カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. >
  4. 被災時にとっても重要な「オーラルケア」!何にもなくても体1つでできるケアもあります!

健康診断・健康管理

被災時にとっても重要な「オーラルケア」!何にもなくても体1つでできるケアもあります!

f53b688541c9015b9c244e7aedb40ac8_s.jpg

震災時は自分の健康を気にしている余裕はないかもしれません。しかし、医療の提供がままならない状況で、体調を崩してしまうことの方が、自分にとっても周囲にとっても負担になります。

余裕がないときこそ、健康状態に気を配ることが非常に大切です。

 

被災時に気をつけるべきオーラルケア

震災被害にあったとき、気にするべき健康状態はいくつかあります。その中のひとつが、オーラルケアです。要するに歯磨きなど、口の中の健康ですね。

口は鼻とならんで、菌の入り口でもあります。また、肺にそのままつながっている場所でもあり、その場合高齢者は肺炎の危険もあると思っておきましょう。持病を持っている方は、口から入った細菌が病気を悪化させることもあります。

そのためオーラルケアは非常に重要な健康管理の一つと言えます。

 

震災時のオーラルケア

水に余裕があり、歯ブラシもあれば震災時でもオーラルケアができると思います。しかし、被災した状況は必ずしもそんな恵まれた状況とは限りません。そこにあるものの中でできることは何があるでしょうか?

 

・食後の水分

食事をした後に、少しのお水やお茶を口に含みましょう。飲み込むのでもよいですし、うがいをするならしっかりとしましょう。限られた水分であれば、いっぺんに口の中に入れるよりも、複数回にわけて水分を含み、口の中をきれいにした方が有効です。

 

・ハンカチで拭う

ハンカチなどの紙があれば、それを指に巻きつけて見える汚れを取ることも効果的です。

 

・うがい薬や液体歯磨き

うがい薬や液体歯磨きなど、口の中をよりきれいにできるものがあれば積極的に使いましょう。

 

・ガム

加糖のガムはあまりよくないかもしれませんが、歯磨き用のガムやキシリトールのみのガムは効果的です。それ自体の成分の効果もそうですが、唾液を出すことも口腔内の環境を良く保つのに貢献してくれます。

 

・唾液を出す

少し書きましたが、そもそも唾液には口の中をきれいに保つ作用がありますので、たくさん出してあげるのがよいです。

耳の下のあたりをマッサージすると唾液が出やすいので、気づいたときにやってみてください。

 

オーラルケアは意識しないと忘れられてしまうかもしれません。特にお年寄りは命の危険にもつながります。お子さんに関しては自分では気をつけられませんから、親御さんが十分に注意してあげる必要があります。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る