カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 目だけじゃなかった!ブルーライトが「肌」にも悪かったなんて…「スマホ焼け」の真実とは?

美容・ダイエット

目だけじゃなかった!ブルーライトが「肌」にも悪かったなんて…「スマホ焼け」の真実とは?

469073ee39c13149d5ddb621d1a96b83_s.jpg

スマホやPCは「見ている」という意識で、「浴びている」という意識はあまりないでしょう。浴びている?何を?と思った方はスマホやPCから「ブルーライト」を「浴びている」意識を持ってみるべきかもしれません。

 

ブルーライトとは?

目によくないことが言われるようになった「ブルーライト」を知っている方は多いと思います。

 

ブルーライトは、加齢黄斑変性などの目の病気の原因になりえるということが言われているのです。そのため、スマホやPCを使用するときにブルーライトを低減できる、メガネなどをかけている人もいると思います。

 

ブルーライトが肌にも牙をむく!?

日焼けをしたくない人が躍起になって防いでいるのが「紫外線」だと思います。

 

ブルーライトは紫外線と比べると、波長の長い光です。これまではこうした紫外線よりも波長の長い400~700ナノメートルの周波数の光は、日焼けとは関係ないと考えられてきました。

 

ブルーライトの光は415ナノメートルですので、日焼けには関係ないとされてきました。

 

しかし、フランスのチームが行った研究の結果、このブルーライトを浴びた肌は、「3か月継続する色素沈着を引き起こす」ということが分かりました。つまり紫外線を照射したときよりも、より深刻な、「頑固な日焼け」があったということになります。

 

ブルーライトに日焼け止めは効果がない?!

同じ研究では、紫外線用の日焼け止めを使っても、効果がなかったとしています。紫外線で対策をしてもブルーライトによる色素沈着があるということなのです。

 

ブルーライトカットのできるメガネで目を保護することはできますが、顔全体を覆うことはできません。スマホやPCの方をフィルムなどで覆うことが肌には必要になってくるかもしれません。

 

今はブルーライトカットの画面保護シートなども販売されていて、気軽に購入することができます。

 

ブルーライトは「浴びている!」という感覚を持っていなければいくようになるのでしょうか。日焼け対策が特に気になる女性はもちろんのことですが、小さい頃からこれらに触れる子どもにおいてもそうです。今後出てくるであろうブルーライトカットの商品も注目ですね。

(参考:Differences in visible light-induced pigmentation according to wavelengths: a clinical and histological study in comparison with UVB exposure.)

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

青アザが消えない!これってもうシミになってる?シミにさせないための対処法

年齢を重ねると共に、特に女性は体にできたシミが気になってくると思います。 ...

色白さんは注意!特に夏は、大人肌の回復力低下と、紫外線のダブルパンチでシミが残りやすい!

  蚊に刺された跡が、色素沈着してなかなか消えてくれないということが、大人の肌で...


シミの種類とケアの方法

■老人性色素斑【特徴】「シミ」をいわれるものの中で、もっともポピュラーなもの。い...

紫外線には抗酸化作用物質を含む食材で対抗しよう!夏のスキンケア

  これらの季節、女性は紫外線によって肌にダメージを与えられるのが気になる...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る