カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. 食べても塗っても使える!パウダーもある!注目の健康油「ヘンプオイル」の使い方

美容・ダイエット

食べても塗っても使える!パウダーもある!注目の健康油「ヘンプオイル」の使い方

50cff70d8c2d2729afbafaf7fa7f948f_s.jpg

ヘンプオイルを使ったことがありますか?

聞いたこともないという方も多いと思います。

 

ヘンプオイルというのは、ココナッツオイルなどに次いで注目されている健康油です。

むしろココナッツオイルを凌ぐ健康効果があるとも言われる、大注目の油です。

 

ヘンプオイルって何?

日本語表記では「麻の実油」と書かれていることがあります。

今から説明するヘンプオイルは、ヘンプシードオイルのことを言います。

 

アメリカではヘンプオイルというと、カンナビスオイルというまた別のものを指します。

日本だとカンナビスオイルは入手できないので、ヘンプオイルでもヘンプシードオイルでも同じものを指すことになるでしょう。

 

麻の実あるいは種から作られるヘンプオイルは、含まれる栄養価から、健康・美容効果が高いと言われています。

 

何に使える?ヘンプオイル

ヘンプオイルは具体的にどうやって、その健康・美容効果を得ればよいのでしょう?

 

・もちろん食べてもよい

食用の油として売られていますから、そのまま食べるのはもちろん良いです。

1日あたり大さじ1~2杯程度で、お子さんならティースプーン1~2杯がよいでしょう。

 

また、熱に弱いので加熱せずに食べることをお勧めします。

「ドレッシング」や「カルパッチョ」「スムージー」「汁物」などに入れて摂取できますよ。

40℃以上に熱するとオイルが変質してしまうので、注意してください。

 

また、開封後は酸化しやすいので早めに使い切るようにしましょう。

商品によりますが2か月くらいが目安です。

 

・パウダーもあります

オイルの話をしていましたが、ヘンプシードを砕いて粉状にしたものもあります。

オイルだと、だんだんと使用の幅に限界が出てきてしまいますが、パウダーにすればまたいろいろなものに使えるでしょう。

 

ちなみに、これは七味唐辛子にも含まれているそうで、知らないうちに食べたことがある人も多いかもしれませんね。

 

・美肌に、美爪に

ヘンプオイルは保湿力と浸透性に優れていますので、素早く皮膚に浸透して長くとどまってくれます。

 

クレンジングオイルとしても使えますし、オイルパックにも使えます。

さらさらしたオイルですので、オイルマッサージのベースオイルとしても使えます。

さらに爪のトリートメントにも使えますよ。

 

ヘンプオイルにはインナーコスメとも呼ばれる、γ-リノレン酸が含まれています。

これが角質層のバリア機能や、修復機能、表皮細胞の機能を活性化してくれます。

 

ヘンプオイルが含まれた化粧品やせっけんなども売られていますから、それらから始めてみてもよいですね。

まだまだお手頃価格で手に入れられるものではありませんから、正しい使い方できちんとその効果を実感してみてください。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

レチノール化粧品はビタミンA化粧品

  最近、アンチエイジングに効果のある、レチノールが配合された化粧品の副作...

夏野菜を使った肌に良い手作りパックを作ろう★きゅうりパック、茄子パックで紫外線カット!

夏野菜は肌への良い効果が期待できるので、毎日の食事で積極的に食べよう!と頑張って...


見たくない顔のたるみ!たるみの対処法とは?姿勢を綺麗に保つ努力をしよう

女性の大敵でもある顔のたるみ・・・年齢と共にどんどん目立ってしまい、鏡をみる...

もう人目が気にならない!「ダラダラ流れる顔汗」を止める方法とは?

周囲のみんなは汗一つ書いていないのに、自分だけ顔汗ダラダラで恥ずかしい、メイ...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る