カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. レシピ >
  5. 疲労回復 >
  6. 超簡単!取り入れやすい!すぐできる!氷酢たまねぎの「作り方」と「食べ方」

健康診断・健康管理

超簡単!取り入れやすい!すぐできる!氷酢たまねぎの「作り方」と「食べ方」

fc306bcdfef2291b387f07674b1d03c2_s(1).jp

「酢たまねぎ」を知っていますか?

健康のためにやったことがあるよ!という人もいるでしょうが、続かなかった人もいると思います。

 

酢もたまねぎも、確かに健康効果が高いことは広く知られています。

けれど、続かなければ意味がありませんよね。

 

「氷」酢たまねぎに注目!

酢たまねぎはその名前の通り、お酢とスライスしたたまねぎをあわせたものです。

作るのはとても簡単で、1晩冷蔵庫で寝かせれば食べることができます。

ただ、食べごろになるには2~3日寝かせてあげる必要があります。

 

一方、氷酢たまねぎは漬け込んでおく時間は必要ありません。

さらに酢たまねぎよりも使いやすい部分があるようで、そのため容易に生活に取り入れられそうです。

 

氷酢たまねぎの作り方

では、氷酢たまねぎはどのように作るのでしょうか?

 

<材料>

たまねぎ2個

お酢150mL

はちみつ100mL

使用するものは酢たまねぎと変わりません。

 

<作り方>

1.たまねぎをざっくりと切ります。

2.ミキサーにすべての材料を入れて滑らかになるまで攪拌します。

3.製氷皿に入れて凍らせて完成です。

 

お酢にはいくつか種類がありますが、最も健康効果が高いのは黒酢です。

 

どんな風にして食べるの?

この凍らせたたまねぎを、どのようにして食べるのでしょうか?

 

1日3個

スタンダードな大きさの製氷皿でしたら、1個あたり5gくらいになっていると思います。

それを1日3個食べるのが目安です。

1食あたり1個と考えてよいですね。

 

どんな料理にでもポンと1つ

味噌汁などの汁物にはもちろんのこと、ご飯を炊くときに入れるのも手軽です。

肉や野菜を炒めるときに入れるのでもよいですし、飲み物に入れてもよいですね。

料理で水分を使うものなら、その水分の代わりに氷酢たまねぎを入れる感覚で使えそうです。

カップ麺に入れてもよいですよ。

 

シャーベット状だから使いやすい

氷は溶けるまでに時間がかかって使いにくいと思うかもしれません。

しかし、氷酢たまねぎは凍らせてもシャーベット状なので使いやすいです。

冷奴に乗せて崩して食べてもよいですし、冷たい麺類に乗せてもおいしくいただけます。

 

お酢もたまねぎも健康に良いのは分かりますが、料理に毎回入れるとなると難しいですよね。

その点、氷酢たまねぎは作り方も簡単で、使い勝手もよいですから苦労なく取り入れられそうです。

手軽に健康によいこと、実践してみませんか?

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

疲労回復に関する記事

社会人におすすめスープレシピ

  社会人の体の悩みの上位にあがるのが、「疲労」と「むくみ」です。 特...

ミキサーとレンジがあれば簡単!体の悩みは簡単スープで解決☆

 日頃の疲れや不規則な生活によるトラブルには、食生活を見直して、健康な生活を...


鶏胸肉のはちみつ梅ソース焼き

★  低カロリーですが、タンパク質たっぷりで栄養豊富な鶏肉を使ったメニューです。...

肝機能が気になる方や疲労回復に☆ささみのフリッター

肝臓は「沈黙の臓器」といわれるようになかなか症状が表面にあらわれません。ストレス...

カラダノートひろば

疲労回復の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る