人間の体はpH7.40(±0.05)に保たれていて、これを酸塩基平衡と言い...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る