カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 妊婦は牛乳を飲んでも大丈夫?やっぱり気になるアレルギー!摂取量の制限は?

妊娠・出産

妊婦は牛乳を飲んでも大丈夫?やっぱり気になるアレルギー!摂取量の制限は?

649b422aca8bb617b03ea2ae66d53b79_s.jpg

妊婦さんはお刺身をはじめとして、食べるものに気を使いますよね。

自分が食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養になると思うと、やっぱり口にするものには気を使ってしまいます。

 

さて、では牛乳はどうでしょうか?

牛乳はアレルギーを持っている人もいますが、赤ちゃんにその影響が出てしまうのでしょうか?

 

妊婦さんは牛乳を飲んでもいいの?

もちろん牛乳はたんぱく源としても大事ですし、栄養豊富で妊娠中の栄養摂取には優秀なように思えます。

こんな牛乳は、妊婦さんが飲んでも問題ないのでしょうか?

 

・子どもがアレルギーになる!?

昔は妊婦さんが牛乳を飲むと、生まれてくる子どもがアレルギーになると言われていました。

しかし、これは何の関係もないということが分かっています。

 

妊娠中に牛乳を飲んだからと言って、お腹の中の赤ちゃんが牛乳アレルギーになるということはありません。

ママ自身が牛乳のアレルギーを持っていなければ、牛乳を飲んでも問題ないでしょう。

 

・妊娠期間いつでも大丈夫

特に妊娠の初期だと、流産のリスクが高いので、食べるものに敏感になってしまいがちです。

しかし、妊娠初期であっても妊娠後期であっても、妊婦さんが牛乳を飲むことに問題はないようです。

 

妊婦さんが飲んでもいい牛乳の量はどれくらい?

妊婦さんでも牛乳を飲んでも大丈夫ということで、では、妊婦さんが飲んでもいい量はどれくらいでしょうか?

 

・200~400ml程度

1日に飲む量としては、200ml~400mlくらいとされています。

コップ1杯~2杯程度ですね。

だいたいはコップ1杯がいいですが、摂取したとしても400mlくらいにとどめておくと考えておいた方がいいでしょう。

 

・いっぱい飲めば、それだけ良いわけではないの?

牛乳にはカルシウムをはじめとして、マグネシウムなどの栄養素も豊富に含まれています。

例えば、つわりであまり食事が摂れないというときには、栄養素が豊富な牛乳は役に立ちます。

偏りがちになってしまっている栄養素のバランスを整えてくれるのです。

 

これならいくらでも牛乳を飲んでもいいのでは?と思うかもしれませんが、栄養が豊富であるがゆえに、カロリーも高くなってしまうので、飲み過ぎには注意です。

 

妊娠中に牛乳を飲む、メリット&デメリット

妊婦さんが牛乳を飲むことに、メリットやデメリットはあるのでしょうか?

 

・妊婦さんにとっての牛乳のメリット

妊娠中の妊婦さんはカルシウムが不足しやすくなります。

そもそもカルシウムは、普段の状態でも吸収しにくく不足しがちな栄養素です。

 

これが妊婦さんになると、ママが摂取したカルシウムは積極的にお腹の中の赤ちゃんの方に運ばれて行ってしまいます。

カルシウムはママの体にも必要なものであり、お腹の赤ちゃんが成長してくのにも必要なものです。

 

そのため、妊娠中は特に不足が起こりやすいママのためにカルシウムを摂るべきです。

もし不足すると、ママの骨や歯がもろくなってしまう可能性もあります。

お腹の赤ちゃんに不足が起これば、骨格を形成できない可能性もあります。

 

具体的な数字で言うと、成人の場合、カルシウムが1日600mg必要なのに対して、妊婦さんは900mg必要です。

牛乳に100mlに含まれるカルシウムは110mgくらいですから、牛乳を飲むことで多くのカルシウムをカバーできますね。

もちろん他の足りない部分は、小魚など食事の中で補わなければいけません。

 

・妊婦さんにとっての牛乳のデメリット

妊婦さんが気にしたいのは、牛乳に含まれる脂質です。

妊婦さんはたくさんの栄養を摂取しなければいけませんが、体重増加が気になるところですよね。

妊婦さんの体重は増えていくものですが、増えすぎるとお医者さんに注意されます。

 

これは、体重が増えすぎることで高血圧の状態になって、ママ・胎児ともに危険な状態になってしまうことが一つあります。

また、産道の周りに脂肪がたくさんついてしまうと、赤ちゃんも出にくくなってしまい、出産に時間がかかってしまします。

 

ちなみに、妊婦さんが1日に摂取する脂質の目安というのが約55gです。

これに対して、牛乳100mlに含まれる脂質は3.8gくらいです。

コップ1杯を200mlとすれば、7.6gを摂取することになります。

牛乳以外の食事からも脂質を摂取することを考えれば、飲み物にしては多めの脂質ということになります。

 

・脂質が気になるなら低脂肪乳でも!

低脂肪乳は、牛乳に含まれる乳脂肪分を一定以下の量におさえたものです。

スーパーには、普通の牛乳の他に低脂肪乳も置かれていますよね。

もし脂質が気になるならば、低脂肪乳を選んでもいいでしょう。

 

ただし、低脂肪乳に関しては、胎児に対してあまり良くないという意見もあるようです。

というのも、乳脂肪分の中には脂溶性ビタミンである、ビタミンD、E、K、Aが含まれています。

この脂溶性ビタミンの中の、ビタミンAとビタミンDが赤ちゃんの免疫に関与していて、これを減らしてしまうことで、胎児の免疫機能に影響が出てしまうというのです。

 

ただ、これらのビタミンA、ビタミンDは牛乳からだけ摂っているものでもありません。

また、摂りすぎもよくない栄養素ですので、きちんとバランスよく、食事からもこれらの栄養を摂るようにする必要はありそうです。

 

これに注意!牛乳を飲んでも胎児への影響はホントにないの?

牛乳を飲むことで、胎児に悪影響が及ぶということはないでしょう。

妊娠中に牛乳を飲み過ぎてしまったから、子どもが牛乳アレルギーになった!ということはないようです。

 

・親(ママパパ)がアレルギーの場合は気をつけて

しかし、気をつけてほしいのは、自身がアレルギーを持っているママです。

あるいはパパの方にアレルギーがある場合も、気をつけなければいけません。

 

アレルギーの発症は、特定の物をたくさん食べたからというよりも、遺伝の要因が大きいとされています。

もちろん、遺伝によってアレルギーそのものが子どもに引き継がれるわけではありません。

アレルギーを発症しやすい体質が引き継がれるのです。

 

そのため、牛乳を飲むことによって発症のスイッチを押してしまう可能性は残ります。

 

・特に気をつけるべき妊娠後期

お腹の中の赤ちゃんにアレルギーの抗体(IgE抗体)がつくられ始めるのは、妊娠後期からと言われています。

この妊娠後期という時期になったら、ママパパのどちらか、あるいは両方がアレルギーを持っているという場合には注意してください。

 

お腹の中の赤ちゃんのアレルギー発症に関する考え方は、国や医師、病院によっても違ってきます。

ですが、日本ではアレルギーリスクの高い家系においては、「妊娠8ヶ月以降は、アレルゲンになりやすい食品の偏った過剰摂取を避け(特に特定の食品にアレルギーを持っている兄弟、姉妹がいる場合はそのアレルゲン食品)、バランスよく食品を摂取する指導」を行っています。

 

もし、ママ・パパや近い肉親に牛乳のアレルギーを持っている人がいる場合には、妊娠後期の牛乳の過剰摂取は控えましょう。

その場合には、まったく飲まないのではなく、1日コップ1杯くらいの牛乳にとどめておいたほうがいいですね。

 

妊娠中は牛乳アレルギーに慎重になりたい

基本的に、妊娠中に牛乳を飲むことは問題なさそう、むしろその栄養の豊富さから進んで飲むべきかもしれません。

しかしながら、やっぱり遺伝としての牛乳アレルギーが気になる場合には慎重にならないといけません。

 

主治医の先生と相談しながら、時にはママの意志もきちんと伝えながら、妊娠中にお腹の中の赤ちゃんにできることをやってあげたいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

増加する「E型肝炎ウイルス感染」、妊娠中の肉の生焼け摂取に注意を!

最近の国立感染症研究所の調査によれば、主に獣肉の生食で感染する可能性のある「E型...

母体の腸内細菌と子の発達障害には関連性がある?プロバイオティクスの効果的な摂り方

近年、米オンライン科学誌プロスワンに福井大学の「母体の腸内細菌叢と子の発達障害...

注意点の体験談

気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!!

妊娠中にはつわりでほとんどの食べ物を受け付けなくなる人もいれば、反対にとっても食欲が湧いてくる人も。...

妊娠中のうっかり食べ物!胎児に影響がある生肉・・トキソプラズマ

妊娠中は控えた方が良い食べものっていくつかあります。分かっていたのになぜかうっかり食べてしまった物も...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る