カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏風邪の予防には「口腔・胃腸粘膜」の強化がカギ!粘膜を強化する4つの夏食材とは?

健康診断・健康管理

夏風邪の予防には「口腔・胃腸粘膜」の強化がカギ!粘膜を強化する4つの夏食材とは?

seaweed-1129226_640.jpg夏場は、ほかに季節に比べて免疫力が低下する傾向にあります。また冷えた飲み物やエアコンなどで体を冷やす機会が多くなると、より風邪を引きやすい状況になってしまいます。

 

感染を促進させてしまう主な原因は、これらによって口腔粘膜の乾燥や胃腸粘膜の防御が低下するためであるとも言われています。

 

テレビ番組「主治医の見つかる診療所」では、口腔・腸・胃の粘膜バリアを強化して夏風邪を予防する食材が紹介されました。以下ではこの詳細について見て行きたいと思います。

 

「こぶ茶」「唾液腺マッサージ」が口腔粘膜防御を強化

獨協医科大学病院の武川寛樹医師の解説によれば、外部から口腔内に入り込む細菌やウイルスを防御するためには、口腔粘膜強化や唾液を増加させることが重要と述べられていました。

 

「こぶ茶(昆布茶)」「唾液腺マッサージ」はこれらを改善する効果があるとして推奨されています。

 

■こぶ茶

昆布に含まれる旨味成分「グルタミン酸」を摂取すると、脳が「食事をした」と錯覚し、唾液を分泌させる効果があるようです。1日1~2杯を目安に、喉が渇いた時に飲むようにします。

 

■唾液腺マッサージ

耳の下側にある耳下腺と、あごの下側にある顎下腺をそれぞれ4~5回マッサージする事により、唾液を適度に分泌できるということです(あまり強くやり過ぎないように注意しましょう)。

 

「レンコン」「サツマイモ」が腸の粘膜防御を強化

近年の研究では、腸の機能改善が、身体全体の免疫をアップさせることに繋がっていることが明らかになっています。

 

小腸には全身の6割程度の免疫細胞が集まっており、また大腸に存在する腸内細菌も免疫細胞を誘導する因子などを生み出す力を持つことが分かっています。

 

番組内では、大阪薬科大学の和合治久教授と理化学研究所の辨野義己博士によって、腸の粘膜バリアを厚くし、蠕動運動を強化する機能のある野菜(レンコン・サツマイモ)が紹介されました。

■夏に収穫されるレンコン(新レンコン)

レンコンに含まれる「ムチン」という成分は、口や腸などの粘膜の表面を覆っている粘液に多く含まれる成分と同じもので、これを補給することで腸粘膜の改善が期待できるようです。

 

ムチンは生の状態に多く含まれており、生に近い状態で食べられる「新レンコン」が良いとされています。

 

□新レンコンから「ムチン」を効果的に摂る為のポイント

1)アク抜きをし過ぎない

長時間水につけると、ムチンが溶け出してしまうので、短めにアク抜きを行います。

2)火を通しすぎない

また、ムチンは熱に弱い為、火を通し過ぎない様に注意しましょう。

3)乾燥パウダーにする方法も

レンコンを皮付きのまま、数ミリの厚さで輪切りにし、2~3日天日干した後、フードプロセッサなどで砕いて粉にすれば完成です。毎日の料理に少しずつ摂取できます。

 

■サツマイモに含まれる「食物繊維」と「ヤラピン」

また、腸内環境を整えると善玉腸内細菌が増える傾向にあります。腸内環境を整える上で重要なのが、古くなって剥がれた腸の粘膜をスムーズに排出することです。番組では、「サツマイモ」が有効として紹介されていました。

 

サツマイモには水溶性食物繊維(腸内細菌の餌)と不溶性食物繊維(便の排出を促す)が両方含まれており、また皮近くに含まれる「ヤラピン」にも粘膜バリアを助け腸のぜん動運動を促す働きもあると述べられています。

 

「明日葉」が胃の粘膜防御を強化

また、夏風邪は上気道だけでなく胃腸粘膜においても増殖を行うエンテロウイルス感染の可能性があるため、口腔粘膜と同じように胃腸粘膜を強化することも重要です。

 

番組内では、大阪薬科大学の馬場きみ江教授の解説で、「明日葉」に含まれる「カルコン」という成分が胃酸分泌抑制によって胃粘膜を強める働きがあると述べられていました。

明日葉は少し味に癖のある野菜ですが、以下のような方法で美味しく食べられるようです。

■明日葉の調理例

・てんぷら

・炒飯(ごま油で特有のクセを消す)

・スイーツ(ミキサーで豆乳と混ぜ、その後ゼラチンによってムースを作る等)

 

このように、比較的身近な食材で、夏の疲れた身体を強化することができるようです。夏バテ気味の方は、風邪の兆候が見られる前に一度試されてみてはいかがでしょうか?

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

夏の車の運転はまぶしい!そのまぶしさには普通のサングラスではなく、偏光レンズがおススメ

  日差しの強い夏場での車の運転というのは、日差しのまぶしさから困難を感じる人も...

夏疲れを食べ物で撃退!お勧めの食べ物と控えたい食べ物とは?

夏疲れの中でも深刻なのが、食欲不振や胃腸機能の低下など食事にまつわる症状です。...


夏本番までに知っておきたい「紫外線から眼障害を予防する5項目」、強いダメージが角膜炎に

米国では米国眼科学会(AAO)が、7月を「紫外線安全月間(UV safety m...

クレオパトラも愛した!?夏疲れ解消には、効果的な栄養がつまったハイビスカスティーがいい!

夏の花、ハイビスカスは観賞用以外にも食用としても用いられることがあります。代表...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る