カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 胃痛・胸焼け >
  5. 妊娠中のつらーい【胃もたれ】症状…なぜ起こる?どうすればラクになる?原因と対処法

妊娠・出産

妊娠中のつらーい【胃もたれ】症状…なぜ起こる?どうすればラクになる?原因と対処法

妊娠中につらい症状のひとつが「胃もたれ」。

妊婦さんによって程度は違うものの、胃もたれのせいでモノが食べられなくなると大事な赤ちゃんに栄養がいかなくなってしまいます。

そこで今回は妊娠中の胃もたれの対処法をご紹介。

 

妊娠中の胃もたれの症状って?

妊娠中の胃もたれは、つわりがある初期だけでなく、中期、後期と人によって発症する時期は異なります。ただし、一般的にはつわりがある初期に感じる人が多いようです。

 

胃もたれの主な症状

 主な胃もたれの症状は以下の通り。

・胃が重い

・お腹が張るように感じる、膨満感

・食べたものがいつまでも胃に残るように感じる

・ゲップがたくさん出るようになる

・気分が悪くなる

・胸焼け症状がある

・胃が痛い など

 

妊娠中の胃もたれの原因って?

妊娠初期と中期~後期にかけての胃もたれの原因は異なります。

 

妊娠初期の胃もたれの原因

妊娠初期の胃もたれに関しては、ホルモンバランスの変化と自律神経の乱れが原因で起こるとされています。

 

女性ホルモンの変化

妊娠によって女性ホルモンのバランスが変化する中で、胃腸の働きに大きく関係する「プロゲステロン」という女性ホルモンが胃腸の動きを弱めてしまうのです。

自律神経の乱れ

また、このホルモンバランスの乱れを受け、自律神経も乱れやすくなります。

自律神経はストレスや生活リズムの変化からも影響されやすいため、妊娠で受けるストレスが胃に影響している可能性が。

この乱れが胃液を減らしてしまったり、逆に多くしてしまったりすることで胃もたれが起こります。

 

妊娠中期~妊娠後期の胃もたれの原因

妊娠中期以降は、胎児の状態もママの症状もいくらか安定してきます。この妊娠中期から後期にかけて起こる胃もたれの原因は、妊娠初期とは異なります。

 

胎児の成長により胃が圧迫

妊娠中期以降は一気に胎児が成長するため、ママのお腹が大きく変化。その影響で、子宮のすぐそばにある胃や腸といった消化器官は、大きくなった子宮に圧迫されます。

結果、消化不良により胃もたれや、胃酸が逆流しやすくなってしまいます。

 

出産間近になると楽になる

胎児は出産まで成長を続けますから、お腹の圧迫は避けようがありません。

ただし、出産が近づいてくると赤ちゃんは子宮の下の方に下がるため、胃もたれが解消されるママは多いようです。

 

妊娠中の胃もたれ、気になる胎児への影響は?

妊娠していることで起こる胃もたれの症状ですが、やっぱり気になるのは胎児への影響。

しかし、胃もたれが起こっていること自体は、お腹の中の赤ちゃんに影響しません。

 

栄養のバランスが乱れには注意

「胃もたれが起こるので食事から遠ざかる」「栄養バランスを抜きにして、食べやすいものばかり食べてしまう」これらのことで栄養バランスが乱れる可能性はあります。

 

お腹の赤ちゃんはママから栄養をもらっているため、過度に何も食べない状態が続く場合は胎児に影響がる可能性も。

その場合は、なるべく早くお医者さんに相談しましょう。またできる限りバランスを考えて、食べられる時にしっかり食事を取ることが大切です。

 

妊娠中の胃もたれの対処法〜生活編〜

妊娠しているから仕方のない胃もたれだとしても、ずっとそれを抱えて生活するのはつらいですよね。この胃もたれの対処法には何があるでしょう?

 

1.締め付けの少ない服を着る

特に妊娠後期にオススメ。お腹が大きい時にあまりフィットする服装では余計につらくなります。

 

2.睡眠をしっかりと

睡眠不足になると、余計に自律神経が乱れて胃もたれの症状が悪化しやすくなります。きちんと眠れるように、寝室や眠るときの環境の工夫をしてみるといいですよ。

 

3.疲れ、ストレスを溜めない

特にストレスは、すぐに胃腸の働きに影響します。適度な運動をしたり、アロマや趣味など、自分の好きなことをして疲れやストレスを発散させましょう。

 

妊娠中の胃もたれの対処法〜食事編〜

体の状態は変えられないにしても、食事のとり方を工夫して、胃もたれを起こさないようにすることはできます。

 

1.ゆっくりよく噛んで食べる

食べたものは、体の中で何回にもわたって消化されていきます。その消化の第1ステージは、口の中の唾液による消化です。

この時の消化をよくしてあげることで、そのあとの胃腸での消化がちょっと楽になります。

 ゆっくり胃の中に送れば、胃も焦って胃液をたくさん出さなくていいですから、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。

 

2.1回の食事量を減らして食事の回数を増やす

赤ちゃんのためにも食事の総量を減らすわけにはいかないため、1回の食事量を減らして胃の負担を軽減させましょう。3食を5食にするなどして、こまめに口にいれても体に悪影響はありません!

 ただし、こうすると口の中に栄養がある時間が長くなるため、虫歯には注意してください。

 

3.食事の際の水分補給は慎重に

食事中の水分補給は、消化液が薄められ消化に時間がかかってしまう原因にもなります。

そのため、胃もたれの症状があるときの水分補給は最小にとどめ、食事以外での水分補給を意識するようにしましょう。

 

4.スープやうどんなど、食べやすいものを食べる

消化にエネルギーのいるものを食べると、胃酸が出過ぎてしまって胃もたれの原因になります。

そのため、胃に負担がかからないように消化のいいものを食べましょう。

柔らかめに火を通したうどんや、具材が柔らかくなるまで火を通したスープがおススメです。

 食物繊維は消化に時間がかかってしまいますが、煮込めば柔らかくなって負担が少なくなります。

 

5.バターなど胃もたれを起こしやすいものを避ける

バターは非常に消化に時間がかかるので、胃もたれがするときは避けた方がいいでしょう。脂肪分の多いものも、消化に時間がかかってしまいます。

また、香辛料の多いものもNG。胃酸の分泌を促してしまうため、胃もたれの原因になりますよ。

 

妊娠するとすっぱいものが食べたくなると言いますが、かんきつ類などの酸味は胃の刺激になるため症状が強く出ているときには避けましょう。

 

6.常温以上のものを食べる

冷たいものが胃の中に入ると、まずは自分の体の温度を保つ方にエネルギーを使うため、胃が余計に疲れてしまいます。冷たいものを食べると血行も悪くなるため、常温以上のものを食べるようにしましょう。

 

7.就寝前に食べないようにする

就寝前に食事を摂ってしまうと、睡眠の質にも影響し胃もたれも起こりやすくなります。なるべく就寝の2~3時間前までには食事を済ませた方がいいでしょう。

食べないことでどうしても胃もたれがしてしまうときには、消化の良いスープがオススメ。

 

妊娠中は無理をしないで

普段なら胃もたれは我慢してまう方も、赤ちゃんがお腹にいるなら無理をしないで休みましょう。

 

お医者さんに相談すれば、妊婦さんでも飲める薬を処方してもらえるかもしれません。特に食べられなくて体重が減ってしまっているときなどは、すぐに病院で相談することをおすすめします。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胸焼けに関する記事

自分に合う方法を見つけよう!つわりのムカムカ対処法5選

妊娠初期の悪阻(つわり)のムカムカやしんどさ。周りにわかってもらえず、イライラす...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

胃痛・胸焼けの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る