カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. つわり >
  5. つわりのピークっていつ来るの?いつ終わる?!ピーク時の症状・ラクになる方法は?

妊娠・出産

つわりのピークっていつ来るの?いつ終わる?!ピーク時の症状・ラクになる方法は?

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s.jpg

つわりの症状が重い妊婦さんは特に、「つわりはいつまで続くの?」「今がピーク?それとも今よりつらくなっていくの?」と気になってしまうと思います。

 

もちろんつわりには終わりが来ますが、妊娠中だとその終わりがなかなか見えないのでつらいですね。

 

妊娠中のつわり、ピークっていつ頃に来るの?

つわりが一番重い、つらいときは一体いつなのでしょうか?

もちろんつわりには個人差があり、つわりが重い人もいれば、全くつわりなんてないよという人もいます。

個人差はあるとわかっていても、やっぱり目安を知りたいですね。

 

・つわりはいつから始まる?

食欲がなかったり、吐いてしまったり、逆に食べないと気持ち悪くなったり…というような症状がつわりにはあります。

 

このつわりの症状が最初にあるのは、妊娠6週の3日目あたりを中心に、前後1週間と5日くらいとされているそうです。

はやい人ならば、妊娠の4週目あたりでつわりが始まるということですね。

 

・つわりのピークはいつ頃?

では、このつわりのピークはいつ頃になるのでしょうか?

もちろん個人差がありますが、平均的なつわりのピークの時期としては、妊娠8~11週頃とされています。

最後の月経開始から約2ヶ月経ったくらいのときです。

 

この時期からだんだんと吐き気の回数や程度がおさまっていき、つわりが終わっていきます。

ただ、つわりがはやく始まったから、早くピークを迎えて早く終わるということでもありません。

つわりの期間にも個人差があります。

 

なぜ、この時期に悪阻のピークがくるのか?

妊娠8~11週というのは、ママの体の中ではどんな変化が起きているときなのでしょうか?

 

妊娠すると、ママの体の中で色々な変化が起きています。

その中でも、赤ちゃんが育っていくために欠かせない胎盤の形成は重要です。

 

妊娠するとこの胎盤がつくられるのですが、胎盤では色々なホルモンや物質が作られています。

ママからもらった栄養もとり入れられ、大きくなっていきます。

この胎盤の成長率が、妊娠の初期が一番大きいんです。

 

ですから、胎盤が急速に大きくなっているこの時期が、最もホルモン生成などの働きが活発になっています。

そして、胎盤の急成長が最も激しいのが妊娠8~11週頃なんですね。

その時期につわりの症状がもっとも強くなると考えられているようです。

 

つわりがピークに…その時期の症状って?

ピークの時期がわかると、ちょっと心に余裕ができるかもしれません。

けれど、まだピークの時期に差し掛かっていない人は不安にもなるかもしれません。

 

・吐き気や嘔吐が頻繁

・吐きすぎて喉が痛い

つわりの症状として、吐き気や嘔吐というのはよくありますよね。

つわり症状がピークの時期になると、吐き気や嘔吐の頻度が激しくなることがあります。

1日の多くをトイレで過ごすなんてこともあるようです。

また、ひどい吐き気や嘔吐で喉が痛くなるなんてこともあります。

 

さらに嘔吐がひどい場合には、つわりの症状が悪化して「妊娠悪阻」といった症状になることもあります。

この場合、脱水や栄養代謝障害などを起こしているので、適切な治療が必要になります。

重症化してしまうと合併症を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

 

・食事ができない

食欲が減退したり、ごはんのにおいがダメになってしまったりするつわり症状があります。

これがピークのときになると、ほとんど食べられないことがあります。

 

その一方で、胃の中にまったく食べ物が入っていないと、それはそれでつわりの症状がひどくなることも多いです。

 

・睡眠障害

つわり症状がピークになると、眠れなかったり、逆に眠気が襲ってきたリすることがあります。

お手洗いが近くなって、夜ぐっすり眠れないこともあります。

 

これは、妊娠に対する精神的な要因も関係しているようですし、つわり症状に疲れてしまってストレスが溜まっているということもあります。

 

・一日中家で何もできない

だるくてだるくて仕方がないといった倦怠感も、つわり症状のひとつです。

単にぼーっとしてしまったり、何もしたくなかったり、人と会うのが億劫になったりします。

 

・情緒不安定になる

女性ホルモンの影響でイライラしやすくなることがあります。

単に自分の中でだけイライラがあるだけでなく、時には旦那さんなどにあたってしまうなんてこともあります。

 

妊娠中のつわり…少しでも軽くする方法ってないの?

つわりのピークの時期が分かっているのなら、それを少しでも軽くする方法を知っていたいですよね。

つわりの症状はそれぞれで、それぞれの症状に症状を引き起こすきっかけが少なからずあります。

そこをおさえられると、ピーク時の症状を少しは軽減できます。

 

・朝にすぐに口に入れられるものを用意しておく

朝の起き抜けは胃の中が空っぽで、つわりの症状が強く出やすいです。

そのため、寝る前に枕元に軽く口の中に入れられるものを用意しておいて、起きてから食べるとつわり症状が重くなるのを防げます。

 

・吐き気を引き起こす食材を控える

食べた後に吐いてしまうときには、食べるものに注意しましょう。

特に油っぽいものは吐き気を悪化させやすいですから、控えめにします。

その他自分のつわり症状を悪化させるようなものは、覚えておいて控えます。

 

・睡眠を中心としたスケジュールを立てる

どうしても眠れないのならば、睡眠を中心に行動スケジュールをたててみましょう。

日中の運動から始まって、お風呂に浸かる時間や夕食を食べる時間など、スケジュール通りにするといつもより眠れるかもしれません。

 

・しっかりしなくてはと思わない

だるくて何もできない場合、逆に「しっかりしなければ!」と気合を入れる人もいると思います。

しかし、がんばりすぎると余計に疲れてしまって動けなくなってしまうこともあります。

だるいのは怠けているのではなく、妊娠の一時的な症状です。

割り切ってリラックスして過ごすようにしましょう。

 

・漢方薬やアロマを試してみる

漢方薬というのは、体調を整える力を持っていて、妊娠中でも飲めるものもあります。

症状によって効く漢方薬も違いますので、専門家に相談してみてもいいですね。

リラックスするときにアロマを使ってみてもいいですが、中には妊娠中には好ましくない精油もあるようですから注意しましょう。

 

妊娠中のつわりは、いつ終わる?

つわりのピークは8~11週と紹介しましたが、やっぱりつわりのピークがどれくらい続くのか?もとても大きな問題です。

 

多くの人が感じる、ピークを過ぎてつわりが終わったと感じるのは、妊娠12~17週が多いようです。

けれどやはり個人差があり、7週目がピークだったけど8週目から徐々に症状が落ち着いていったという、ピークが短いケースもあります。

逆にピークの期間が長い人もいて、その場合には疲労もストレスもたまりますから体調管理が必要です。

 

さらにはピークが来ないケースもあります。

ずっと平均して同じようなつわりがあって、12~17週くらいでつわりが終わるというケースです。

 

ピークの迎え方も様々ですが、ほとんどの場合つわりは終わりますから、その時はしっかりと体を休めてリラックスしてあげてください。

 

妊婦さんのつらい悪阻、とくにピーク時はムリをしない

つわり自体が重いとどうしても、妊婦さんの体力や精神力を奪っていきます。

ですから、つわりのピークに差し掛かっていると感じたら、絶対に無理をしてはいけません。

 

妊娠初期は特に体重の管理や食生活、ストレスコントロールに頑張っている妊婦さんもいると思います。

つわりがつらければ、あまり細かいことは気にせずに、過ごしやすさを優先させましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

つわりに関する記事

妊娠を実感する最初の症状!「つわり」が始まった時の対処方法

  つわりはほとんどの妊婦さんに起こる、妊娠を実感する最初の症状です。つわ...

妊娠したけど悪阻がない…これって大丈夫?赤ちゃんへの影響は?注意が必要な場合とは?

妊娠初期に悩まされる、つわり… 人によっては一日中動けないくらいのつわりに...

つわりの体験談

つわりのタイプは三人三様

妊娠がわかって、やったー!!と喜んでいたらはじまるのが、つわり。 3人妊娠中、つわりのタイプはそれ...

1人目と2人目で悪阻に違いはあるの?

1人目と2人目で悪阻に違いがあるの? 男の子と女の子では違いがあるの? 男の子と女の子1人ず...

カラダノートひろば

つわりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る