カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. その他 >
  5. 被災したときに安定しない血圧…薬を飲んでも下がらない・低いまま…これってどうするべき?

生活習慣病

被災したときに安定しない血圧…薬を飲んでも下がらない・低いまま…これってどうするべき?

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s.jpg

普段からお薬を飲んで健康状態を維持しているという方は、震災時には苦しい立場に立たされると思います。年齢を重ねるに増えていく高血圧の方は、血圧を下げるために日々薬を飲んでいるでしょう。いざというときに備えていますか?

 

被災した状況での「血圧の状態」

そもそも普段通りの生活の中でも、血圧が安定しないために薬を飲んでいる状態です。

被災した状態は普段とは全く違うために、血圧を安定させることが困難かもしれません。ただでさえ不安の多い中で、高血圧が気になってしまって、余計に体調を崩してしまうこともあるでしょう。

 

被災地で気になる血圧

積極的に声に出して言えないけれども、自分の血圧が気になってしまうという方は多いと思います。被災した状況で、血圧はどうなってしまうのでしょうか?

 

・いつもの薬でも血圧が下がらない

食事の内容も高血圧の方用にできるわけではありませんし、いつも飲んでいる薬を服用していても、なかなか血圧が下がらないことがあります。

血圧は、色々な状況から影響を受けます。ストレスはもちろん、睡眠不足や運動不足も血圧を上げます。

血圧が安定しない場合、これらの改善を試してみた上で、高い血圧が続いたら医療関係者への相談を考えましょう。

 

・いつもより血圧が低い

血圧が低い場合、考えられる原因としては「水分不足」があります。

ただ、血圧がいつもより低いからと言って、ただちに薬をやめたり減らしたりする必要はありません。上の血圧が120mmHgを下回るようでしたら、薬を減らす検討をしてもよいでしょう。

血圧が高くないからといって、薬をやめてしまうのは危険です。血圧の薬は、心臓病や腎臓病をサポートするための薬としての可能性があります。

自己判断で中止することは避けましょう。

 

相談目安は150と120

血圧は上の血圧が150以上あるいは、120以下になったら医療関係者に相談することを考えなければいけません。また、高血圧患者の場合、他の病気を併発している可能性も少なくないため、他の病気も合わせてバランスよく考えることが必要です。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

とにかく早めの処置が大事!悪性高血圧

  高血圧症の基づく合併症状が急速に進行する高血圧の最重症型を悪性高血圧と言い...

血圧が低いと長生きって本当?血圧の数値よりも血流が大事!その理由とは

  ■血圧の数値というものは血管の状態を知るために重要な基準となっています。 ...


精製塩より天然塩!?天然塩を選ぶと血圧に影響がある?

  高血圧の原因として塩分が良く言われます。しかし、実際には減塩が必要なのは、...

高血圧患者の入浴の注意点

    高血圧患者で危険なのは血圧が急上昇するときですが、逆に高血圧状態...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る