カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 助成金・給付金 >
  5. 妊娠をきっかけに会社を退職!もらえるお金って?職場へのマナーは?

妊娠・出産

妊娠をきっかけに会社を退職!もらえるお金って?職場へのマナーは?

82f03e2f34742a2b81777059556de0de_s.jpg

妊娠をきっかけに仕事を辞める妊婦さんも多いと思います。

そこで気になるのが、もらえるお金ですよね。

 

分娩や入院でもらえるお金はみんなあります。

ですが、専業主婦でもなく、出産後に職場復帰をするのでもなく、「妊娠中に退職する」という場合にもらえるお金には、どんなものがあるのでしょうか?

 

妊婦さんがもらえるお金は?

・出産育児一時金

これは誰もがもらえるお金です。

健康保険などからもらえ、子ども1人につき42万円、双子なら84万円が支給されます。

 

病院に行って出産を証明してもらう必要がありますので、病院で記入してもらわなければいけません。

そのとき、病院が産科医療補償制度に加入している必要があります。

死産などでも妊娠週数(85日以上)によって、支給されます。

 

・医療費助成

1年間にかかった医療費が10万円を超えた場合に、確定申告をして税金が戻ってくる制度です。

妊娠・出産にかかった費用も対象ですが、出産育児一時金や生命保険からの給付金は差し引かれます。

そこからさらに10万円を引いた額が、医療費控除の対象になります。

これは、税務署に申告書をもらって手続きしなければいけません。

 

退職する妊婦さんがもらえるお金は?

・失業給付金

就職する意思があり、求職中の人に対して、再就職が決まるまで支払われるお金です。

妊娠中は働くことができないとみなされて、もらえません。

 

そのため、普通ならば1年間の受給期間を延長する手続きをします。

最長3年間延長することが可能です。

これによって、子育てがひと段落したらまた給付金をもらいながら就職活動ができるようになります。

 

延長といっても、延長してもらえる期間が長くなるということではなく、受け取る時期を先延ばしにするということです。

 

ちなみに、失業給付金の手続きができる期間は、退職してから約2ヶ月になります。

ママの体調が悪いときなどは、郵送やパパの代理で手続きができないか、ハローワークに確認しておきましょう。

 

・場合によってはもらえる出産手当金

労働基準法では、産前6週間、産後8週間の女性を原則働かせてはいけません。

その期間を保証するためにあるのが出産手当金で、このお休みの期間健康保険からお金が支給されます。

 

これは基本的に、産休するママ(産後仕事復帰するママ)がもらえますが、場合によっては退職するママでももらえます。

 

それには、以下が条件になります。

 

・退職日までに継続して1年以上の被保険者期間がある(1年以上継続して勤務した)

・資格喪失時に出産手当金を受けているか、または受ける条件を満たしている(ただし、退職日に出勤しない)

 

出産手当金をもらうためには、退職日から42日(6週間)以内に出産予定日が来るように設定する必要があります。

 

妊娠中の退職…会社に対するマナー

お世話になった会社を自分の都合で辞めるわけですから、出産のため仕方ないとはいえ、きちんとマナーは守りたいですね。

そこで、実際に会社を辞めるときに押さえるべきマナーはどんなものでしょうか?

 

・妊娠を早めに上司に報告

できれば、つわりなどのある初期に、早めに上司に妊娠の報告をすることが第一歩のマナーです。

妊娠初期だと流産の可能性もあって言いにくいかもしれませんが、体調が悪くなる時期でもあるので、上司だけには分かっておいてもらいたいですね。

その後、安定期に入ったら同僚などに報告していきます。

 

この最初の妊娠報告の時点から、会社側も退職など色々な可能性を考え始めます。

「迷惑をかけたくない」「安定期まではだまっていたい」という気持ちから報告が遅れるケースが多いようですが、かえってマナー違反になりかねませんから気をつけましょう。

 

・退職の報告は直属の上司に

退職の意志を固めたら、直属の上司に早めに報告しましょう。

やはり、会社の方は退職のことだけではなく、次の人の募集、会社全体のことを考えなければいけません。

その会社の事情もよく考えておかなければいけませんね。

 

何より、最初に退職のことを同僚などに言い、それが上司に伝わると心証もよくありません。

かならず最初に上司に退職の意志を伝えたいですね。

 

・引継ぎ

妊娠中はいつ絶対安静になるともわかりませんから、退職日が近づいてからと悠長に考えず、早めに引継ぎをしていきましょう。

 

退職の日に引継ぎが完了すればいいのではなく、退職の日よりも前に引継ぎを完了させることで、取りこぼした引継ぎにも気づけます。

 

・退職の理由は素直に

退職のときにその理由でウソをつくのは、お世話になった会社に対してマナー違反でしょう。

そのため、「子育てに専念したいので」や「次の職場で教えてもらった事を生かしたいので」など素直に理由を伝えましょう。

お互いが気持ちよく納得できる理由を伝えることが大切です。

 

・退職後も連絡がとれるように

どんなに細かく引継ぎをしても、業務をしているうえで疑問点が出てくることはよくあります。

そのときに、退職者と連絡が取れなくなってしまっては後任者も困ってしまいます。

かならず連絡がとれるようにしておきましょう。

 

・育休、産休を取ってから退職するのはマナー違反です

育休や産休は、職場に復帰することを前提にとるものです。

たまに、育休や産休を目いっぱいとった後に退職するという話も聞きますが、当人はお得感満載かもしれませんが、会社からすれば印象は最悪です。

 

会社を辞める時期を考える

やっぱり、いつ辞めるのかを考えるのは大切ですね。

会社の迷惑にならない時期、そしてできるだけ妊娠生活、出産に影響のない時期に辞めましょう。

 

・多いのは出産4ヶ月前くらい

退職する時期として多いのは、出産4ヶ月前ほどです。

出産4ヶ月前というと、安定期に入ってこれからかなりお腹が大きくなってくるといった時期でしょうか。

 

・体調が悪ければもっと前でも

出産の4ヶ月前が多いとはいっても、妊娠中の体調は人によって様々ですよね。

人によっては、妊娠したことで体調がかなり悪くなって、仕事をこなすのもつらくなることがあります。

 

そんなときには、出産4ヶ月前と言わなくても早い段階で退職するのもありでしょう。

そうでなければ、会社に迷惑をかけてしまいますから、自分の体調には最大限に敏感になっておきましょう。

 

また、職場の環境は人によって違います。

体を動かしたり、座りっぱなしだったり、ストレスの溜まるような仕事の場合は、無理をしないようにしましょう。

 

・会社の繁忙期を避ける

ママの体調を考える必要もありますが、会社の忙しい時期を避けることも必要です。

会社によって繁忙期と閑散期は違いますよね。

繁忙期が分かっているならば、その時期は避けましょう。

 

忙しい時期に1人いなくなることだけが問題なのではなく、辞めるとなったらあいさつ回りなどの準備もあわただしくなって迷惑をかけてしまいます。

 

・出産ギリギリまで働く

先に書いたように、出産の42日以内に退職日を設定すると、退職するのであっても出産手当金がもらえます。

妊娠中の体調が良く、妊娠の経過も順調という場合には、出産ギリギリまで働いてもいいですね。

 

礼儀を忘れず、でもママと赤ちゃんの体調を一番に

これから出産するというママは、退職時にも損をしないようにしたいですね。ただ、これからお金がかかるとはいえ、そのことばかりではなくお世話になった会社への感謝や礼儀は忘れられません。

その中でも一番は、ママと赤ちゃんの体調だということを忘れてはいけませんね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

助成金・給付金に関する記事

妊娠中に確認!妊娠・出産で『もらえるお金』!制度と手続きまとめてチェック!

妊娠・出産、そして育児には意外とお金がかかります。赤ちゃんができて嬉しいけれ...

出産の助成金制度『出産手当金』は、『出産育児一時金』とどう違う?

産休中に仕事を休んでいて給与が出ない期間、生活を支える給付金として支給されるの...

助成金・給付金の体験談

妊娠・出産での途中退職は確定申告必須です![スムーズに進めるには]

産休・育休制度がない職場で働いていると、妊娠が発覚して辞めざるを得ないケースが多いと思います。 ...

出産費用は思ったよりも安かった

予定日超過、陣痛促進剤、無痛分娩、吸引分娩でしたが、思ったよりも安かったです。出産費用について妊娠の...

カラダノートひろば

助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る