カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 飲物 >
  6. 炭水化物が原料なのにダイエットになるのはなぜ?「ライスミルク」のダイエット効果

美容・ダイエット

炭水化物が原料なのにダイエットになるのはなぜ?「ライスミルク」のダイエット効果

7e01ea648e1083771c60c0b6c45d5773_s.jpg

ライスミルクを飲んだことはありますか?2015年の流行が予測されていた(日経トレンディ)ライスミルクを、スーパーなどで目にしたことがある方もいるでしょう。日本ではあまりなじみのなかったライスミルクですが、どんな良いことがあるのでしょうか?

 

ライスミルクってどんなミルク?

ライスミルクはその名前の通り、お米を原料としている飲み物です。

見た目はほとんど牛乳や豆乳と変わりありません。白米あるいは玄米と水から作られており、市販されているものは砂糖や塩、植物油などが含まれていることもあります。

 

牛乳が苦手な方、アレルギーの方が乳製品として豆乳を代替するように、ライスミルクも代替品として用いられることもあります。砂糖不使用の製品でも飲んでみると、お米の甘味をほのかに感じることができます。

 

ライスミルクでダイエット

お米から作っている飲み物ですから、主に炭水化物からできているということは容易に想像がつきます。炭水化物というと、体の中で脂肪に代わるイメージが強いのではないでしょうか。しかし、ライスミルクでダイエットができるとうことをご存じでしょうか?

 

・ライスミルクは低カロリー

ライスミルクは牛乳よりも低カロリーです。だいたい200mlで70kcalというのは、牛乳の半分くらいです。

「牛乳の代わりに飲む」ことを考えたら、代えるだけでカロリーオフできますから手軽ですね。

 

・ライスミルクは低GI値

血糖値の上がりやすさを示すGI値ですが、ダイエットにはこれが低いほど、血糖値が緩やかに上がってよいとされています。炭水化物と考えると、ライスミルクはこのGI値が低めです。

特に精製された白米からできたライスミルクよりも、玄米からできらライスミルクの方がGI値は低いようです。

 

・玄米なら食欲抑制効果も期待

玄米は元々白米よりも栄養が豊富です。玄米が原材料の場合、食欲抑制効果が期待できます。また、ビタミンB1は糖質の分解促進をしてくれる効果、ビタミンB2には、脂肪の代謝促進をしてくれる効果が期待できます。

 

ライスミルクでダイエットを考えるなら、やはり玄米から作られたライスミルクを使った方がよいでしょう。ただし、ライスミルクをご飯の代わりにするというような使い方はやめましょう。あくまでもきちんとした食事の補助的な役割として役立てましょう。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飲物に関する記事

ダイエット中だってビールが飲みたい!飲んでも太らない3つのポイント

太りたくない!でも、ビールは我慢したくない!そんな気持ちと戦っていませんか? ...

ビタミンA・食物繊維・カロチン豊富!ニンジンジュースで痩せる

ニンジンには食物繊維が、100グラム当たり2.4グラムも含まれています。カロリー...


お酒好きの人必見!酵素をうまく利用した「太らないお酒の飲み方」

ダイエット中でも、お酒が好きな人はどうしても飲み会の誘いは断れずらいものです...

酵素で痩せることが本当に可能か?酵素ダイエットは本当に効くの?

酵素が健康に良いという話がたくさんありますが、さらには酵素がダイエットにも効...

カラダノートひろば

飲物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る