カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 外出時 >
  5. 妊娠中は飛行機に乗ってもいいの?予約~搭乗までの注意点、胎児への影響は?

妊娠・出産

妊娠中は飛行機に乗ってもいいの?予約~搭乗までの注意点、胎児への影響は?

妊娠中はいつもの体と違いますから、何が起こるかわかりません。その体で飛行機に乗るのはちょっと怖いと思う妊婦さんも多いでしょう。すぐに病院に行けないですし、かかりつけのお医者さんとすぐに連絡が取れるわけではありません。しかし、それでも飛行機に乗らなければいけないことも。 

今回は、妊娠中の飛行機の搭乗について紹介します。

 

飛行機は地上と環境が大きく異なる

妊婦さんはどんなに安定した状態でも、いつどんな体調の変化が訪れるか分かりません。しかし妊婦さんだって、旅行や帰省などの目的で飛行機に乗らなければいけないこともあります。

 

飛行機はその性質上、環境自体が地上とは大きく違います。気圧の変化や酸素の濃度、湿度の低さ、ずっと揺れる空間、また密閉感のある機内など、さまざまな点においていつもと違うということです。

場合によっては、その環境に何時間も座っていなければいけないことになるので、普段と違う環境に反応して体調を崩すことも当然あります。

 

妊婦さんが飛行機に乗ることの問題点

地上と大きく異なる機内環境。その環境の変化に母体と胎児がついていけず、何らかの異常が起きてしまうとどうなるのでしょう。電車やバスなどであれば、途中下車も可能ですし、すぐさま近くの病院に運び込まれることができます。しかし、飛行機はそうはいきません。

 

もし妊婦さんがフライト中に体調が悪くなったら、客室乗務員の方たちは、出来る限りのサポートはしてくれるでしょう。もしかしたら、お医者さんが飛行機に乗っているかもしれません。

しかし、たとえ産婦人科医が同じ飛行機に乗っていたとしても、医療環境の整っていない機内ではできる対応は限られています。飛行機が海の上を飛んでいたら、緊急着陸はできないため、数時間は飛行機の中でそのままという事態にもなりかねません。

 

つまり、妊婦さんが飛行機に乗ることの一番の問題点は、何かあったときに対応ができないことなのです。

 

妊娠中の飛行機搭乗、気になる胎児への影響は?

ママの体調もそうですが、気になるのはお腹の中の赤ちゃんへの影響でもあります。

飛行機に乗ること自体や、飛行機に乗るときの過程では胎児にどんな影響があるのでしょうか?またはないのでしょうか?

 

妊娠初期は危険

妊娠初期はそもそもつわり症状がつらかったり、胎児の状態も安定せずまだまだ流産の危険性が高い時期です。そのため、飛行機に乗ることで流産のリスクを上げてしまう可能性もあるので、飛行機の利用はできるだけ避けた方がよいでしょう。

 

妊娠4ヶ月~7ヶ月は特に心配ない

妊娠4ヶ月目~7ヶ月目の安定期は、妊婦さんが飛行機を利用しても、胎児への影響は特にないとされています。もちろん正常な状態にある場合であって、何か妊娠状態に問題がある場合には医師への事前の相談が必要です。

 

妊娠後期も避けた方がいい

お腹の大きくなる妊娠後期は、貧血や高血圧の症状が強く出るようになる時期でもあります。そもそも大きいお腹で移動するのも大変ですし、ずっと座っていることでお腹が張ってくることもあるので十分な注意が必要です。

 

X線検査の胎児への影響はない

飛行機に乗る前にゲートをくぐって行われる身体検査は、X線を使っています。X線というと胎児への影響が気になりますよね。ですが、空港でのこのX線検査はごく微量で、金属を探知するためのものなので、胎児に影響はないとされています。

 

それでも心配という場合には、スタッフの人に申し出ましょう。妊娠していることを伝え心配だと訴えれば、免除してくれる場合もあります。

 

上空の電磁波は今のところ事例なし

上空では、気圧の低下によって電磁波の影響が多少あると言われています。ただ、この変化自体は科学的に証明されているものではありませんし、胎児に影響するという事例もありませんので、今のところ特に心配はないでしょう。

 

診断書の提出と医師の同伴について

診断書の提出と医師の同伴については、各航空会社によって規定が違います。ここでは日本の航空会社の2社を例に取り上げてみてみましょう。

 

JALの場合

出産予定日を含めて8日以上、28日以内の搭乗では診断書の提出が必要です。

また、出産予定日を含めて7日以内の搭乗の場合では、診断書の提出と医師の同伴が必要です。

 

ANAの場合

出産予定日を含めて15日以上28日以内の搭乗では診断書の提出が必要です。

また、出産予定日を福前手14日以内の搭乗の場合では、診断書の提出と医師の同伴が必要です。

 

ただ、状況によっては搭乗ができなかったり、より詳しい規定があることもあります。必ず事前にチェックしておきましょう。

 

航空会社・医師に言っておくことは必須

妊娠初期や妊娠後期に、どうしても飛行機に乗らなければいけないというときには、必ず予約の際に妊娠していることを言っておきましょう。

 

それだけではなく、たとえ安定期であっても、いつもと違う環境では何も起こらないとも言えません。ですから、どの期間でも事前に妊娠していることを伝えるのがいいでしょう。伝えたことによっての対応は航空会社によってことなりますが、気を配ってくれることもあります。

 

また、妊娠期間に限らず医師に伝えておくことも必須です。医師から許可がでれば、飛行機に乗ってもいいですが、許可がもらえなければやめておきましょう。

 

妊娠中の飛行機内でできる3つの対策

医師への相談や予約の際に伝えておくことも必要ですが、機内で自分でできる対策もあります。

 

対策1.服装はゆったりと

座っている状態が多くなる機内では、必ずゆったりとした服装を心がけましょう。

締め付けのつよい服は血行を悪くしてしまいますから、お腹が張ってしまうこともあります。

 

対策2.マスクをする

機内はとても乾燥します。それに、たくさんの人が密集しているわけですから、風邪などの感染症にかかりやすくなる可能性も。マスクをすれば乾燥対策にもウイルス対策にもなりますのでおススメです。

 

対策3.エコノミークラス症候群予防

ずっと座った姿勢でいると、血流が悪くなってエコノミークラス症候群になりやすくなります。特に妊娠中は、血流が悪くなりがちですからこれになりやすく、意識的な対策が必要です。

1~2時間おきに立ったり歩いたりし、席の中でも足を動かしたりして、血の流れをよくしてあげましょう。

  

妊婦さんの飛行機に乗る時の必須アイテム

飛行機に乗らなければいけない妊婦さんは普段と違って、いくつか携帯するべきものがあります。おすすめアイテムと合わせて紹介します。

  

1.母子手帳、保険証

母子手帳は必ず必要です。妊婦さんの体の状態について詳しく書かれていますから、自分の口で言えない状況でも体の状態を伝えることが可能。

場合によっては、航空会社から提出を求められることもあります。状態が急変したときに保険証も必要ですし、緊急連絡先が書いた紙を持っておくことも大事です。

 

2.マタニティマーク

人によってマタニティマークをつけるのを避ける人もいますが、つけておけば、お腹が目立たなくても周囲に妊婦であることを伝えられます。航空会社によってはマークを配布していることもあるようです。

 

3.すぐに食べられるもの

空腹で気持ち悪くなったりする場合には、機内販売や機内食以外に自分ですぐにちょっと食べられるものを持っておくと安心です。もしそれらがなくても、客室乗務員の方に言えば、軽食なども持ってきてくれたりするので伝えてみましょう。

  

4.ブランケット

基本的に、飛行機でのブランケットは1人1枚。妊婦さんへの対応は違うかもしれませんが、自分で持って行った方が安心です。

  

妊娠中の飛行機内での過ごし方にも注意

機内で体調が悪くならないように過ごすことも重要です。機内では、何に気をつけて過ごせばいいのでしょう?

 

水分補給をこまめに、でも炭酸飲料は避ける

飛行機の中は湿度が低くなり乾燥しますから、体の水分の奪われ脱水状態を起こしやすくなります。また、こまめな水分補給はエコノミークラス症候群の対策にも。

ただ、飛行機の中は気圧の変化によって、腸の中のガスが膨張しやすくなります。これがお腹を圧迫して体調が悪くなることがあるため、よりガスの膨らみを起こしてしまう炭酸飲料は避けましょう。

  

延長ベルトの使用

お腹が大きい場合、ベルトの長さが足りなくなった時のための延長ベルトを用意してくれます。無理して装着するとお腹が圧迫されてしまいますので、恥ずかしがらずに申し出ましょう。

  

妊娠中の飛行機搭乗の時にできること

飛行機に乗るための準備・対策を練り、いざ、飛行機に!当日、飛行機に搭乗するまでに注意することは何があるでしょう?

  

1.時間に余裕を持つ

搭乗手続きは時間に余裕をもって行いましょう。急いだりするとお腹に力が入って張ることがあります。また、行くまでの時間で体調が悪くならないとも限りません。

  

2.マタニティタグをもらう

航空会社によって違いますが、マタニティタグをくれるところもあります。これを見えるところにつけておくことで、周りの人に配慮してもらいましょう。

  

3.いい席がとれなくても交渉してみる

予約の時点で、通路側の席やトイレに近い席、優先席をとれればそれをとることにこしたことはありません。しかし、直前などになるとなかなかそれができないこともあります。その場合は搭乗の際に事情を話して、スタッフの方に交渉してみましょう。

場合によっては、客室乗務員の方が他のお客さんと掛け合ってくれて、席を代わってくれるかもしれません。

  

本当ならばエコノミークラスではなく、それよりもグレードの高いの席の方が足を伸ばせるのでゆったり過ごせます。その点も考えて、予約の時点からいろいろ考えられるといいですね。

  

 

体験談:妊娠6ヶ月での飛行機

 

投稿者:Shio22さん

 妊婦さんのフライト

フライト前の検診

フライト前に一度、健康状態を見るために病院に来てね!と言われていたので、行ってきました。 診断結果は乗っても大丈夫との事。 医療的にも、母子ともに健康で体調が安定していれば特別フライトを止める事もないと日本のお医者さんも海外のお医者さんも言っていたので、私は安心して乗れました。

 

フライト中

妊娠初期に飛行機に乗ったときには特別つわりなどもなく、妊娠前からの体調の変化もなくお腹もまだ大きくなってもいないので普通に乗れたのですが、今回はある程度お腹も膨らんできたし何かあったら心配でしたが、旦那さんも一緒だったのでまだ少しは心強かったです。 気分が悪くなったりなどはなかったのですが、最近になってトイレが近くなったので、搭乗後席が空いているのを確認してトイレの近くに変えてもらいました! また、飛行機が三列シートで私と旦那さん列に座っているのが旦那さんと私だけだったので、横になったり座ったり、トイレに立ち上がったりと、なるべく同じ体勢にならないように気をつけました。

 

初めて感じたお腹の張り

今まで一回もお腹の張りを感じたことがなく、どんな感じなんだろう?と思っていましたが、空中だからかトイレが近くなるとお腹が張るように… あ!これが張りか!と分かるくらいにお腹がカチカチになりました>_< ですが、トイレに行くと張りが収まりました。 日本に着いてからは、特にお腹が張ることもなく、病院に行ってもお腹の張りも特にないね〜!と言われたので、やはり空中だったからなのかも…

 

みんなへメッセージやアドバイス

安定期中の旅行などでも飛行機を使う方がいると思いますが、不安がなくなるまで(なかなか不安をゼロにするのも難しいですが(;_;))お医者さんに質問したりして、納得して飛行機に乗るようにしましょう! また、私は乗務員の方にもわざわざ妊娠してると言う必要はないよ。と先生に言われましたが、何かあったときのためにも伝えた方がいいと思います(^^) 飛行機に乗った後には出来るだけ早めに病院に行くと、安心できると思います♪

 

妊娠中に飛行機に乗るなら、十分な準備を

妊娠中の飛行機は、十分な準備をもって乗るようにしましょう。航空会社によってサービスも違ってきますから、それはきちんと確認しておくことをオススメします。

事前の準備さえきちんとすれば、心配しすぎることはありませんから、乗るまでの準備は特に力を入れてくさだいね。

  

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外出時に関する記事

妊娠中の外出で忘れちゃいけない持ち物はコレ!

妊娠中はつわりなどで体調が悪い日が続くことがあります。ずっと家で横になっていたい...

妊娠中に、温泉・美容院は行っても大丈夫?飛行機に乗る場合はどうする?

妊娠中はアルコールの摂取はNGであったり、激しい運動はできなかったり、といろいろ...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

外出時の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る