カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. え、これが間違いだったの?!子どもが高熱を出した時にやってた「アレ」は意味がなかった!

育児・子供の病気

え、これが間違いだったの?!子どもが高熱を出した時にやってた「アレ」は意味がなかった!

055191688b4215f639c67417d32230b8_s.jpg子どもが熱を出したときの対処法を間違えていませんか?

子どもはよく熱を出します。ママパパはそれ大変だとばかりに、熱を出したお子さんの介抱をすると思います。

しかし正しいと思っている方法が、実は間違っていることがあるようです。

 

よく熱を出す子ども

特にママパパともに働いていたりすると、保育園などで病気をもらってきて熱でお休みせざるを得ない…という場面もあるでしょう。

子どもはまだ大人ほどの免疫を獲得していませんから、色々な菌に感染してしまうことがあります。

そのためよく熱を出しますが、ほとんどの場合原因が分かっても、「お家で安静にして」ということが多いです。

そんなとき、ママパパは「これが正解だろう」と思う知識で、疑いもせず熱に対処していませんか? 

 

実は間違い!熱を出したときのその対処法

当たり前のようにやっている熱を出した時の対処法は、どのように間違っているのでしょうか?

 

・積極的に汗をかかせる

熱を出した時に、たくさん汗をかいて熱を下げさせようとしていませんか?

そのために積極的にあたためたり、厚着をさせたりしていないでしょうか?

確かに発汗は体温を下げるためにすることですが、外から体を温めて汗をかいても熱を下げることにはつながりません。

発汗によって体温を下げるのは、自然と出てきた汗に任せるのがよいのです。無理に汗をかかせると脱水にもつながりかねないようです。

 

・脳を守るために頭を冷やす

よく見る光景として熱を出した時に、濡れタオルや冷えピタなどで頭を冷やすというものがあります。

なんとなく大事な頭を熱から守るためと思っているかもしれません。

しかしこれ自体、熱を下げる効果はありません。

本当に熱を下げるとなったら「わきの下」や「足の付け根」などを冷やす方が効果的です。頭を冷やすというのは、看病している方の人間の精神的な満足の方が大きいようです。

 

・急な高熱で夜中に病院に行くべき?

子どもは夕方以降に熱を出すことも多くあります。

その場合、病院が閉まってから発熱ということになり、そうなると緊急病院に行こうかどうか迷います。

「子どもがスヤスヤと寝ている」「コミュニケーションの中で笑っていられる」という状態なら、重篤ではありませんので朝まで待って正解です。

ただ、判断がつかない場合や、自分の判断に自信が持てない場合もあります。

そんな場合には一端ウェブサイトなどでお子さんの症状を調べてみるのもよいでしょう。

 

昔から言われていたことは、良かれと思ってやっていることなのでなかなか間違いに気づけません。

きちんと子どもの熱に対処してあげるためにも、ママパパが正しい知識を持っていることが、子どもにとっても親にとっても、とても大切ですね。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

子どもの水いぼ、放置してもOK?家庭でできるホームケア

子どもがプールや公衆浴場から帰ってきた後、子どもの肌に赤いポツポツが…。 これ...

2015年に日本で大流行の兆し!インフルよりも厄介かもしれないRSウイルス

今年2015年は、RSウイルスの広がりが過去11年で最多と言われています。R...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る