カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. これで困らない!赤ちゃんの泣き声を聞き分けられる?!赤ちゃんの持つ5つの泣き声とは?

育児

これで困らない!赤ちゃんの泣き声を聞き分けられる?!赤ちゃんの持つ5つの泣き声とは?

7138d083a23a32bbb98589cf93cb6bca_s.jpg

赤ちゃんが何を考えているのか?

それが分かればどんなに子育てがラクでしょう。

 

特に赤ちゃんが泣き止まなくなったときなんて、ママパパは「もうどうしたらいいの?」と途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

こんなとき、赤ちゃんが求めていることが分かれば…と思ってしまいますよね。

 

泣くことしか手段がない赤ちゃん

「お腹空いた」「暑い」「眠い」「おむつ替えて」…など、自分で自分の欲求を満たせない赤ちゃんは、誰かにお世話してもらう必要があります。

そして、言葉を話せない赤ちゃんは、その欲求をママパパに伝える手段として「泣く」ことをします。

 

ママパパからすれば「また泣いて…」とげんなりしてしまうかもしれません。

けれど、泣くことでママパパがやってきて自分の欲求が満たされるという経験が、赤ちゃんの情緒には非常に大切なんですね。

 

赤ちゃんの言葉を理解してあげることが大切

赤ちゃんの言葉といったって、話せない赤ちゃんに言葉なんて…と思うでしょうか?

実は、この赤ちゃんの言葉を発見したという人がいるのです。

 

オーストリアの研究者Priscilla Dunstan(プリシラ・ダンスタン)がその人で、Dunstan Baby Language(ダンスタン・ベビー・ランゲージ)という方法です。

 

赤ちゃんは5つの「泣く」を使い分けていた!

赤ちゃんが自分の欲求を伝える方法は、主に泣くことです。

この方法で赤ちゃんを見ると、世界共通で赤ちゃんは泣き方を使い分けているというのです。

生後3か月までの赤ちゃんは、以下のように5つの泣き分けをしているそうです。

 

Neh(ネェ)

お腹がすいた

 

Owh(オォ)

眠たい、疲れた

 

Heh(ヘェ)

快適じゃない(オムツが汚れている・汗が嫌など)

 

Eairh(エアー)

おなら、お腹の張りによる痛みがある

 

Eh(エッ)

げっぷがしたい

 

いかがでしょうか?

赤ちゃんなりに泣くというツールを使い分けて、こうしたことを伝えているのかもしれません。

 

一緒にいることの多いママが赤ちゃんの欲求をなんとなくわかるようになってくるのは、こうした声を聴き分けているのかもしれません。

客観的な説明が加わるとパパも欲求を受け取りやすくなります。

そうなればより一層、パパの育児参加もしやすくなるのではないでしょうか?

 

(参考:Decode Baby Cries)

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

0~3ヵ月に関する記事

赤ちゃんが急に泣き出すのは「乳児疝痛」の可能性も!

「うちの子夜泣きがひどくって……。」「娘が赤ちゃんの時夕方になるとよく泣いてた...

あなたは添い寝派?欧米式一人寝派?それぞれのメリットは?

日本では添い寝をする家庭が多く、ベビーベッドを用意したけれど結局添い寝でしか寝て...

睡眠(ねんね)の体験談

小さい頃からの必需品

ひめはまだ赤ちゃんの頃から寝るときはタオルが必需品☆ 無くても寝れるときは、チャイルドシートに...

最強の寝かしつけ ~おんぶ~

体重が重くなり、抱っこがしんどくなってきたので、自宅での寝かしつけにも抱っこ紐を使用していました。 ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る