カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 免疫アップ >
  5. そのまま食べていたなんてもったいない!温めるだけで健康効果UPのバナナの食べ方

健康診断・健康管理

そのまま食べていたなんてもったいない!温めるだけで健康効果UPのバナナの食べ方

55fc466436a2457a6d3540a6d196e099_s.jpg

健康のために、あるいは単に好きだからバナナを食べているという方は多いのではないでしょうか?比較的安価に購入できるバナナは、栄養も豊富で積極的に食べているという方もいると思います。そんなバナナはそのまま食べてしまっていませんか?

 

バナナは温めて食べるべきだった!

皮も手でむけて、実も柔らかく、とても手軽に食べることのできるバナナはそのままでも栄養が豊富です。しかし何もせずにそのまま食べるのは、バナナのパワーを十分に引き出せていません。

 

もちろん、そのままのバナナでも、ポリフェノールなどが豊富に含まれていて、免疫力を高めてくれる効果が期待できます。ただこれを、「温める」ことで、この免疫力UP効果がさらに高くなるのです。

80℃バナナとも言われる、新しいバナナの食べ方をご紹介します。

 

80℃バナナの作り方

1.バナナを縦半分に切る

2.フライパンにグラニュー糖大さじ1分をバナナの形に広げ、その上にバナナの切り口が下になるように並べる

3.グラニュー糖がふつふつと泡を出し、キャラメル色になるまで1.5~2分焼く(強めの中火)

4.茶色くこんがりとしたらバナナを裏返し、1分ほど焼く

 

4のときできるだけキャラメルの部分に触れないように、フライパンの端に寄せます。バナナを焼いている間はバナナを動かさないようにしてください。

 

どうして80℃なの?

加熱すればバナナの持つ免疫機能が上昇するというのなら、適当にバナナを加熱すればいいかもしれません。しかし、加熱しすぎてバナナを焦がしてしまっては免疫力UP効果を得にくくなります。

おいしいことと免疫力UP効果の両方を得られる温度が80℃なのです。

 

冷やしてから食べてもOK

一度温めれば、免疫力UP効果は冷やしても変わりません。そのためこの80℃バナナをアイスに乗せて食べてもおいしそうですね。

 

作り方は非常に簡単です。そして活用法も幅広く、パイの中身にしたり、ホットケーキに乗せたり、ヨーグルトに入れたり、色々とできそうです。せっかくバナナを食べているのならば、ちょっと工夫してさらに健康効果を得てみてはどうでしょうか。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

免疫アップに関する記事

医学的に証明されている!「笑い」は体に良い!?「笑い」で何故免疫力が高まるの?

昔からよくいう「笑う門には福来たる」は、ただのことわざではありません。 現在、...

ファイトケミカルで免疫UP!健康維持のための抗酸化物質の効果

   季節の変わり目―。   普段あまり風邪を引かない人の中にも体調のすぐれ...


免疫力をアップするには腸内環境改善が効果的

  免疫力をアップするにはなにより腸内環境を改善することが大切です。 免疫...

ガンから美肌まで…健康を底上げする「リポポリサッカライド」を知りたい!具体的な効果とは?

夢の物質と言われる「リポポリサッカライド」を知っていますか?健康に生きたい・...

カラダノートひろば

免疫アップの関連カテゴリ

免疫アップの記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る