カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. エクササイズ >
  5. 全身 >
  6. 最も「効率的」で効果の大きいダイエット方法?!ダイエッターの味方、HIITって?

美容・ダイエット

最も「効率的」で効果の大きいダイエット方法?!ダイエッターの味方、HIITって?

68a4359645c44a0bfeee7481a589fa57_s.jpgダイエットをするとき何を基準に選びますか?おそらく必ず入るのが「効果」だと思います。

自分がしたダイエットに対して、どれくらいの効果がついてきてくれるか?

減量や痩身と言ったことを目標にしているわけですから、その結果がついてこなければ、やっぱりやる意味がありませんよね。

 

有酸素運動よりも効率のよい「HIITダイエット」

減量や痩身のためには、脂肪を燃焼させる必要があります。その脂肪燃焼を効率よく行えるのが、「HIIT(High-intensity interval training)」です。

 

脂肪燃焼というと思い浮かべる運動は、有酸素運動ではないでしょうか?

ランニングや水泳などに日々いそしんでいる方も多いと思います。これに対して筋トレなどの運動は無酸素運動を言われます。

ダイエットはどちらか一方の運動だけではなく、これらを組み合わせることが大切とされます。

その組み合わせ方で、脂肪燃焼に効率的なのがHIITです。

 

HIITの手順

HIITの具体的な方法は色々とありますが、大まかな流れをご紹介します。

 

1.きつい運動をする

最高強度の無酸素運動を行います。心拍数を高めるとも書かれますが、要するに最大限まで息が上がる運動をすれば大丈夫です。例えばスクワットやダッシュ、腕立て伏せなどです。

 

2.休む

心拍を落ち着けます。軽くジョギングしてもよいですし、休んでもよいです。慣れてくるほどに休む時間を短くしていきます。

※例えば「全力を20秒、休むのを10秒」にしたり、「全力を1分、休むのを30秒」などします。

 

3.1と2を繰り返す

1と2の手順を4、5回繰り返します。単にダラダラと繰り返すのではなく、「心拍が最大限になり、その後落ち着いているか」をきちんと確認しながら行うことで効果が出てきます。

3でおしまいと紹介されていることもありますし、そのあとで軽い有酸素運動をするとさらに良いと紹介されていることもあります。

 

HIITは何がいいの?

ではこのHIIT、何がそんなにダイエットに向いているのでしょうか?

 

・効果が大きい

脂肪燃焼のことを考えたとき、とても効率的にできているのだそうです。有酸素運動を40分行ったときと、HIITを20分行ったときでは脂肪燃焼が6倍違うとも言われています。

 

・短時間で済む

数分あるいは数秒のエクササイズを繰り返すだけですので、短い時間で済みます。

 

・体ひとつでできる

心拍の強度を軸に運動をしますので、余計な道具はいりません。場合によっては家の中でもできてしまいます。

 

だらだらとつらい時間が続くよりも、短時間だけ頑張る方がやりやすいという人も多いでしょう。

ただしやるからには中途半端な強度の運動はせず、しっかり心拍数を高めることを意識してください。

短期間で痩せたいという方にもいいかもしれませんね。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

全身に関する記事

ダイエットの運動は楽じゃないと長期間続かない…じゃあ楽な運動って何?

 ダイエットのための運動は、激しいものでは長続きしにくく、結果失敗に終わってしま...

血液型別 自分合った運動でダイエット効果アップ☆

  血液型ごとに性格の特徴があり、その特徴を活かした運動方法で生活習慣を...


ムキムキにならない筋トレ!?スロートレーニングとは?

  女性がダイエットを行うのに取り入れるのは、食事制限やカロリーコントロー...

理想の体型のためにダイエット…でもスポーツよりも体操をしたほうが効くって本当!?

 理想の体型を手に入れるためには、激しいスポーツよりも体操の方が有効です。激しい...

カラダノートひろば

全身の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る