カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 新生児のゲップなぜ必要?しないとどうなる?今だけ期間限定ゲップ補助を楽しむ方法

育児・子供の病気

新生児のゲップなぜ必要?しないとどうなる?今だけ期間限定ゲップ補助を楽しむ方法

d7402d2c8df686fd0edb7eda85661fd5_s.jpg

新生児のお世話は色々とありますが、おっぱいやミルクの後にゲップをさせることも大事なお世話のひとつです。赤ちゃんが生まれた後に病院でゲップのさせ方なども指導されると思います。

しかし、最初はうまくできなくて困ることもあるでしょう。

新生児のゲップがなぜ必要か、ゲップしないとどうなるか?ママの疑問を解決します!

 

新生児にゲップはなぜ必要?

「新生児がおっぱいやミルクを飲んだ後にゲップをさせる」なぜ、これをしないといけないのでしょうか?

新生児にゲップが必要な理由を確認してみましょう。

 

・ゲップは不必要な空気を外に出す動作

そもそもゲップをするということは、体の中に入った不必要な空気を外に出すということです。大人でも空気をたくさん飲み込んでしまうとお腹が苦しくなってしまってゲップで外に出すことがありますよね。

 

特に新生児の内はまだ母乳やミルクを飲むのが上手ではありません。舌の動きや吸う力も十分ではなく、初めての新生児となるとママも不慣れで、おっぱいやミルクのあげ方に試行錯誤。

 

それでも成長するためには母乳やミルクをたくさん飲まなければいけません。赤ちゃんは基本的に鼻呼吸なので、ずっと飲み続けても問題はありません。それでもやはり同時に空気を飲み込んでしまうことはあります。そのため、赤ちゃんはその空気をゲップとして外に出すことが必要になります。

 

・吐き戻し防止

母乳やミルクと一緒に空気をたくさん飲み込んでしまうと、胃の容量がいっぱいになってしまいます。そうすると胃に入ったものが逆流しやすくなってしまい、口から吐き戻す原因にもなります。

 

・赤ちゃんの胃の苦しさを解消

大人でも胃にたくさんの空気が入ってしまうと苦しさを感じます。それは新生児でも同じで、胃に余計な空気が入っていれば苦しくなります。その結果泣き止まなかったり、ぐずったりすることもあります。

 

ゲップをさせなかった場合どうなる?

ゲップの出させ方にも色々な方法がありますが、それらの方法をいくつか試してもゲップが出ない場合があります。しばらくやってみても上手にゲップを出せなかった場合、どうなるのでしょうか?

 

・無理矢理ゲップさせる必要はない

ゲップがなかなか出ないからといって、無理矢理ゲップをさせるようなことはやめましょう。ある程度ゲップをさせようと取り組んでも出なければ、その後の吐き戻しには注意しながらも寝かせてしまって大丈夫です。

 

ゲップが出ないとイライラもしますが、ほどほどで区切りをつけることも大切です。

 

・あまりゲップが出ないと消化に影響

あまりにもゲップの回数が少ないとなると、飲み込んだ母乳やミルクがうまく胃の中に入れず、消化吸収がしにくくなります。これが起これば吐き戻しの原因になります。吐き戻しは栄養を外に出してしまう他に、吐いたものによって喉を詰まらせてしまう可能性もあります。

 

・口から出なくてもお尻から出る

胃の中に入った空気は体にとっては不要なものですから、基本的には口から出なくてもおしりなどから出ます。そのため、毎回毎回ゲップを必ずさせなければ危険ということはありません。極端にゲップの回数が少なくなければ、過度に気にする必要はありません。

 

いつまでゲップをさせる?

新生児のときはゲップをさせるのは必要だとして、一体いつまでゲップをさせる必要があるのでしょうか?ゲップのやめ時を特にゲップが上手にさせられないママパパは気になるところだと思います。

 

・首すわりとゲップの関係

3~4ヶ月頃になってくると首の座ってくる赤ちゃんも増えてきます。

先に赤ちゃんは基本的に鼻呼吸なので、飲みながら同時に呼吸ができると書きました。これは、赤ちゃんの口の中の喉頭蓋という部分が大人よりも高い位置にあるためです。

 

一方赤ちゃんも日々成長していくわけですから、この位置もだんだんに変わってきます。首がすわる頃になると、これらの口や喉の構造は大人のものに近づいてきます。そのため、呼吸をしながら飲むことがしにくくなってきて、自分で空気を飲みすぎないように調節ができるようになってきます。

 

・平均は5~6ヶ月頃

首すわりとゲップの関係を考えると、首がすわる3~4か月ごろにゲップをやめても大丈夫です。平均的なゲップをやめるタイミングは寝返りの打てるようになる5~6ヶ月くらいの方が安心のようです。首がすわるのは一つの目安で、その時にやめなければいけないわけではありません。

 

・時期には個人差も

大きくなってくると赤ちゃん自身がゲップをするコツを覚えたり、自然と出すことができるようになってきます。縦に抱っこしても何も出てこないことが増えて来たら、ゲップをやめても大丈夫でしょう。

 

飲んだ後に不快そうな顔をしているようなら、時期にかかわらずゲップをさせてあげてください。ゲップを出し切れていない時には、赤ちゃん自身も気持ちが悪く「うぇッ」と嘔吐するような声を出したりします。生後8ヶ月頃までゲップの補助が必要なケースもあり、個人差がありますから、焦って辞める必要はありません。

 

新生児の授乳&ゲップで心配のある症状

吐き戻すというのは大人でいうとちょっと心配な症状ですよね。新生児は吐きやすいとはいっても。わが子が吐き戻すのを見ると体の状態を心配してしまうのは当然です。ではどんな場合には問題がなく、どんな場合には心配をするべきなのでしょうか?

 

・ゲップが上手に出ない子もいる

まずゲップ自体ですが赤ちゃんによってゲップが上手な子もいますし、下手な子もいます。ゲップがなかなか出せないから何か病気があるというよりは、ゲップの出し方がその子にあっているかどうかを考えてみましょう。

 

縦抱っこや傾斜をつけた抱っこなどゲップの出し方は色々とあります。その子によってお気に入りの方法は違いますから、色々試してみてください。

 

・ゲップをしたのに吐いた!

吐き戻しをしないようにゲップをさせたのに、赤ちゃんが吐いてしまうことがあります。これはどんなふうに吐き戻したかによって、心配が必要かどうか変わってきます。

 

<ある程度の吐き戻しは大丈夫>

少しくらい勢いよく吐き戻したとしても、ほんの少しだけ吐き戻したとしても大丈夫です。吐かないようにゲップをしたのになぜ?と思うかもしれません。

 

けれどもこれは新生児にはよくあることで、過剰に飲んでしまった母乳やミルクを出しているだけです。あるいは急に体勢が変化するなどの刺激でも、吐き戻してしまうことがあります。

 

吐き戻した後の赤ちゃんの機嫌を確認してみて、特に顔色が悪かったり、不快な様子が見られなければ心配いりません。しばらく縦に抱っこしてあげて赤ちゃんを落ち着かせてあげましょう。

 

<噴水のように吐くのは危険!>

お医者さんからも注意を促されるかもしれませんが、ゲップをしてもなお、赤ちゃんの口から噴水のように吐き戻しがある場合は注意です。これが続くのは幽門狭窄症という病気の可能性があります。

 

これは胃の出口である幽門が生まれつき狭いことで、飲んだものがつまって吐いてしまいます。赤ちゃんが飲むものは母乳やミルクなので吐くものも白いですが、その色が茶色っぽかったりするとこれが疑われます。

 

新生児の内に症状がみられるとしたら、生後3週間くらいから症状が起こります。その後では生後3ヶ月くらいで見つかることもあります。先天的なもので発生の原因は分かっていませんが、同じ家族内で発生する確率が高いそうです。

 

 

授乳の後に毎回ゲップをさせるのは面倒に感じるかもしれません。しかし過ぎてみればあっという間の短い期間です。今だけのお世話を楽しみながら、またパパにも手伝ってもらいながら、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間にしてみてください。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-10-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生後1ヶ月に関する記事

多くの赤ちゃんに起こる新生児黄疸!なぜ起こる?注意すべき黄疸の症状は?

生まれてきたばかりの赤ちゃんは、体調が変化しやすいものです。 まだ小さい赤...

新生児のおならがくさい!赤ちゃんのおならの原因、注意したいおならの種類や状態

赤ちゃんのおならがくさい、回数が多い…これって異常じゃないの? 新生児のお...

生後1ヶ月の体験談

1ヶ月過ぎてできるようになったこと&改善されたこと

たった1ヶ月しか経ってないのに、赤ちゃんってすごい成長するんですね(^^)だいぶ手足のピクピクが少な...

手足がピクつく!あごがガクガク!産後心配だったこと

産後すぐはとにかく色々心配なことが多かったです(>_<)手足がピクつく急に手足がピクピクするのが、入...

カラダノートひろば

生後1ヶ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る