カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. 妊娠したら鼻水が出る…妊娠初期症状?!服薬以外の有効な対処法・予防法もご紹介!

妊娠・出産

妊娠したら鼻水が出る…妊娠初期症状?!服薬以外の有効な対処法・予防法もご紹介!

c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_s.jpg

妊娠初期にママに見られる症状には、腰痛や吐き気など、妊娠と結びつけやすいものもあります。

その一方で、一見妊娠とは関係のないように見える症状が、妊娠初期の症状だったりすることがあります。

 

ここでは、妊娠をきっかけに起こる鼻水の症状について書いていきます。

 

妊娠初期の鼻水・鼻づまり&くしゃみの原因とは?

妊娠初期に、妊娠をきっかけにして鼻水や鼻づまり、くしゃみといった症状が起こることがあります。

何だか風邪を引いたような…あるいはアレルギーが起こっているかのような症状に困惑する妊婦さんもいます。

 

・それは妊娠性鼻炎かも

妊娠をきっかけに起こるのが妊娠性鼻炎で、通常の鼻炎と大きくは違いません。

ただ、それまで鼻炎とは無縁だったという人が、妊娠をきっかけに急に発症することもあり、びっくりしてしまう妊婦さんも多くいます。

もし、元々アレルギー性鼻炎などを持っている人や、花粉症を持っているという人は、症状がより重くなることもあります。

 

・鼻炎の原因1「ホルモンバランス」

妊娠して発症する鼻炎の原因のひとつが、ホルモンバランスの変化です。

妊娠初期は妊娠していない状態から体が変化するために、女性ホルモンの分泌が変化します。

そのホルモンバランスの急な変化に体がついていけずに、妊娠初期に色々と症状が起こります。

 

鼻炎もその中のひとつで、ホルモンバランスの変化によって、自律神経が乱れます。

自律神経は自分で意識していない体の動き、「発汗」や「心臓を動かす」などを担ってくれているものです。

この自律神経が乱れることで、正常に働いていた体の機能にほころびが出てきてしまい、鼻粘膜が刺激に弱くなって過敏な状態になります。

その結果、アレルゲンに対して過剰に反応し、鼻水などの症状が出てしまいます。

 

・鼻炎の原因2「免疫力の変化」

お腹の中で赤ちゃんが成長していくためには、ママが摂った栄養が必要です。

妊婦さんの体では、ママが摂った栄養は優先的に赤ちゃんの方が流れていくようになっています。

 

そうなるとママはいつも通り栄養を摂っているつもりでも、栄養不足の状態になりがちです。

栄養不足の状態になると免疫は落ちやすく、風邪などと一緒で、免疫が低下することでアレルギーも起こしやすくなると言われています。

そのため、鼻炎の症状が出やすくなります。

 

妊娠初期の鼻水、どんな症状が出るの?

鼻水や鼻づまり、くしゃみ自体の症状は、普通の鼻炎と特別変わるところはありません。

では、どんなところで妊娠性鼻炎の特徴があるでしょうか?

 

・妊娠してからの突然の発症

日常の中にアレルゲンになるものはたくさんあります。

ハウスダストやタバコ、犬猫などもアレルギーの原因になることがあります。

今までは大丈夫だったものに対して、妊娠した途端に発症する、あるいは症状が重くなるというのが一つの特徴です。

 

・朝や夜だけに症状がある

朝や夜は、自律神経が乱れやすくなります。

その影響で、鼻水や鼻づまりの症状が、朝や夜だけに起こりやすいケースも多いです。

 

・妊娠初期~中期に症状がある

妊娠の初期は妊娠状態を継続させるために、女性ホルモンの内の黄体ホルモンの分泌が多くなります。

 

赤ちゃんが成長していって妊娠中期にさしかかると、ママと赤ちゃんをつなぐ胎盤が出来上がります。

胎盤ができると赤ちゃんの状態が安定するので、この時に安定期に入ります。

 

それと同時にホルモンの分泌も変わり、黄体ホルモンに代わって卵胞ホルモンの分泌が増えます。

このホルモン分泌の変化に伴って、鼻炎症状も収まっていくケースが多いです。

 

・風邪との違い

風邪を引いている場合でも鼻水が出ることがあります。

もしかしたら鼻炎ではなく、風邪の鼻水症状だけなのでは?と思うかもしれません。

 

鼻炎と風の鼻水を見分けるには、鼻水の状態を確認してみてください。

風邪の場合、鼻水の色は黄色っぽく濁っていますが、妊娠性鼻炎の場合には透明です。

また、鼻水の質感も、風邪の場合には粘り気が強いですが、妊娠性鼻炎の場合には水のようにさらさらしています。

 

妊娠初期の鼻水、対処法は?

鼻水や鼻づまりは、生活を左右するほど大きな症状ではありません。

とはいっても、薬を飲むこともできない妊娠中では、不快な症状がずっとあるのはつらいですよね。

妊娠初期の鼻水などの症状は、どんなふうに対処すればいいのでしょう?

 

・アレルゲンを除去

アレルゲンに対して敏感に反応するようになったのならば、そのアレルゲンを除去してあげることで対処ができます。

ハウスダストが原因ならば、普段よりも掃除を丁寧にしたり、ダニなどの対策をします。

タバコなどが原因なら、それになるべく近づかないことも対処法になります。

マスクをしてシャットダウンすることも有効ですね。

 

・栄養のあるものを食べる

妊娠初期はつわりがつらくて、あまりものを食べられないかもしれません。

けれども、栄養不足になってしまうと余計に鼻水などの症状は悪化します。

そのため、たくさん食べるというよりは、レバーなどの栄養価の高いものを選んで食べる工夫をしましょう。

 

・鼻の周辺を温める

どうしても鼻づまりがひどいときには、夜寝るのも苦しくなります。

そんなときには、温めたタオルを鼻の付け根に置いたり、湯船やコップにお湯を入れて、湯気をゆっくりと鼻で吸い込んでみましょう。

一時的ですが、鼻の通りがよくなります。

 

・くしゃみの仕方に注意

鼻水や鼻づまりと一緒に起こりやすくなるくしゃみですが、妊婦さんは特にくしゃみに不安を抱える方も多いでしょう。

くしゃみをするとお腹に力を入れるので、特に妊娠初期の不安定な頃は胎児への影響が心配されます。

くしゃみを何度もしていることで流産を促してしまうのではないか?と考えてしまいます。

 

実際には、くしゃみ自体が流産につながることはありません。

とはいっても、腹筋に圧力はかかるので、これによってお腹の張りを促してしまう可能性は否定できません。

お腹の筋肉を刺激しすぎないように、背中を丸めるようにしてくしゃみをすると、幾分か楽に感じるようです。

 

・症状が重い場合にはお医者さんへ

対処法はあくまでも対処ですから、それで症状を軽減できても完全になくすことはできないかもしれません。

もし、どうしても症状が重くてつらいというのなら、かかりつけの産科医に相談しましょう。

症状によっては妊婦さんでも飲める薬を処方してくれます。

 

ただし、基本的にこの症状は長く続くものではありませんし、妊娠初期は薬の影響を受けやすいです。

妊娠初期には飲めない薬が多いこともあって、薬を処方してもらえないことも多いです。

 

妊娠初期の鼻水、予防法は?

妊娠初期の鼻水や鼻づまりに対して、予防する手立てはあるのでしょうか?

 

・疲れを溜めずに健康に生活する

きちんと栄養のある食事を摂って、きちんと睡眠時間と質を確保し、体を冷やさないようにするのは妊娠生活での基本です。

これによって免疫力の低下を抑えることができるので、発症を抑えたり、症状を緩和したりできます。

 

・アレルギーを抑えるお茶

花粉症に効くお茶などが、いろいろと売られているのを目にします。

甜茶はその代表で、これはカフェインが含まれていないので妊婦さんでも飲むことができます。

 

お茶の効果は人によって実感が違うので、絶対にこれで予防できるわけではありません。

ただ、元々アレルギーがある人は妊娠をきっかけに重症化してしまう可能性がありますから、予防的に試してみるのもいいでしょう。

 

最後に

鼻水や鼻づまりくらいなら我慢してしまう妊婦さんも多いかもしれません。

けれども、つわりがつらい時に重なるように症状が出ると、ストレスもたまると思います。

まずは自分でできるところから、鼻水、鼻づまり、くしゃみに対策してみてくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

こんな方法で乗り切ろう!妊娠初期の苦しい頭痛…乗り切るための2つの方法

妊娠初期の時に、毎日続く激しい頭痛を経験した方は意外に多く、沢山のママが逃げ...

薬はなるべく避けたい!妊娠中の風邪対策と予防法!

妊娠中はいつもより風邪をひきやすく、また治りにくい時期です。 それは、妊娠...

体調・症状の体験談

妊娠中の赤ちゃんとの気分転換

妊娠五ヶ月ですが、妊娠前よりも不安やストレスを感じてイライラしていることが多く、「その気持ちが赤ちゃ...

現在妊娠4ヶ月。頻尿と残尿感に悩まされています…

現在妊娠4ヶ月になる初マタです。 最近ある悩み事が増えました。 それは「頻尿と残尿感」です。 ...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る