カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. キレイの味方「美肌菌」を増やせ!美肌菌ってなんだ?美肌菌は増やせる?

美容・ダイエット

キレイの味方「美肌菌」を増やせ!美肌菌ってなんだ?美肌菌は増やせる?

f8462ca86764ed96bb38a77dbc5df05e_s.jpg

美肌になるために「菌」を大切にしていますか?美肌に関心のある方なら「腸の話かな?」と思うかもしれません。しかし、ここでいう菌は腸の中の菌ではありません。さて、美肌のための菌とは、どこの菌が関係あるのでしょうか?

 

肌の上には菌がいる

私たちの皮膚の上には、菌がいくつもいます。そして善玉菌などの言葉があるように、菌は必ずしも悪いものばかりではありません。

皮膚の上に常にいる、常在菌は10種類ほどで、皮脂や汗を栄養にして生きています。

実はこの菌たちが、美肌に重要な役割をしているのです。

 

皮膚に存在する「美肌菌」

皮膚の上の善玉菌のひとつに、「表皮ブドウ球菌」という菌がいます。

これは皮脂を食べて、保湿やバリアなどの効果があるグリセリンを作り出してくれる菌です。化粧水の成分表示を見てみると、グリセリンという文字を見つけられると思います。

 

表皮ブドウ球菌は、そこにいるだけでこのグリセリンを作り出してくれる美肌菌と言えるのです。

 

美肌菌を増やす方法は?

肌の上にいる菌が、美肌に整えてくれるのならば、なんとかそれを増やしたいですよね。しかしこの美肌菌はどうしたら増やせるのでしょうか?

 

実は美肌菌は比較的簡単に増やすことができます。

その方法は、「肌に何もしなければよい」のです。メイクも、クレンジングも、洗顔も、スキンケアもしません。これらは美肌菌を洗い流したり、殺したりしてしまう原因になるためです。

 

単に増やせばいいというものではない!

ただ、肌にいるのはいい菌ばかりではありません。

ニキビを引き起こすアクネ菌をはじめ、肌には悪玉菌などの、肌トラブルを引き起こす菌もいます。肌に何もしないと、増えるのは美肌菌だけではなく、悪い菌も増えます。

悪い菌が増えると肌トラブルが起きるため、結局のところ肌が良くなった感じがしない結果になります。

 

バランスを整えることが大事

でもそれならどうやって美肌菌の恩恵を受ければよいのでしょうか?

腸内の善玉菌・悪玉菌もそうですが、大事になるのはバランスです。両方の菌がある状態で、善玉菌の方が優勢になっているバランスが求められます。

 

例えば「スキンケアの内容を見直す」「ストレスをためない」などをして、善玉菌を応援することはできます。善玉菌を応援することで、美肌菌優勢の菌のバランスを作り出すことができます。

 

菌というと美肌の敵のようにイメージされがちですが、実はそれだけではありません。上手に肌にとってよい菌の力を引き出してあげることによって、お得な効果を得られます。

 

メイクを完全にするなとは言いませんが、見直してみることは大事かもしれませんね。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

生理前は日焼けしやすいってホント?生理前には、より丁寧なUVケアを!

 女性ならきっと誰でも感じたことのある、生理前後の体の変化。 それほど、生...

食べても塗っても使える!パウダーもある!注目の健康油「ヘンプオイル」の使い方

ヘンプオイルを使ったことがありますか? 聞いたこともないという方も多いと思...


目のまわりの筋力強化をすることがくま予防になる!?

  年をとると脂肪が垂れてきてしまうのは、加齢と共に全身の筋力が低下していくこ...

緑内障治療薬の副作用で育毛?!まつ毛の育毛剤『グラッシュビスタ』とは

近年、化学繊維で作られたまつ毛をグルー(瞬間接着剤)で接着させる『まつ毛エクス...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る