カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. その他 >
  5. 紫外線対策を考えたときに、意識して摂りたい「野菜」体の中からも万全な日焼け対策を!

美容・ダイエット

紫外線対策を考えたときに、意識して摂りたい「野菜」体の中からも万全な日焼け対策を!

d977a6a86ef8699a3276ff47fa982eb9_s.jpg

春先からだんだんと強くなってくる日差しですが、どんな日焼け対策をしていますか?基本的な対策はやはり日焼け止めクリームですが、それが得意じゃないという人もいるでしょう。そんな人は食生活で、紫外線から肌を守ってみてはどうでしょうか?

 

「野菜」で考えたい紫外線対策

全般的に体に良い影響をもたらしてくれる「野菜」は、健康・美容を気にする人ならば日々摂っているでしょう。

そのため、野菜を中心に食事を摂っていれば、どんなものを食べていても基本的には悪いということはありません。ただやはりその中でも、特に「日焼け止め対策として」を考えたとき、効果的な栄養素があります。

そんな野菜をご紹介していきます。

 

特に摂りたい!日焼け対策になる野菜

野菜や果物で日焼け止め対策を考えたいならば、以下のような食材を意識してみてください。

 

1.トマト

トマトは言わずと知れた健康食材です。その健康成分の代表がリコピンで、このリコピンという色素は、そもそも太陽から自分の体を守るために作られたものです。

色素ですのでトマトに限らず、赤い野菜や果物ならば、リコピンが含まれています。実はスイカやチリパウダーでもリコピンが摂れるのです。

 

2.ブロッコリーなどの緑黄色野菜

これらの野菜は日焼け予防、さらに日焼けした肌を修復する働きが期待できます。

ブロッコリーに豊富に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変化します。このビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる働きがあります。また、肌の健康を保つビタミン群も豊富に含んでいます。

3.サツマイモ

土の中で育つもので、日光の下で育つ野菜とはまた違いますが、サツマイモも日焼け対策になります。

サツマイモには、ブロッコリーなどと同様に、βカロテンを多く含みます。特に紫色のサツマイモは、シアニジンペオニジンと言った色素を含んでいます。これは紫外線対策のクリームに含まれるくらいの成分なのです。

 

4.ケール

青汁などに含まれるケールはビタミンAやルテインが豊富です。ルテインは肌や目などの酸化を抑える働きをしてくれます。

 

普段から野菜を摂っているとそれで体にいいと安心してしまうかもしれません。ただ、紫外線対策として考えたときには、特に摂るべき野菜を気にしておきましょう。特に効果的な野菜を覚えておけば、料理のチョイスも変わってくるでしょう。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

紫外線対策のフルーツ!紫外線と戦う力を強める、ぜひ食べたい果物5選

普段果物はどれくらい食べますか?特に女性は栄養面のヘルシーさからも、積極的に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る