カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. 妊婦が風邪を引いたら?胎児への影響、飲んでもOKな薬って?

妊娠・出産

妊婦が風邪を引いたら?胎児への影響、飲んでもOKな薬って?

e94dcdc9c23560f772a95bd0bd075546_s.jpg

妊娠中は通常よりも免疫力が落ちていますから、感染症にいつも以上に気をつけている妊婦さんも多いでしょう。

ただ、気をつけていても風邪を引いてしまうこともあります。

 

妊娠中に風邪を引いたら…やっぱり赤ちゃんへの影響が気になります。

そんな妊婦さんの風邪について解説します。

 

妊娠中の風邪症状

妊娠中に風邪を引くとどんな症状が出やすいでしょう?

また、どんな症状に注意するべきなのでしょうか?

 

・妊娠中も同じ症状

風邪を引くと体の中に入ったウイルスを外に出すために、咳が出たり、鼻水が出たり、くしゃみをしたり、発熱があったりします。

こうした症状が出るのは、通常時でも妊娠時でも変わりません。

 

・こんな症状には注意するべき

風邪の症状が出ても、軽いもので済むのなればあまり問題ではありません。

しかし、「高熱」が出たら注意をするべきです。

37度くらいならばまだ微熱と考えてもいいですが、38度を超えてくると高熱です。

 

高熱を出すと体の方もかなり疲れます。

体力の消耗も激しくなりますし、水分も沢山失います。

そのため、脱水状態になりやすいので気をつけなければいけません。

体力を消耗してしまうと、妊娠後期には子宮収縮が起こりやすくなり切迫早産のリスクが上がります。

 

また、妊娠初期に風邪を引いた状態になると、ただでさえつわりがひどい場合には二重苦の状態になってしまいます。

 

妊娠中の風邪、その原因とは?

妊娠中でも風邪を引く原因となるのは、ウイルス感染です。

人混みで風邪のウイルスをもらってきたりするのが一般的ですが、特に妊娠中は気をつけていないとウイルスに感染しやすくなっています。

 

もし兄弟で上の子がいる場合には、上の子が幼稚園などで風邪のウイルスをもらってきて、それがママにうつるなんてこともあります。

小さい子どもはまだ風邪などを引きやすいですから、家の中で感染が広がることもよくあります。

 

やっぱり気になる胎児&母体の危険

ママからすると、風邪を引いたときに心配するのは胎児への影響でしょう。

同時に自分自身も普段の体とは違いますから、どんな影響があるのか?と気になると思います。

 

・胎児にウイルスが影響する?

ママと赤ちゃんは胎盤でつながっていますが、風邪のウイルスがこの胎盤を通して赤ちゃんにうつることはありません。

 

・高熱や咳が赤ちゃんに影響する?

高熱などでママが体力を消耗したり、脱水状態になると切迫早産のリスクがあがると書きました。

一方で高熱自体の赤ちゃんへの影響はどうなのでしょう?

 

もし、ママの熱が40度以上などになりそれが3日以上続くような場合には、羊水の温度が上がってしまいます。

そうすると赤ちゃんの心拍数も上がるので、赤ちゃんに影響が出ることもあります。

 

さらに咳をするとお腹に力を入れますよね。

腹圧がかかるとお腹が張りやすくなったり、酸欠状態になって赤ちゃんに送る酸素が十分でなくなる可能性もあります。

特に切迫早産などのリスクが高い妊婦さんは、早めに咳止めなどの処方が必要です。

 

・ママの体への影響は?

症状が重くなると栄養もあまり摂れなくなります。

それでも赤ちゃんは積極的にママから栄養を摂っていきます。

 

そのため、赤ちゃんよりもママの方が栄養が足りなくなりやすいんですね。

その場合には、早めに病院で点滴を打ってもらうなどの方法を考えましょう。

 

薬は飲んでもOKなの?

早く風邪を治したいと思ったら、風邪薬を飲みたくなるかもしれません。

けれども妊娠した体では、いつも飲んでいる薬であっても気軽に飲むことはできませんよね。

 

特に市販の風邪薬の中には、妊婦さんが飲んではいけない成分が含まれていることがあります。

よくある「ロキソニン」は妊娠32週以降で服用すると、胎児へ悪影響があるとされています。

できるなら妊娠期間中どの時期でも避けた方がよさそうですね。

 

また、風邪薬に含まれる抗ヒスタミンという成分や、解熱剤に含まれるイヴプロフェンという成分も胎児への悪影響が懸念されます。

 

市販薬には注意書きの部分に「妊娠中や授乳中は服用を避けてください」などと書かれています。

その場合は避け、記載がなくても薬剤師さんやできるだけかかりつけのお医者さんに確認してください。

 

また、漢方薬は体に緩やかに効くため副作用は少ないとされていますが、全てがそうではありません。

妊娠中に飲むことのできない漢方薬もありますから、きちんと専門家に相談して服用を決めましょう。

 

どんな薬ならOK?

一番安心なのは、かかりつけのお医者さんに処方してもらった薬を飲むことです。

産科で処方された薬であれば、基本的に安全性が高いものです。

 

特に風邪がウイルスだけではなく細菌感染によって起こっていると、症状が強く出ることがあります。

細菌感染をしていると抗生物質を飲む必要が出てきます。

そのため、市販薬で済ませるよりはきちんと病院で処方してもらった方が、重症化させないという意味でも安心です。

 

妊娠中の風邪の対処法!

いざ妊娠中に風邪を引いてしまったら、どのように対処するべきでしょうか?

 

・しっかりと寝て休む

軽度の風邪ならばしっかりと寝て体を休めることで回復します。

症状が軽度であまり胎児にも影響がないと判断できるのならば、むやみに咳止めの薬などは飲まないほうがよいです。

 

というのも、咳や鼻水などは体の中にウイルスを外に出そうとする働きです。

それを止めてしまえば、逆に風邪が長引く結果になってしまいますので、軽度の症状ならばとにかく休むことを優先させましょう。

 

・体が冷えないように注意する

発熱時にはたくさん汗をかくと思います。

そのときに汗をそのままにしてしまうと、体が冷えてしまって赤ちゃんに悪影響になってしまいます。

ですから、汗をかいたら洋服を着替えたり、こまめに汗を拭きとるなどして体が冷えないようにしましょう。

 

・こまめに水分補給

脱水状態になると非常に母子ともにリスクが増しますので、ここは意識して避けなければいけません。

特に妊娠中は胎児に送る水分も多いですから、多めに水分を摂取しなければいけません。

汗をかいたりすればなおさら水分を失いますから、こまめに水分補給をしましょう。

 

・最終的には病院へ

数日たっても症状がよくならなかったり、高熱が続いたり、咳がひどく出る場合には、すぐに病院へ行きましょう。

 

妊娠中の風邪の予防法!

できれば妊娠中の風邪は引かない方が助かります。

そのためには、風邪を引かないための体を日ごろから作ることが必要です。

 

・基本的なうがい手洗いマスク

基本的なところをしっかりすることが一番大切です。

きちんとうがいや手洗いをし、外に出るときにはマスクをするようにしましょう。

 

・人混みを避ける

人が多いところはどうしてもウイルスが多くなってしまいます。

もちろんマスクをして出かけることも必要ですが、そもそもそういったところに行かないことも必要です。

 

・人混みから帰って来たらシャワー

仕事や用事で人混みを避けられない場合もあります。

そんな場合にはマスクで予防することはもちろん、帰ってきてからシャワーを浴びるのもおすすめです。

 

手洗いうがいはウイルスが粘膜から入らないようにするものですが、実際には髪や皮膚にもウイルスはくっついています。

ですから、全身洗い流してしまう方が確実なんですね。

 

・疲れを溜めない

ただでさえ免疫力の落ちている妊娠中に、疲れを溜めてしまうと余計に風邪を引きやすくなってしまいます。

十分に休息をとって、疲れを溜めない工夫をしましょう。

 

・栄養価の高いものを食べる

ママ自身のためにも、胎児のためにも、栄養価の高い食べ物を摂ることはとても大事です。

胎児の成長のためになりますし、それがそのまま風邪予防にもつながります。

 

最後に

もちろん自分で気をつけることも大切ですが、旦那さんや周りの人に気をつけてもらうことも大切です。

周囲の人の協力をもらいながら風邪を引かないようにして過ごしましょう。

 

また、風邪は引き始めが肝心と言います。

風邪を引いたと思ったらすぐに対処するのも必要ですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

妊娠中の感染に注意する

お母さんの体と赤ちゃんの体はつながっています。 そのため、妊娠中の方は『赤...

妊娠中の風疹感染で白内障…生まれ持っての先天性白内障の赤ちゃんへの影響

これからママ・パパになる方は、風疹の免疫を持っていますか?もし風疹の免疫があ...

感染症の体験談

妊娠中はなりやすい!? カンジダ膣炎

妊娠初期のトラブルで多いのが、つわりとカンジダ膣炎だと思います。 カンジダ菌は健康な人...

溶連菌陽性、抗生剤を点滴しながらの出産

妊娠後期の血液検査で、溶連菌が陽性だという結果が出ました。 それまで体重増加などで少しだけ注意を受...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る