カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 性同一障害 >
  4. 「パンセクシャル」「アライ」って知ってる?LGBT以外にも知っておくべき、たくさんの性指向

メンタル

「パンセクシャル」「アライ」って知ってる?LGBT以外にも知っておくべき、たくさんの性指向

46c44e147baed2df9dce0a4584a7ab50_s.jpg

自分と全く同じ人間はいません。「みんな違ってみんないい」はたくさんの人が知っていることです。しかし、それを本当に実践できる人は少ないのかもしれません。まずは、「みんな」がどんな違いを持っているのでしょうか?

 

LGBTは知っている?

LGBTという言葉を知っている、あるいは、その意味をよく知っているという方もいるでしょう。

 

L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーのことです。これらは一般的に知られている、セクシャルマイノリティかと思います。もしこれも知らないという場合には、ぜひしっかりと覚えておきましょう。

 

中には「男と女以外はみんなニューハーフ」なんて思っている人もいます。そうした誤解は、ただ「悪意はない。知らないだけ」でもLGBTの方を傷つけてしまうかもしれませんね。

 

性指向は実に多様

ストレートの人からすれば、LGBTの人であっても「その他」でひとくくりかもしれません。しかし本当のところを言えば「みんな違ってみんないい」なのです。つまり人の性指向を、ストレート、L、G、B、Tだけに分けることすら難しいのです。実際にはそれぞれがそれぞれの性指向を持っています。

カテゴリーに分けるというよりは、グラデーションのように違いがあると思っていた方が正しいのかもしれません。

 

他にも知っておきたい、LGBT以外の性指向

そのグラデーションの中のいくつかを見てみましょう。

 

○アセクシャル

男性にも女性にも性的な関心・欲求を抱かない人を指します。

人口の1%は存在するとされており、英語ではAsexual、日本語では無性愛者、そのほかAセク、Ace(エース)と言われたりもします。

 

○アロマンティック

アセクシャルの中で細分化されたものです。性的関心だけではなく、男性にも女性にも、恋愛感情をほとんど、あるいは全く抱かない人を指します。

アロマンティック・アセクシャルとも言いますが、人が嫌いということではありません。人と精神的につながりたいという欲求を持つことも当然あります。しかし恋愛的な感情を持っていないし、プラトニックな関係で満足できます。

 

○ロマンティック

ロマンティック・アセクシャルといい、アロマンティックに対して、恋愛感情を感じるアセクシャルということになります。

 

○グレイセクシャル

アセクシャルと性的欲求を感じる人の中間にいるのが、グレイセクシャルです。

性欲が強くもないけれど、ゼロというわけでもないというところを言うようです。性欲の向かう先は同性や異性など何でもあり得ます。

 

○デミセクシャル

他者に対して基本的に性的関心・欲求を抱きません。しかし深い絆で結ばれたごく少数の相手に対して(恋愛や友情)のみ、性的欲求を抱きます。逆に言えば、その絆がなければ人に対して性的欲求は抱きません。

 

○デミロマンティック

デミセクシャルの恋愛感情のバージョンと言えます。深い絆ですでに結ばれた相手に対してのみ、恋愛感情を抱くことができます。

 

○リスロマンティック

相手に対して恋愛感情を持ちますが、相手からの恋愛感情は必要ない人です。両想いになる必要がなく、お付き合いをすることに抵抗がある人も、ない人もいます。

 

○パンセクシャル

性的にも、感情的にも、精神的にも、すべてのジェンダーが対象になります。

バイセクシャルと同じように思えるかもしれませんが、バイセクシャルは「恋愛対象が男か女か」です。これに対してパンセクシャルは、上記のように「男か女か、そのどちらでもない人も全部」という意味になります。

 

○ポリセクシャル

パンセクシャルと似ているのですが、「すべてのジェンダー」ではなく「一部のジェンダー」に惹かれる人です。それ以外のジェンダーに対しては性的欲求や、恋愛感情を抱きません。

 

○パンロマンティック

すべてのジェンダーの人に対して、恋愛感情を抱きます。しかし性的関心は抱かず、プラトニックな関係を求めます。

 

○スコリオセクシャル

シスジェンダー以外の人に性的に惹かれる人です。

シスジェンダーというのは、生まれたときの体の性別と心の性別が一致している人のことです。

 

☆クィア

これは分類ではなく、セクシャルマイノリティの人をすべて包括する言葉として用いられています。

しかしクィアという言葉は、元々は風変りなどの意味の言葉で、昔はゲイへの蔑称でもありました。そのため、この言葉に対して不快感を抱く人もいます。

 

たくさんの分類!細かすぎる?

こうした分類であっても、一部のものにすぎません。

中には、「それただの個人差だよね」「それって当たり前じゃないの?」と思うものもあると思います。ですからこれまで分類してしまうのか?と違和感を持つ人もいるでしょう。

 

こうした分類分けは、はっきり決まっていないところがあります。むしろ分けようとすることが難しいかもしれません。

例えば日本では「ノンセクシャル」という言葉が使われていて、これがアセクシャルの意味と近いようです。

当事者がどの意味の分類分けを使っているのか、共通認識を確認してからお話しした方がよいのかもしれませんね。

 

「ALLY」=アライ

セクシャルマイノリティの人たちは、「自分はなんだかおかしい」「「なんで人と違うの?」と感じてきた人が多くいます。

あなたがストレートで、「自分はセクシャルマイノリティの人に対しても、リベラルで、フレンドリーだ」と思っているとします。しかし、性に対する悩みを持ちながら育ってきた方々は、人に対して大きく言えば敵対心を持っているでしょう。

そこでLGBTの方々への支援を表明することになるのが「アライ(ALLY)」です。レインボーのロゴマークなどと一緒に見たことがあるでしょうか?こうした目印を持っているのが、1つの支援になります。

 

こうした細かい違いを覚える必要はないと思います。ただ、自分が普通だと思っている性的・恋愛的欲求以外に、たくさんの形があることを知っている必要はあります。知っていれば「相手はどうなのか?」と考えることができます。相手のことをよく考えるために知っておくべきことなのですね。

(参考:Glossary)

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

性同一障害に関する記事

あなたの同僚、上司、部下にもいるLGBTの方々…みんなが本当に働きやすい職場って?

あなたの職場にLGBT(性的少数者)の方はいますか?日本では13人に1人がL...

悪意はなくても、あなたの誤解が傷つけているかもしれません…LGBTによくある誤解

自分と「好きなものや嫌いなものが違う」人はどう思いますか?人との付き合い方は...


LGBTの子どもと学校生活…まずは大人が正しい知識を!LGBTの現状と取り組み

「LBGT」という言葉を知っていますか? 2015年に全米で同性婚が合法化...

カラダノートひろば

性同一障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る