カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 基礎知識 >
  6. 出産の痛みが怖い!どのくらい痛いの?和らげる方法を知りたい!

妊娠・出産

出産の痛みが怖い!どのくらい痛いの?和らげる方法を知りたい!

bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s(2).jp

お産は日本ではよく「鼻からスイカ」と言われますよね。

「男性だったら耐えられない」なんて言われることもあります。

これから出産を控えている女性にとっては「自分はその痛みに耐えられるのだろうか…」と大きな不安になっているかもしれません。

 

出産に関する痛みの種類

出産に際して起こる痛みは、生まれるときの痛みだけではありません。

出産前から出産後までいくつかの痛みがあります。

 

・前駆陣痛の痛み

妊娠後期になると起こるのが前駆陣痛です。

この前駆陣痛は本陣痛の準備とも言われ、これが起こったからと言ってすぐに出産まで至るということではありません。

 

陣痛のように腹部に痛みを感じるようになりますが、本陣痛との違いは痛みが不規則に起こることです。

また、個人差も大きくこの前駆陣痛を感じなかったり、気づかなかったりするケースもあります。

 

・本陣痛

こちらの本陣痛が起こると、いよいよ出産が近いということになります。

本陣痛は間隔が規則的なことが特徴です。

徐々に痛みは強くなっていき、1時間に6回以上、つまり10分以内の間隔で陣痛を繰り返すようになれば本陣痛となります。

 

これは、胎児を押し出すために徐々に子宮が収縮していくことで起こる痛みです。

基本的な流れとしては、陣痛の強度と頻度が徐々に増していき、破水し、数時間して分娩に至ります。

 

・出産の痛み

子宮口が全開になったら、いよいよ本格的に出産ということになっていきます。

出産に向けて痛みも強くなっていき、いよいよ出産時の痛みとなります。

すんなりと生まれることもありますが、出産時の痛みで気絶するなんて話もあります。

 

・会陰切開の痛み

人によりますが、なかなか赤ちゃんが出てこないと出口の部分を切る会陰切開をすることがあります。

実際に切られるときに痛いと感じるよりは、産後に痛みを感じる人が多いようです。

 

出産時は切開をされても、お産の痛みの方で手一杯というママが多いようです。

ただ産後はあまりにも痛みがひどければ、痛み止めをもらうこともできますよ。

 

・後陣痛の痛み

出産後の子宮は収縮して妊娠前の状態に戻ろうとしていきます。

約半年かけて妊娠前の状態まで戻るのですが、産後の動きが一番激しいです。

子宮が大きく収縮することで、痛みを感じます。

あまりにもこの痛みがひどければ痛み止めを服用することもできます。

 

陣痛~出産までの時期別の痛み

こちらでは、陣痛から出産までの痛みを具体的に説明していきます。

自宅などで本陣痛の初期が終わると、いよいよ病院へ向かいます。

 

・分娩第一期の痛み

分娩第一期は開口期とも言い、規則的な陣痛が始まってから子宮口が全開になるまでの間を言います。

このうち子宮口が3~4センチの初期段階では、陣痛が5~10分間隔に、30~60秒くらいの陣痛が起こります。

痛みの強さは動けないほどではなく、痛みがないときには気持ちの余裕があります。

 

少し進むと一気に子宮口の拡大が進み、子宮口は4~10センチになります。

この時には赤ちゃんがママの骨盤に入ってくるので、腰回りに割れるような痛みが起こることがあります。

 

・分娩第二期の痛み

これは子宮口が全開になってから赤ちゃんが分娩されるまでの期間です。

産道を赤ちゃんが通るので、股が避けるような激しい痛みを感じます。

だた、出産時にはホルモンの分泌によって痛みを感じにくくなっているとも言われます。

そのため、意外に想像していたよりも痛みが少なかったというママも多くいます。

 

・分娩第三期の痛み

出産を終えてから胎盤が出るまでの間をいいます。

赤ちゃんが分娩されると子宮の収縮は一度おさまります。

しかし、その後再び強い収縮が再開します。

このときに、不要になった胎盤などを外へ押し出すんですね。

 

これが数分~30分程度で完了します。

このときも子宮が収縮して痛みがあるはずなのですが、ほとんどのママは痛みを感じないか、軽い痛みしか感じません。

 

・分娩第四期の痛み

分娩を終えても2時間ほどは分娩室で過ごします。

この間が分娩第四期と言われるのですが、この時間は異常出血が起こる可能性があります。

産道が傷ついていたらそこから出血する可能性がありますし、収縮した子宮が一度弛緩するのでその動きで出血することもあります。

傷を縫ったり洗浄したりしたら安静にするようにします。

 

このときにはあまり痛みなどはないでしょうが、何か異常を感じたら直ちに医師や看護師さんに知らせましょう。

 

痛みの緩和方法ってあるの?

痛いとわかっていても、どうしても痛みを和らげたいのが本音だと思います。

どうしても痛いのが嫌であれば無痛分娩という選択肢もありますが、日本だとあまり選択する人がいません。

では、出産の痛みはどうしたら和らげられるのでしょう?

 

・陣痛前から陣痛を和らげる方法

ウォーキングやマタニティヨガで運動をして骨盤周りを柔らかくすると、お産の準備になります。

アロマによってリラックス効果が生まれ陣痛が和らぐこともあるようです。

またラズベリーティは安産のお茶と言われて、陣痛を和らげてくれる効果があります。

 

・陣痛の痛みはテニスボールで緩和

陣痛の痛みを緩和するのにテニスボールで腰を押す方法は一般的です。

よく付き添った旦那さんが腰をテニスボールで押す場面がありますよね。

これには実際に効果を実感した人もいれば、効果を感じられなかったという人もいます。

 

実際にテニスボールでなくても、旦那さんがこぶしで圧迫するのでもOKです。

また、単に腰の部分をさすることでも効果を感じられることがあります。

 

・温めて陣痛の痛みを緩和

腰などにカイロを当て、温めると痛みが緩和したということもあります。

マッサージする場合には横向きにならなければいけませんが、実際お産をスムーズにするには仰向けになっていた方がよいです。

温めるならば仰向けでもできますね。

 

・顔を冷やす

病院では出産に備えて室温が高めに設定されています。

赤ちゃんが冷えないためですが、がんばっているママは暑いと感じるかもしれません。

 

そのため上半身に汗をかきやすいですが、顔周りを冷やしてあげるとさっぱりとして気持ちがいいです。

これで余計な力が抜けて痛みを和らぐことがあります。

 

・痛みの和らぐポジションを探す

痛いけれどもこの姿勢をしているとちょっと楽になるというポジションがあります。

それが見つかれば痛いときにその体勢をしてみて、痛みが引いたときには、体を起こしているなどするといいでしょう。

痛みが和らぐポジションはいろいろとあります。

 

抱き枕…抱き枕を抱いて横になると腰の負担が軽減されます。

 

四つん這い…四つん這いの姿勢も腰の負担が軽減されやすいです。

膝が痛くならないように柔らかい場所でするといいです。

 

あぐらをかく…あぐらをかくと股関節が開くので自然と産道を開くことになります。

そのためお産をスムーズにしてくれます。

 

椅子に逆に座る…椅子をまたぐようにして、背もたれに上半身をもたれさせるのもいいです。

腰の負担を軽減するとともに股関節も開きます。

 

ベッドの角度を40度に…産院にいるのなら電動式の昇降ベッドがあるかもしれません。

そのときに上半身の角度を40度くらいにしておくと腰の負担が軽くなります。

 

実際に陣痛の最中は考える余裕があまりないですから、瞬間的に判断して、自分がラクになる方法をとりましょう。

 

出産がこわい妊婦さんへ…

未経験ならなおさら出産が怖いと思うのは当然のことです。

経験していないからこその怖さもありますし、怖い経験をたくさん聞いたからこその怖さもあります。

出産のことを考えれば考えるほど、知らないからこそ想像が膨らんでしまって怖い気持ちが育っていってしまいます。

そんな場合には、出産から意識をそらしてみましょう。

 

・体を動かす

・趣味を楽しむ

・気分転換に散歩する

・誰かと関係のない話をする

考えれば考えるほど、マイナスな思考はとめどなくあふれてくるものです。

また不安が残っているほど、陣痛や出産の痛みが増すとも言われています。

ですから、なるべく考えないようにするのが1つ、大事ですね。

 

最後に

痛みに弱いから不安…という女性もたくさんいますが、そんな人たちも無事に出産を乗り切っています。

実際経験してみると、思っていたほどの痛さではなかったというママも多くいますから、考えすぎないことも大切ですよ。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

帝王切開って、どんな方法?

    帝王切開という言葉は、誰でも聞いたことがあると思います。 しか...

もう分娩方法は決めましたか?~普通分娩と無痛分娩~

みなさん、分娩方法は決めておられますか? 出産する病院を決める前に、分娩方...

基礎知識の体験談

我が子は可愛い?産後初めて対面した時の感想

良く、我が子はブスでも誰よりも可愛いと言われています。我が子に会える(エコーで)事が楽しみで通ってい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る