カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 生活全般 >
  5. 認知症の親族を連れて避難所へ…どんなことに気をつけるべき?周りはどう接するべき?

介護・認知症

認知症の親族を連れて避難所へ…どんなことに気をつけるべき?周りはどう接するべき?

d6b9999a27f2d7e17403b2dff7a61997_s.jpg

認知症の方を介護しているのは、普段の生活から苦労も多いかと思います。その中で、突然の地震で被災することになったら…

避難所にはたくさんの知らない人がいます。いつもと全く違う環境です。その中で認知症の方やその家族はどうしたらよいのでしょうか?

 

迷惑がられてしまう認知症

認知症患者をとりまく環境は、普段の日常生活でも周囲の負担が大きいため、被災地や避難場所での生活で認知症の方を抱えて生活するのは、とても負担が大きいといえます。

家族の負担だけでなく、認知症の方の行動が迷惑となってしまうケースも考えられます。目を離した隙にいなくなってしまう、対人関係で迷惑をかけるケースも考えられます。

さらには介護している家族の心身の負担もかなり大きくなります。

 

避難所で認知症が進行

そもそも環境が変わることが苦手な認知症の方は、避難所の生活自体がストレスにもなります。

たくさん人がいて、知らない場所に来たことで、気持ちは大混乱。

そのストレスの結果、奇声や徘徊といった症状が、より顕著に出てしまうこともあります。それまで徘徊などしなかったのに、避難生活をきっかけに始まることもあるそうです。

 

周囲の人の配慮が重要

やはり人との関係の中で生活しなければならないのが避難所ですから、周囲の人の協力は大切です。周囲の方とうまくやっていくためのコミュニケーションが不可欠です。

 

・周囲の人に説明をする

何もコミュニケーションのない中で、認知症の方に接するのは、周囲の人の方が戸惑ってしまいます。身近に認知症の人がいなければなおさらです。そのため、まずは「認知症で、ご迷惑をおかけします」の言葉があった方が、理解が得られやすいでしょう。

 

・周囲がするべき配慮

あいさつをした上で周囲の方々は、認知症の方に接するときにちょっとした配慮が必要です。どんな配慮をしてほしいか、ご家族の方が伝えておきましょう。周りの方はどんな配慮が必要か、ご家族の方に注意点を聞いておくのがよいです。

「急かさないであげてください」「見守ってほしい」など重要なことを数点伝えておきましょう。

 

関わり方の基盤を作っておくことで、ミスコミュニケーションが生まれず、認知症の方も精神的に安定しやすくなります。

 

認知症の方が身近にいなければ認知症について理解がなくて当然です。だからこそきちんと説明して理解してもらうことが大切なのです。その心配りが認知症患者さん本人も、介護者さん自身も、周囲の人も負担を軽減することにつながります。

(参考:避難所でがんばっている 認知症の人・家族等への支援ガイド)

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活全般に関する記事

楽しく脳トレ!高齢者にお勧めの趣味

  高齢者の脳を活性化して認知症などを防ぐ、「脳トレ」が話題を集めています...

高齢者の入浴は血圧に要注意!

  冬になると、入浴時に脳出血などを起こして救急搬送される高齢者が増えるそ...


介護者の立場から シャワーチェアの選び方のポイント3つ

  高齢者が浴室で使うシャワーチェア(入浴用椅子)は、介護者の負担も軽減し...

飲酒と認知症の危険な関係 飲酒が過ぎないようによく見てあげて!

  『酒は百薬の長』ともいいますが、飲酒が過ぎると害にもなります。特に高齢...

カラダノートひろば

生活全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る