カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 室内 >
  5. マンションのベランダでヒヤリ…!高所平気症の子を事故から守るために、何をする?

育児・子供の病気

マンションのベランダでヒヤリ…!高所平気症の子を事故から守るために、何をする?

b2142f71b67d359a56983842b9aae02b_s.jpg

高層マンションに住んでいるという方は、ベランダに何を置いていますか?椅子や机を置いているという方もいるでしょう。あるいは配管があったり、エアコンの室外機が置いてあったりすることもあります。それらが子供の事故につながるリスクといわれたらどうしますか?

 

高いところが怖くない子どもたち

小さい頃から高いところに住んでいる子どもは、高い場所が生活圏になって、それが当たり前になってしまいます。そのため、高いところに恐怖心を抱きにくい、「高所平気症」になってしまう子どもが増えていると言います。

 

近年、これによって高層マンションから子どもが落ちてしまう事故があります。高所に恐怖を感じないことで、無理な姿勢で柵から身を乗り出すなどして転落してしまうのです。

 

リスクを排除して予防

高いところは危険だという感覚は、公園などの地上で遊ぶことで身につけることができるそうです。一方で、すでに子どもの行動でヒヤッとした経験があるというママパパは、とりあえず根本的なキケン排除をすることも必要です。

 

どんなところにキケンがある? 

・踏み台になるもの

建築基準法では、ベランダの手すりは110センチ以上にすることが決められています。この高さなら子どもは乗り越えられないかもしれませんが、何かに乗ってしまえば簡単に乗り越えられる高さでもあります。

ベランダや窓の近くに、踏み台になるものはないでしょうか?

 

「プランター」「エアコンの室外機」「配管」など、子どもが踏み台にできるものがあると危険です。手すり側にぴったりとくっついていなくても危険な場合がりますので、室外機などは60センチ以上は離すことが必要です。その上で踏み台に登らないように対策することも必要です。

 

・布団

ベランダに布団を干している場合、それで遊んでしまうことがあります。

つかんでよじ登る可能性もあり、これによって転落事故につながってしまった事例もあります。

 

・柵自体の問題

デザイン性の高い柵は、子どもが足をかけて登ってしまえることがあります。逆にアクリル板などで柵を覆ってしまった場合、「外を見たい」という好奇心を刺激してしまうことにもなります。

お子さんの性格などを考えた上で、どんな対策をするか決めたいところです。

 

頭が大きくて重い子などは、少し頭が外に出ただけで、そのまま重さで落ちてしまうことがあります。特に「まだうちの子はこれは登れない」と考えていると、意外に子どもが室外機などに登っていたりします。先々を見通して早めに対処しておくことが必要です。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

室内に関する記事

乳幼児に起こりやすい事故とは?月齢別で確認しよう!

   乳幼児の事故、聞くだけでこわいですよね。 事故は乳児の死亡原因の第5位...

おうちの危険ポイントから赤ちゃんを守ろう!リビング・キッチン・寝室編

   赤ちゃんにとっては、おうちの中にも危険ポイントはたくさんあります。 今...

室内の体験談

赤ちゃんと犬との生活

我が家には2匹のチワワがいます。長男とわんこ達の過ごし方にとお互いのスペースについて。試行錯誤しまし...

寝返りが完成!本当に危ない「棒」に注意

おもちゃにスプーン、ストローにハブラシ・・・ 寝返りが完成した時点で、もはや凶器でしかない棒状の何...

カラダノートひろば

室内の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る