カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. >
  6. 「緑色」のサングラスや光で、偏頭痛が20%軽減される可能性?

頭痛

「緑色」のサングラスや光で、偏頭痛が20%軽減される可能性?

abstract-19363_640.jpg近年、偏頭痛の痛みを緩和させる手段として、「光」を調整する方法に注目が集まっています。

 

米国ボストンにある大学の研究では、青い光に光過敏性を示す偏頭痛患者への光曝露を「緑色の弱い光」に切り替えたところ、患者の一部では偏頭痛の痛みが約20%軽減したことが示されています。

 

網膜の「第3の光受容体」が、脳の興奮を引き起こす可能性

従来、目の網膜にある2種類の視細胞(錐体・杆体)が光を感知し、そこから発生した電気刺激が大脳へと送られることで目に光が見えるようになると考えられていました。

 

しかし近年の研究では、網膜色素変性によって視覚を失った患者の方でも対光反応が残っていることが明らかになり、これが網膜にある第3の光受容体「ipRGCs」という神経節細胞によるものであることが報告されました。

 

眼科クリニック(※)のウェブサイトによれば、ipRGCsによる光感受性は一般的な光を感じるメカニズムと異なり以下のような特徴を持つと述べられています。

 

・感度がかなり低く、強い光にしか反応しない

・反応が遅く、また長時間反応が続く

・視細胞と異なり順応(反応が弱くなること)が起こらない

・受容野が広く、網膜全体の光をおおざっぱに感知する役割がある

・視細胞の過分極型の反応と異なり、「脱分極型」の反応を示す

 

⇒脱分極は「興奮性伝達」であることから、脳の神経回路においても活動電位を引き起こしていると考えられています。

 

青やグレーの光が偏頭痛が誘発している?

海外のある研究によれば、視覚障害の一種である「光覚弁(光の有無を感知する)」の方へ光曝露を行ったところ偏頭痛が生じ、一方で全盲である方には偏頭痛が生じなかったことが報告されています。

 

これらの原因には、先の「第3の受容体」が関わっており、特に青やグレーの光が誘引になる可能性があると述べられています。

 

■光覚を持つ患者への青い光が片頭痛を悪化させたという試験

(Nature Neuroscience/Beth Israel Deaconess Medical Center)

 

【試験内容】

全盲を持つ患者6名と、光覚弁(光の有無を感知できる)を持つ患者14名の2グループに対し、様々な色の光を浴びてもらった。

 

【結果】

・前者のグループは、光で片頭痛が悪化することはなかった。

・後者のグループは、光を浴びたときに片頭痛がひどくなると訴えた(特に青やグレーの光によって)

 

■ラットへの光刺激が脳の電気活動を亢進させたという実験(同上)【実験内容】

ラットの脳に微小な電極を入れ、光曝露した際の変化を調べた。

 

【結果】

・光を当てるとすぐに神経細胞群の電気的な活動が活発になった。

・この活動は光を当てることを止めてもしばらく続いた。

 

なぜ青の光が偏頭痛を引き起こすのか?

ではなぜ青の光が偏頭痛を引き起こす誘引となるのでしょうか?

光の色は、青>緑>黄>赤の順に振動数が高く、一般的な蛍光灯やパソコンのブルーライトでは目や脳への刺激が強くなる傾向があります。

 

■光(青と緑)の波長(※数値が小さいほど強い)

・青:435nm~480nm

・緑青:480nm~490nm

・青緑:490nm~500nm

・緑:500nm~560nm

・黄緑:560nm~580nm

 

ある海外の研究によれば、網膜の3つの受容体のうち、S錐体とipRGCsに関しては強い青に反応することが明らかになっており、これが頭痛の誘引になっていると考えられています。

■錐体(S錐体:419.0nm/ M錐体: 530.8nm/ L錐体:58.4nm)

■桿体:496.3nm

■ipRGCs:479nm

 

弱い緑の光が偏頭痛を改善したと言う臨床試験

■緑の光に切り替えることで、片頭痛が20%改善したという試験

(米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(ボストン)のRami Burstein氏)

 

【試験内容】

偏頭痛患者69人にさまざまな色の光を当て、偏頭痛への影響を調べた。

 

【結果】

・青色の光では頭痛が悪化した。

・狭スペクトルの弱い緑色の光を当てると、光過敏性が有意に軽減した。

・一部の症例では、この緑色の光により偏頭痛の痛みも約20%軽減した。

 

このように、緑色の弱い光が偏頭痛を改善させる可能性があるようです。

「部屋の蛍光灯を1つにして緑色のものに取り替える」、「パソコンディスプレイの光のカラーで青を下げる」、「緑色のグラスが入ったサングラスを使用する」等の対策が有効になるかもしれません。

(※参照ウェブサイト:きくな湯田眼科

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

光に関する記事

目にも対策が必要? 片頭痛の予防

片頭痛の患者さんでは、屋外の光の刺激で片頭痛が起こったり、目の周りの筋肉が疲...

片頭痛の人は光の色にも注意が必要

  片頭痛の発作が起きているときは光や音に敏感です。光が片頭痛にどのような...


頭痛の要因 光を避ける生活の工夫

  頭痛もちの人は、視覚の刺激で頭痛が誘発されやすいようです。まぶしさ、蛍光灯...

カラダノートひろば

光の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る