カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性膝関節症 >
  4. 原因 >
  5. 膝に水が溜まるってどんな状態?

関節痛・腰痛

膝に水が溜まるってどんな状態?

 

膝関節症の症状のひとつが膝に水がたまるというものです。
膝の水を抜く治療をします、と医師に説明されることもあるかもしれません。

 


●膝の水とは?


膝の水とは関節液というものです。
関節液は水よりももっと粘度があるタイプのもので、ヒアルロン酸などを含んでいます。
ただし、一般的な組織とは違って水分が多いことから膝の水と呼ばれているというわけです。


●どうして膝の水が増えるの?


膝関節症を持っている方の多くが一度は膝の水が増えた経験があると言われています。


膝の水が増える理由ですが、軟骨がすり減っていることと関係しています。
本来は軟骨によって骨と骨の間隔が保たれるのですが軟骨がすり減ると自然と軟骨のかけらのようなものが膝に溜まります。


軟骨のかけらを膝から排除するため、もしくはそのための酵素に刺激を受けることによって膝に水が溜まると言われています。

 


●膝に水が溜まった時は?


膝に水が溜まった時にはいくつかの対処法があります。
最も簡単な対処法は局所を安静にするということです。


膝が痛まない程度の運動をするなども効果的です。
また、医師によっては膝の水を抜くという治療法を勧める方もいます。


膝の水を見ることで膝に起きている問題がよりはっきりすることもあるので、少し痛みはありますが一度膝の水を抜くのもよいでしょう。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2011/09/14/14/18/cat-9254_640.jpg?i)

著者: ひなさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

‘内側型・外側型・膝蓋型’症状によって違う3つの膝関節症

  膝関節症は中高年に多い病気です。最近膝が痛くて、なんていう声を身近に聞...

関節軟骨に影響を与える?膝関節にある関節液の役割について

  膝関節には関節液や関節軟骨があります。   ●関節液の役割は? 膝関節にあ...


中高年から老年の多くがかかっている病気「膝関節症」の原因分子

  膝関節症は中高年から老年の多くがかかっている病気と言われています。日本だけ...

歩く時痛い、膝を曲げれない…一次性関節症と二次性関節症の違い

  膝関節症の主な症状は痛みです。歩くときに痛みを感じる、掃除などで膝を曲げる...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る