カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 頻尿・尿漏れ >
  5. 妊婦がなりやすい膀胱炎…妊娠中に発症したらどうすれば?!赤ちゃんは大丈夫?

妊娠・出産

妊婦がなりやすい膀胱炎…妊娠中に発症したらどうすれば?!赤ちゃんは大丈夫?

4fc67fce6bf784357dd6b5ad94a51e75_s.jpg

もともと女性は男性よりも膀胱炎になりやすいです。

構造上、女性の方が尿管から細菌が入っていきやすいんですね。

 

その中でも、妊婦さんは特に膀胱炎になりやすいと言われています。

ただでさえ色々とつらい妊娠中に膀胱炎になると、よりつらくなってしまいますね。

 

妊娠中、どうして膀胱炎になるの?

そもそも膀胱炎というのは、尿管から膀胱の中に細菌が入ってしまうことで起こります。

膀胱の中で細菌が繁殖してしまって、粘膜に炎症が起こります。

なかでも最も多い原因細菌が、大腸菌で8割以上とされています。

 

妊娠中に尿培養で細菌の有無を調べることがありますが、この検査で約1割の妊婦さんに、細菌が検出されるとも言われています。

 

原因1:免疫力の低下

さて、妊婦さんが膀胱炎になりやすい原因ですが、そのひとつが免疫力の低下です。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化から、自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自律神経が乱れると、外から入ってくる細菌から守る免疫機能が低下します。

これによって、膀胱炎の原因になる細菌が入りやすく、膀胱の中で繁殖しやすくなってしまいます。

 

もし普段から膀胱炎などになりやすいという場合には、妊娠中は膀胱炎だけにとどまらないかもしれません。

場合によっては、膀胱炎だけでなくカンジダ膣炎や腎盂炎といったことにもつながりますので注意したいですね。

 

原因2:頻尿や残尿

妊娠すると、そもそも排尿にトラブルが生じることがあります。

1日に何度もトイレに行くくらい頻尿になったり、トイレに行った後も残尿感が残ったりしやすいです。

夜寝ているときもトイレに起きてしまうこともありますし、それでも実際にトイレに行ってもほとんど出ないこともあります。

 

実際に子宮の圧迫によって、膀胱の収縮がコントロールしにくくなり、残尿量が多くなることも原因としてあります。

この排尿の煩わしさから、トイレに行くのを我慢してしまって膀胱炎になることがあります。

トイレを我慢すると膀胱炎になるというのは、溜まった尿を出さないことで膀胱の中で細菌が繁殖してしまうために言います。

 

原因3:おりもの

妊娠するとおりものの状態が変化したり、おりものがいつもより多くなったりすることがあります。

つまり、外陰部が清潔でない状態になってしまうんですね。

 

こまめにショーツを取り換えて清潔に保てればいいのですが、そうもいかない時には清潔でない外陰部で細菌が繁殖してしまうことになります。

その細菌が尿道から膀胱に侵入するとで、膀胱炎を起こしてしまいます。

 

原因4:性行為

性行為の場合、外陰部に菌があるとそれを広げてしまうことになります。

そのことで尿道から侵入しやすくなってしまい、膀胱炎になりやすくなります。

また、清潔にせずに性行為をした場合には、手についた細菌が尿道に侵入することもあります。

 

妊娠中の膀胱炎…どんな症状が出るの?

実際、妊娠中に膀胱炎になるとどんな症状が出るのでしょうか?

基本的には普通の膀胱炎と変わりませんが、妊娠中ということもあり、不調を見逃しやすいこともあります。

 

・排尿後の違和感

軽い膀胱炎の場合にあるのが、排尿後の違和感です。

排尿の後にヒリヒリとした感じがしたり、ツンと染みるような不快感が生じます。

 

・排尿痛

進行してくると不快感から痛みに変わっていきます。

痛みの程度もだんだんと強くなっていきます。

 

・頻尿、残尿感

これは妊娠していることでも起こる症状ですが、膀胱炎によっても起こります。

 

・尿の混濁

症状が進むと尿の色が濁っていたり、血が混じったりといった症状が見られます。

特に膀胱炎だと尿は白っぽく濁ることが多いです。

 

・検査をして分かることもある

特に症状がないこともあります。

その場合、膀胱の中の細菌の数を調べて膀胱炎が発覚するケースもあります。

 

妊娠中の膀胱炎、対処法はある?

膀胱炎を発症した場合、初期であれば自然治癒の可能性も十分にあります。

そうなると、自分でどのように対処するかが大切になってきます。

 

・どんどん尿を出す

膀胱に尿が溜まっている状態では、そこで細菌がどんどん繁殖してしまって膀胱炎が進行してしまいます。

 

水やイオン飲料などを意識的にたくさん飲んだりして、たくさん尿が出るようにします。

たくさん尿を作ることは尿を薄めることにもつながりますから、細菌が繁殖しにくくなります。

 

また、尿意があったら我慢はしないで、こまめにトイレに行くことも重要です。

 

・痛みがあれば温める

膀胱のあたり、下腹部に違和感や痛みがある場合には、温めることでそれが緩和されることが多いです。

カイロや腹巻などをして患部を温めましょう。

 

・ショーツをこまめに替える

外陰部から細菌を入りこませないためには、外陰部を清潔に保つ必要があります。

とくにおりものが多い場合などは、こまめにショーツを取り換えたいですね。

 

通気性などを考えると、ショーツを取り換えるのが一番ですが、それではちょっと洗濯物が面倒だったり、ショーツの数が追い付かなくなったりします。

 

そのため、生理用のナプキンをつかったり、尿漏れ用のシートを使うと便利です。

今は通気性のいいものも売られていますので、なるべく質のいいものを選びたいですね。

これなら仕事をしていてもシートを変えるだけで済みますから楽で、現実的です。

 

妊婦さんの膀胱炎…治療法は?

細菌に対しての治療法というと、抗生物質が効きます。

けれど、妊娠中の体に抗生物質は大丈夫なのでしょうか?

 

・抗生物質はOK

妊娠中でも抗生物質の投与は大丈夫です。

膀胱炎に治療に使われる抗生物質であれば、赤ちゃんへの影響が少ないので産婦人科で処方されます。

 

抗生物質は、完全に細菌の数を減らすまで飲み続けなければいけません。

症状が無くなったからと言って飲むのをやめては、残った細菌がまた増殖していってしまいます。

必ず処方された分をしっかり飲み切るようにしましょう。

 

・漢方薬などが処方されることも

病院や症状によっては、漢方薬を処方されるかもしれません。

炎症がひどい場合には消炎剤が処方されることもあります。

いずれにしても、主治医の先生が処方してくれる薬ならば妊娠中でも大丈夫ということになります。

 

・早めに治療しなければNG

妊娠中の治療は、ママからすると赤ちゃんへの影響が気になってなかなか踏み切れないところもあるでしょう。

 

しかし、膀胱炎は放っておくと腎臓まで及ぶこともあります。

これで腎盂炎を起こしてしまえば、高熱を出して、薬を点滴で入れるなどしなければいけなくなるかもしれません。

そうなると再発の可能性も高くなり、定期的に再発予防の検査をしなければいけません。

 

妊娠中の膀胱炎…予防法はある?

もともと膀胱炎を発症したことがある人や、一度妊娠中に膀胱炎を発症して治療をしたという人は、きちんと予防することが大切です。

では、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

・水分摂取を十分に

膀胱に尿を長時間溜めておかないためにも、十分に水分摂取をするよう心がけましょう。

1日1.5~2Lが目安です。

 

・トイレにこまめにいく、我慢しない

こちらも膀胱に尿を溜めて細菌を繁殖させないために、こまめにトイレに行って排尿するようにします。

残尿感があるときには、時間をかけて膀胱を空にするようにしましょう。

場合によっては排尿後に数分時間をおいて、もう一度トイレに行くことも必要です。

 

・外陰部を清潔に保つ

ショーツが汚れたらこまめに替えるのもそうですが、通気性のいいコットンなどのショーツにすることもいいですね。

また、排泄後に外陰部を拭くときには、前から後ろに向かって拭きましょう。

これによって大腸菌などが尿路に入りにくくなります。

 

膀胱炎のことを考えれば、入浴は浴槽につかるよりもシャワーの方が安心です。

あるいは一番風呂に入って、最後はシャワーで流すようにしましょう。

 

・刺激を避ける

性行為の過度な刺激を避けることもそうですが、香り付きのトイレットペーパーや刺激の強い石けんも、外陰部の刺激になります。

 

・免疫力を高める

妊娠中は免疫力が落ちやすいですが、その中でも余計に免疫力を落とさないための工夫が必要です。

疲れをためないことや、ストレスを発散すること、食事をきちんと栄養価の高いものをとることや、適度な運動を心がけましょう。

 

膀胱炎は妊婦さんには多いこと。早めの相談を

膀胱炎というと、なんだかちょっとお医者さんに言うには恥ずかしいような気がするかもしれません。

けれど、妊婦さんには多いことですから特別ではありません。

 

膀胱炎そのものは赤ちゃんに影響ありませんが、ママがつらいですし、悪化させたくありませんから、早めにお医者さんに相談しましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頻尿・尿漏れに関する記事

妊娠中の尿漏れって私だけ?

 妊娠中、多くの妊婦さんが尿漏れを経験しています。 出産が近くなると、ます...

産前産後は骨盤底筋エクササイズで快適に!骨盤底筋の機能低下や機能異常に注意!

「産後は骨盤がゆがむ」とはよく聞く話ですが、骨盤周りに起こるのは骨盤の歪みだ...

頻尿・尿漏れの体験談

トイレが近くて困ってます!妊娠中の頻尿

妊娠してから困っていることの一つに頻尿があります。 わたしの場合は妊娠3ヶ月くらいから気になり始め...

妊娠中のおりもの、頻尿、失禁、動悸、息切れ…私が経験した症状

妊娠すると、今までに感じたことのなかった症状が出てきます。 実際に私に起こった症状を書いていきます...

カラダノートひろば

頻尿・尿漏れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る