カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. 運動 >
  6. 更年期に効果がある背伸び呼吸健康法

女性のカラダの悩み

更年期に効果がある背伸び呼吸健康法

  

 

更年期に自律神経の低下により、起こるホットフラッシュ、うつ、動悸、生理不順、肩こり、腰痛、肥満、不眠などの症状を改善すると評判になっている背伸び呼吸法を紹介します。

 

 

 背伸び呼吸法

 

疲れた時や朝起きたときに手を上に伸ばすだけですっきりする効果に呼吸をプラスすると下腹の脂肪が燃え、更年期障害が改善されると、新潟市のさとう内科・青山クリニックを開いている佐藤万成さんが生み出したダイエット法です。

 

佐藤さんは、通院患者を対象に、背伸び呼吸を実施して、自律神経バランス尿中ホルモンの変化を呼吸法前後に調べ、更年期障害に効果があることを発見しました。

  

 

呼吸法のやり方


・手を組んだ背伸び呼吸

 

1,足を肩幅に開いて、両手の指を組んで、掌を上向けにして、空に向けて伸ばします。

2,鼻から大きな息を吸って吐きます。2~3回繰り返します。


・手を並行にした背伸び呼吸

 

1,手のひらが並行なるようにして、指先を上に向けて空に向かって伸ばします。 

2,お腹を意識して、鼻から大きく息を吸って吐きます。2~3回繰り返します。

 

背伸び呼吸法を行うときは、できるだけ背中をそらして、顔はやや上に向けます。

 

各呼吸の後、クールダウン10秒間を入れて実践してみてください。

 

毎食前に背伸び呼吸法を1日3回行うだけで、食欲中枢を抑えて、ダイエット効果があるというので、痩せられるといいですね。

 

 

 

バランスの異常

 

イメージの通り、背伸び呼吸は交換神経の値を伸ばして、副交換神経とのバランスを良くして、さわやかなリラックスした気分を得られます。

 

多くの病気の原因となっているこのバランスの異常を正常化すると、根本的に病気になりにくい体質になるという話です。

 

実際の研究では、背伸び呼吸後、女性ホルモンであるエストラジオールが3倍以上に増加して、月経不順の改善に効果が認められ、また、アソレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどのホルモン分泌が減少して、ホットフラッシュを抑制効果が認められたという事です。

 

運動が苦手な場合や動くことが出来ない状態でも、自宅で2分以内で、行える呼吸ですので、毎日実践してみましょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/19-367269.php

著者: シッポさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

運動に関する記事

骨盤枕体操で更年期解消!

    骨盤枕骨盤は上半身と下半身をつないでいる骨で、中に子宮や卵巣が収まっ...

卵巣呼吸で更年期の症状を緩和

  卵巣呼吸   ストレスによる緊張状態からくる更年期のつらい症状を、...


更年期の筋肉の緩みを骨盤底筋群体操で鍛えよう!

  骨盤底筋群体操   更年期が近づいてくると、だんだんトイレが近くな...

運動で骨折の予防や筋力・バランス向上効果!更年期の対処法

  更年期、閉経が近くなると、高血糖、動脈硬化、肥満など生活習慣病にかかりやす...

カラダノートひろば

運動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る