カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. その他 >
  7. 食べるほど痩せる?!マイナスカロリー食材でらくらくダイエットができるかも!

美容・ダイエット

食べるほど痩せる?!マイナスカロリー食材でらくらくダイエットができるかも!

2672cec34e237d5d117f2c7a991cb7f0_s.jpg

食べ物のカロリーはどうやっても、一番低くて0カロリーですよね。それが当たり前ですが「マイナスカロリーダイエット」というダイエット方法があるのを知っていますか?マイナスカロリーということは食べるほどに痩せていく…どんなダイエットなのでしょうか?

 

マイナスカロリーダイエットとは?

もちろん食材自体がマイナスカロリーということはありません。「お米はマイナス100kcal」なんて聞いたことがありませんよね。

 

けれどマイナスカロリーダイエットでは、特定の食材を食べることで「食べるほどに痩せる」とされています。それはなぜなのでしょうか?

 

ポイントは「食事誘導性熱産生」

私たちが普段摂取している食品の中には、「食品自体のカロリーより、それを消化するのに大きいカロリーを使う」食品があるそうです。

 

人は食事をすることでも、噛んだり消化吸収したりしてエネルギーを消費しています。それを「食事誘導性熱産生」と言います。

 

つまり食品そのもののカロリーよりも、その食品を食べることの方がエネルギーを使うということがあるのです。それは結果的にマイナスカロリーの食品を食べたということになるのですね。これがマイナスカロリーダイエットのポイントです。

 

どんな食品がマイナスカロリー?

問題になるのはマイナスカロリーになる食品です。いくつか次にご紹介します。

 

・セロリ

・アスパラガス

・ブロッコリー

・グレープフルーツ

・リンゴ

・パイナップル

・ワカメ

・唐辛子

・ウーロン茶

 

これらの食品にマイナスカロリーの効果が期待できるそうです。

 

本当にマイナスになるの?

なんだかできすぎた話のように思えるかもしれません。食事誘導性熱産生というのは実際あるものですが、それがダイエット効果まであるというところでは異論もあるようです。実際、ダイエットと言えるほどの効果はないと言われることもあります。

 

今のところ科学的根拠は示されていないので、これらだけを妄信して食べるのは避けた方がよいでしょう。

 

実感として「あんなに食べたのにあんまり太ってない」という経験もあります。そんなときにはもしかしたら、これらのような食材がカロリー消費を助けてくれていたのかもしれません。体に悪い食材ではありませんから、食事に取り入れてみるのはよいかもしれませんね。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

カロリーが気になるときの上手なおつまみの選び方

お酒を飲んで太るのはおつまみのせい…わかってはいるものの、お酒を飲むとどうし...

シナモンは脚やせ応援スパイス

■シナモンがオススメ脚をほっそりさせたいという方に、おすすめしたいスパイスがあり...


お昼ごはんの定食を低カロリーにするコツ

お昼ごはんはいつも外食、仕事の息抜きに好きな定食をがっつり・・・という人も多...

ダイエットの定番食材「こんにゃく」が進化しています!こんにゃく加工品のダイエット効果

 ダイエット食材の定番といえば、こんにゃくではないでしょうか。こんにゃくそのも...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る