カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠・出産まとめ >
  4. 出生前診断は受ける?受けない?どんなものがあっていつ頃受けられるの?

妊娠・出産

出生前診断は受ける?受けない?どんなものがあっていつ頃受けられるの?

f504c7138612568ab934d3e2ed41f631_s.jpg

妊娠中に胎児に奇形や病気、染色体異常などがないか心配に思うママも多いかと思います。

そんな心配から、出生前診断をしたママたちの体験談を、検査別で集めました。

 

新型出生前診断(NIPT)

妊婦自身から採血をし、血液中から胎児の染色体や遺伝子を調べる検査です。胎児の染色体異常を検査でき、妊娠10~18週頃に行うことができます。

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s.jpg

 

 

胎児超音波スクリーニング検査(胎児ドック)

妊婦健診とは別に、エコーで赤ちゃんの状態を詳細に確認します。

主に形態異常か検査でき、妊娠11~13週頃、またはそれ以降の病院の指定する時期に行うことができます。

ee9f1fc1bc15c856abf1de9cb2f9fd35_s.jpg

 

 

 

 

 

トリプルマーカー検査

妊婦自身から採血をし、3つの血液成分から胎児のダウン症、脳や脊髄の形成に異常があるかの確率を検査します。

妊娠14~18週頃に行うことができます。

e90dcaea31a56f39cad38ce25a7f75b0_s.jpg 

 

 

クアトロテスト

妊婦自身から採血をし、4つの血液成分から胎児のダウン症、脳や脊髄の形成に異常があるかの確率を検査します。

妊娠14~18週頃に行うことができます。

d822bc02812bed465db6fd9941143b8e_s.jpg

 

 

 

 

 

羊水検査

子宮に細い針を刺して羊水を採取し、胎児の遺伝子や染色体を検査します。

妊娠15~17週頃に行うことができますが、検査による流産・破水のリスクもわずかながらあります。

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s.jpg

 

 

検査によって時期が限られているものもあるため、希望する場合は早めに医師に相談しましょう。

※上記記載の期間はあくまで目安です。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠・出産まとめに関する記事

妊娠中の仕事や通勤で気を付けていることは何?妊婦さんの体験談まとめ

  夫婦共働きが当たりまえの時代、妊娠中も仕事を続けられる方は沢山います。妊娠...

妊娠中期(5,6,7ヶ月)胎児の状態。胎動・性別!楽しみいっぱい!

胎動を感じるようになったり、赤ちゃんの性別がわかったりとドキドキが多い妊娠中...


陣痛の痛みとは?前駆陣痛との違いや痛みの感覚、和らげる方法など事前に陣痛について学んでおこう!

とにかく痛いと聞く陣痛・・・実際どんな痛みなのか不安に思う人も多いと思います...

妊娠初期のおりものの変化とは!?おりものについて知っておきたい特徴まとめ

女性にとって、おりものはとても大切なものです。 ですが時には不快に感じることも...

妊娠・出産まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る