カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. 知らなかったでは遅い!授乳中に使ってはいけない湿布もある!気になる赤ちゃんへの影響は?

育児・子供の病気

知らなかったでは遅い!授乳中に使ってはいけない湿布もある!気になる赤ちゃんへの影響は?

2f8bdf71d73356dee3f8f6e958d38534_s.jpg

普段の生活の中では特に気にしないことであっても、授乳中だといちいち「これって大丈夫?」と気になってしまいます。

湿布をただ1枚貼るのであっても、「この湿布が赤ちゃんに影響することはないだろうか?」と考えてしまいます。

 

授乳中は湿布を貼っても大丈夫?

授乳中、育児中はいつも以上に湿布を使いたい場面が増えます。

赤ちゃんを持っている手は腱鞘炎になることもありますし、抱っこやおんぶをしていると腰も痛くなりますし、肩も凝ります。

そんなときに湿布を使っても大丈夫なのでしょうか?

 

・意見が分かれるところ

授乳中の湿布の使用に関しては、お医者さんの意見も分かれるとことがあるようです。

湿布は皮膚に貼るものですから、体の外から影響のあるものでほとんど関係ないのでは?と思うところもあるでしょう。

 

・母乳は血液からつくられるもの

そもそも母乳は血液からできています。

そう考えると、飲み薬に比べて湿布の場合は、血液に入り込む薬の量は圧倒的に少ないので、使っても問題ないようにも思います。

そういうお医者さんの意見も確かにあります。

 

・意見が分かれるからこそ、お医者さんに確認を

例えば腱鞘炎になって、お医者さんに行ったときには必ず授乳中であることを伝えるべきです。

その時のお医者さんの考えをしっかりと聞いておきましょう。

聞いたうえで最終的に使用するかしないかは、自分で判断してもいいですね。

 

腱鞘炎や腰痛ぐらいならば、家に残っている湿布を使ったり、市販の湿布を使ってしまうかもしれません。

けれど、授乳中に限っては、お医者さんにかかる方が安心です。

市販の湿布を使う時には、きちんと取り扱い説明書を読み、場合によっては薬剤師さんのいる薬局で相談に乗ってもらうといいでしょう。

 

一番気になるのが、赤ちゃんへの影響

結局気になるとことは、赤ちゃんへの影響です。

ママが湿布を使うことで、赤ちゃんへはどんな影響が考えられるのでしょうか?

 

・基本的にはほとんど影響なし

湿布から母乳の素となる血液にその成分が流れ込むのは、ごく少量だと言われています。

その中からさらに母乳にその成分が入りこむのは、もっと少なくなります。

そう考えると、絶対に湿布は貼ってはいけない!とか湿布を貼っているときは授乳をストップしなければダメ!ということはなさそうです。

 

・それでも貼っている時間などは気にしないとダメ

ほとんど母乳の中に湿布の成分は流れ込まないとはいっても、長時間貼りっぱなしにしていれば、多くの成分が流れ込んでしまう可能性もあります。

ですから、ほとんど心配ないといっても、長時間の使用は注意しなければいけないかもしれません。

 

授乳中でも使ってOKな湿布、NGな湿布は?

湿布と一言でいっても、すべて同じではなく色々と種類があります。

整骨院などでは手作りのような湿布をつかっているところもあります。

そのすべての湿布が使っても大丈夫というわけではありません。

どんな湿布なら使ってもOKか、NGかを知っておきましょう。

 

・授乳中でも使っていい湿布の分類は「第三類」

湿布だけでなく、医薬品には分類があります。

それが、「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」この違いです。

これは湿布にもこの記載があります。

 

第一類医薬品:NG

第二類医薬品:使用はやめた方がいい

第三類医薬品:使用できるものもある

 

こういった分類が説明書きのところに書いてあるはずです。

これを見ると、授乳中に使うのならば、第一類と第二類の湿布はやめた方がいいですね。

市販の湿布を購入するときには授乳中であることを伝えて、薬剤師さんに第三類医薬品になっている湿布を選んでもらいましょう。

 

・分類ごとの湿布

第一類、第二類、第三類それぞれに分類される湿布の種類をご紹介します。

 

第一類:フェイタスZ、ジクロテクト、ボルタレンAC、ジクロテクトテープ

第二類:フェイタス、パテックスフェルビナスター、サロンパスEX

第三類;サロンパスAe、アンメルツヨコヨコ、腰痛パテックス

 

このような商品がありますので、参考にしてみてください。

ママによっては、できるだけ赤ちゃんのリスクは増やしたくないと強く思うでしょう。

けれど、医師によっては第二類の湿布でも推奨することがあります。

そこの考え方はそれぞれでバラつきがありますから、それをわかった上で最終的にはママが判断しましょう。

 

具体的な湿布を見てみよう!

では、一般的な湿布の中で、授乳中のママが使えるか使えないかを見てみましょう。

病院で処方してもらうものだとしても、お医者さんによって考えが違いますから、ママ自身が具体的に知っておいた方が安心です。

 

・ロキソニンテープ

病院で処方してもらう張り薬です。

これは、湿布の中でも吸収がいいと言われているので、血中への成分の流れ込む量が多くなってしまいます。

飲み薬に比べると少ないとはいえ、薬用成分が母乳へ移行することも確認されています。

もちろんその分湿布としての効果が高いわけですが、その効果と授乳への危険性を比べた上で、効果の方が上回るのなら使ってもいいとされています。

 

・モーラステープ

こちらの使用はNGです。

厚生労働省から、妊娠中の羊水減少、胎児の動脈管収縮などの事例が報告されています。

動脈管は心臓につながる血管で、これが収縮するので胎児に肺高血圧症が起こる可能性があるとされています。

授乳中も使用は禁止されています。

 

・サロンパス

市販でも購入できる張り薬です。

第三類医薬品に分類されるので、授乳中でも使用して問題ありません。

ただし、サロンパスは全部大丈夫ということではありません。

サロンパスの中でもいくつか種類がありますから、その点を気をつけてください。

サロンパスEXは第三類医薬品に分類されています。

購入するものの分類をきちんと確認し、できれば薬剤師さんなどにも確認した上で購入してください。

 

・インドメタシン

こちらの使用はお勧めできません。

妊娠中に使用すると胎児への影響があると報告されています。

授乳中で短時間の使用であれば問題ないとされていますが、あまりお勧めはできません。

 

湿布の注意点

授乳中に湿布を貼るのなら、種類だけでなく使い方にもちょっと注意するといいでしょう。

では、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

 

・赤ちゃんの口に入る場所はNG

湿布を貼る位置には気をつけましょう。

湿布にはジクロフェナクというアレルギーを起こす成分が含まれています。

 

これが、赤ちゃんの口に触れないようにしてあげましょう。

胸はもちろんのこと、肩など赤ちゃんの口が触れる場所には貼らないようにします。

肩は赤ちゃんをゲップさせるときに赤ちゃんの顔を肩に乗せたりしますので、避けた方がいいでしょう。

単純に赤ちゃんは湿布の臭いを嫌がることもあります。

 

・貼るタイミングも重要

直前まで湿布を貼っていると、赤ちゃんがその匂いを嫌がることもあります。

ですから、貼るならば授乳後のタイミングで貼り、授乳よりも前にとる方がいいです。

さらに、寝ているときも貼らないようにしましょう。

眠っている間に湿布がはがれて赤ちゃんについてしまったということもあります。

ママが湿布を触った後には、そのまま赤ちゃんの目や顔を触らないように気をつけましょう。

 

・皮膚トラブルに注意

授乳中は肌が敏感になっているので、皮膚トラブルも多くなります。

そうでなくても、湿布を貼ると肌がかぶれたりしますよね。

授乳中はなおさらですから、長時間貼ったままにしたりするとトラブルが起きやすくなりますので気をつけましょう。

 

・強い湿布ほど副作用が強いので注意!

基本的に強い効果の湿布ほど、赤ちゃんへの副作用やママへの副作用が起こる可能性が高くなります。

痛みを伴っているとどうしても強い効果がほしくなりますが、その反動はよく考えておかなければいけません。

 

モーラステープなどは、途中から妊婦や授乳中に影響があると判明しました。

このように、それまでOKでも途中からNGになるものもあります。

赤ちゃんを守れるのはママパパですから、最終的には赤ちゃんのための判断をしたいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

授乳中の悩みって?授乳の良さってなんだろう

  大好きな赤ちゃんとの授乳タイム。でも、乳腺炎や授乳中の痛みなど、悩みは尽きま...

パソコンは子供専用?親と共有?それぞれの注意点

子供がパソコンを使い始めた場合は、だいたいの場合親が使っているパソコンを使うの...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る