カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 食事 >
  5. 飲物 >
  6. 美容効果に注目!飲むだけじゃない、手作りだってできる!お米から作る「ライスミルク」

美容・ダイエット

美容効果に注目!飲むだけじゃない、手作りだってできる!お米から作る「ライスミルク」

8359fdbe469a382b182237796b49d85a_s.jpg

第三のミルクとして注目されている「ライスミルク」は、日本よりもアメリカの方がポピュラーな食品です。日本ではライスと言えば主食で、白いご飯がお茶碗に一盛りされているのを思い浮かぶでしょう。そんなライスミルクがなぜ今注目されているのでしょうか?

 

ライスミルクが注目されるワケ

牛乳がアレルギーなどで飲めない、苦手だという方は、ライスミルクを昔から飲んでいる方もいるでしょう。

ライスミルクは牛乳よりもカロリーが低く、コレステロールも0です。こうした特色から、「牛乳よりもヘルシーで美容健康によいのではないか?」という理由から注目されています。

 

ライスミルクの美容効果

ライスミルクにはいくつかの美容効果が期待されています。ライスミルクは白米から作られるものと、玄米から作られるものがあります。どちらかというと、玄米から作られる方がより、美容効果が期待できそうです。

 

・美肌効果

栄養豊富な玄米は、身体の代謝をよくしてくれます。それによって肌の再生能力が高まる効果が期待できます。さらに含まれるビタミンEは、活性酸素を除去してくれます。

 

・デトックス効果

玄米に含まれるフィチン酸には、体の中の余計なものを排出させる働きがあります。

 

・むくみ防止

玄米にはカリウムが含まれます。カリウムは体の中の余分な水分を体の外に出してくれます。

 

飲むだけじゃないアレンジ!

飲むだけなら味が好きになれないと続きません。けれど牛乳と同じように、色々な料理に活用することができます。

スムージーで使ってもよいですし、お菓子作りに入れることもできます。特にパンに使用すると美味しくできるようですよ。

 

手作りライスミルクレシピ

ライスミルクはまだ日本には種類が少なく、見かけたことがないという方もいるでしょう。それでも大丈夫です。ライスミルクは自分で作ることができます。

生のお米で作る方法や炊いたご飯で作る方法もあります。1つ自家製のライスミルクのレシピをご紹介します。

 

<材料>

・炊いたご飯100g

・水500ml(ごはんの5倍量)

 

<作り方>

1.材料をミキサーに入れて混ぜる

2.混ざったら茶こしなどでこして滑らかにする

 

美容効果を期待するのならば、玄米を使うのがよいです。また飲みやすくするために、塩や砂糖、はちみつ、オイルを入れることもあります。これらで飲みやすさが変わってきますので色々と試してみてください。

 

玄米を食べるのは苦手だけど、玄米が体に良いことは知っているという方は、ライスミルクで取り入れてみてもよいですね。そのまま主食にすることはできませんが、料理の中に入れることは簡単です。ぜひチャレンジしてみてください。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

飲物に関する記事

アボカドの種からお茶が作れる?!アボカドの種の栄養は果実よりもかなりすごかった!

美容のためにアボカドを食べた後の「種」はどうしていますか? どうするもこう...

デトックスウォーターで「美肌効果」がほしいならコレを入れろ!欲しい効能をカスタマイズ!

美容のために十分な水分を摂っていますか?よく美容やダイエットのためにと、たく...

カラダノートひろば

飲物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る