カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. 新生児の顔や頭、おしりにボツボツが…!新生児に多い湿疹って?これってどうケアすればいいの?

育児・子供の病気

新生児の顔や頭、おしりにボツボツが…!新生児に多い湿疹って?これってどうケアすればいいの?

c73a80b22b4d0ba838e5b1e6ce9838a8_s.jpg

 大人よりもたくさん汗をかき、デリケートな肌を持つ新生児は、湿疹が起こることが多くあります。赤ちゃんの柔らかい肌にぷつぷつと湿疹ができると赤ちゃんもつらいし、ママパパもつらいですよね。新生児に多い湿疹は正しいケアが必須です。

 

新生児に多い湿疹って?

湿疹というのは皮膚表面に起こる炎症のことを言います。ちょっとぶつぶつが肌の表面にできるような軽いものから、かなりのかゆみを伴うものなど、その症状は様々です。

 

ここでは新生児に起こる4種類の湿疹についてご紹介していきます。

 

1.新生児ニキビ

この新生児ニキビは生後1週間~1ヶ月の時期に見られる湿疹です。

 

<症状> 

ニキビと言われるだけあって、思春期に見られるようなニキビに似ていて、白い物や赤みのあるものが多いです。

 

赤いプツプツとしたニキビがほっぺたやおでこに見られます。好発部位はほっぺたやおでこ。他に頭皮や眉の周辺などの皮脂が多い場所にもできやすいです。

 

また、赤ちゃんは汗をかきやすいということもあり、顔全体に広がることもあります。

 

<原因>

新生児ニキビの場合、ママのお腹の中でもらったホルモンの影響が関係します。

 

ママからもらったホルモンが赤ちゃんの皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を促します。赤ちゃんの肌はデリケートで、新生児の内は未熟。そのため、過剰な皮脂の分泌で、皮脂が毛穴に詰まりやすく炎症が起こってニキビが起こります。

 

さらにでき始めのニキビを赤ちゃん自身が引っかいたりすることで、悪化し化膿することもあります。

 

<ケアの方法> 

丁寧に沐浴をして、こまめに余計な皮脂や汗を除いてあげて、肌が清潔な状態を保ってあげてください。

 

無添加で刺激のないベビー用の石けんを使い、肌に触れるものも刺激の少ない、清潔なものがよいでしょう。ただし、ごしごしと洗ったりこすったりしてしまうとデリケートな赤ちゃんの肌を傷つけてしまうので、泡で撫でるようにやさしく洗ってあげてください。

 

清潔な状態を保っていれば1~3ヶ月くらいで鎮静化していきます。また、ニキビというと肌に痕が残る懸念がありますが、新陳代謝が活発な赤ちゃんの場合は痕が残ることはありません。

 

大人用のニキビケア商品は赤ちゃんには刺激が強すぎるので使ってはいけません。

 

<予防法> 

季節にもよりますが、赤ちゃんが過剰に汗をかかないように室温には気をつけてあげましょう。また日々のケアで肌の状態を清潔に保ち、余計な皮脂が長時間残らないようにしましょう。

 

 

2.乳児脂漏性湿疹

新生児ニキビと並んでよく見られる湿疹で、生後4ヶ月ごろまでに起こりやすいのが乳児脂漏性湿疹です。特に生後数週間から1か月前後によく見られます。

 

<症状> 

顔と頭に湿疹が起こりやすく、かさかさと乾燥した湿疹が見られます。特に頭皮、眉毛の生え際などの皮脂分泌の多い場所に起こりやすく、白~黄色っぽい色のかさぶたになります。頭皮の症状はフケのようになることがあります。

 

この時にはかゆみなどはないので、赤ちゃんがストレスに感じることはあまりありません。しかし、この状態に雑菌の繁殖が加わると、細菌の力によって炎症を起こして、赤くじゅくじゅくとした状態になることがあります。

 

<原因> 

皮脂の分泌が過剰な時期の生後1ヶ月までは、母乳やミルクに含まれている脂肪分をうまく代謝できず、それが毛穴につまってしまうことがあります。特に顔や頭の皮脂分泌は、お腹などに比べると多いのでこれらの部分に症状が出ます。

 

<ケアの方法> 

新生児ニキビ同様、肌を清潔な状態に保ちます。特に湿疹ができている部位は丁寧に洗うようにしましょう。

 

かさぶたなどは無理に引きはがしてしまうと逆に炎症を起こしやすくなってしまいます。沐浴の前にベビーオイルなどを使ってカサカサしている部分をふやかしておくと、負担なく取り除きやすくなります。

 

丁寧にケアし清潔な状態に保つことで、1~2週間程度で自然治癒します。遅くても生後6ヶ月くらいまでには治りますから、過度に気にする必要はありません。

 

もし赤ちゃんが自分の肌に手で触れようとしてしまう場合には、爪を短く切り、患部を傷つけないようにしてあげましょう。赤ちゃんが肌をどうしても触ってしまう場合や、炎症が起きてしまった場合には1歳児健診のときなどに相談してもいいですね。

 

<予防法> 

新生児ニキビ同様、特に皮脂の分泌が多い新生児の時期には、肌の状態を清潔に保ちましょう。

 

3.あせも

あせもは大きくなった子どもでも起こりますよね。新生児の期間がどの季節に当たるかで変わってきますが、夏場はこのあせもが起きやすいです。

 

汗の出る汗腺の数は、大人も子どもも一緒ですから、体の小さい子どもの方が汗腺が密集していることになります。その分子ども、特に新生児はあせもを発症しやすいです。

 

<症状> 

あせもが起こりやすいのが、オムツで蒸れやすいお尻や、腰の部分です。次に起こりやすいのが汗の溜まる首や頭、そして、仰向けで寝たときに蒸れる背中です。新生児では自分で寝返りを打つことができませんから特に注意ですね。

 

新生児では白いボツボツとなってあらわれ、かゆみを伴います。新生児以降になると赤いポツポツのあせもが増えていきます。

 

<原因> 

体温が大人よりも高く、汗腺が密集し未発達なため汗が溜まりやすいので、蒸れが起こりやすいのが赤ちゃんの特徴です。蒸れはオムツに限らず、寝ているときのベッドとの間もそうですし、むちむちの赤ちゃんは肌が重なっているところも蒸れます。それが原因で新生児はあせもが起こりやすくなります。

 

<ケアの方法> 

かゆみを伴うあせもは、赤ちゃんが引っかかないように注意しましょう。というのも、引っかいてしまうとそこで黄色ブドウ球菌が感染してしまって「飛び火」になり、膿が出てきて悪化してしまいます。

 

赤ちゃんの爪を短く切り、お世話をするママパパの爪の長さも気にしましょう。どうしてもひっかいてしまうならば赤ちゃんの手にミトンをするのも有効です。

 

汗をかくことが原因ですから、余計な汗を除いて肌を清潔な状態に保つようにしましょう。汗をかいたらこまめに着替えさせてあげてください。

 

<予防法> 

赤ちゃんは体温が高いので、大人よりも一枚少ない状態が基本です。もちろん夏もそうですが、意外に冬でも赤ちゃんは汗をかくので、注意しましょう。

 

夏でも冬でもエアコンやヒーターを適度に使用して、室内の温度をきちんと調節します。汗をかいていればおむつ交換も頻繁にしてあげた方がいいですね。

 

特に起き抜けは赤ちゃんがぐっしょりと汗をかいていないか確認してあげてください。 

 

4.アトピー性皮膚炎

新生児の終わり、生後1ヶ月くらいから見られ始めるのがアトピー性皮膚炎です。

 

<症状>

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎では、頭や顔、耳の中などで最初に症状がみられます。全身は乾燥したようになり、肌がカサカサしてきます。また耳たぶの付け根のあたりが切れるといった症状も見られますし、耳の中がじゅくじゅくすることもあります。

 

発疹は赤く、強いかゆみを伴うのが特徴です。最初は乳児脂漏性湿疹に似ているように思いますが、きちんとケアをし、月齢を重ねても何度も繰り返してしまうことでアトピー性皮膚炎の可能性が出てきます。

 

<原因>

この時期のアトピー性皮膚炎の原因ははっきりとは分かっていません。親がアトピー性皮膚炎を持っている場合、子どもも発症する可能性が高くなります。

 

そのため遺伝性の要因もあると考えられています。その他、食べ物のアレルギーや免疫力が未熟であることも関係していると言われます。

 

<ケアの方法>

アトピー性皮膚炎の場合肌の乾燥を防ぐことが重要です。特に新生児期が冬場に当たる場合は注意が必要で、冬は空気が乾燥するので症状が悪化しやすいです。

 

加湿器などで部屋の湿度を保ちつつ、肌の保湿もしてあげましょう。お風呂上りにはベビーオイルなどで保湿してあげるのが効果的です。肌がカサカサしてしまっている状態ならば、こまめにオイルを塗ってあげてください。

 

また、体が温まりすぎるとかゆみが強くなるので長時間沐浴させるのは避けましょう。洋服の刺激もかゆみを悪化させてしまうので、肌に優しいものを使用します。

 

<予防法> 

肌を清潔な状態に保つことが基本です。かつ、乾燥を予防することも重要です。よだれをこまめに拭き、口のまわりの保湿をしてあげましょう。

 

よだれがあることで口の周りは荒れがちになり、さらに口周りは手でも届いてしまうので、できるならば予防してあげたいですね。

 

アトピー体質の子は意外に多く、生まれてくる3割の子がアトピーとも言われています。しかし早期に適切な治療を開始すれば、多くの子は症状が治まるとされています。アトピーが疑われれば病院で相談してみましょう。

 

赤ちゃんが生活する環境を清潔に保つことが大切 

お世話をする中で、赤ちゃんが触れるものは限られます。まずはそれらをきちんと清潔に保ち、赤ちゃんの肌をきれいな状態にキープできるよう心がけましょう。

 

ホームケアも重要ですが、悪化したり、化膿したりした場合には迷わず病院で相談してみてください。 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-11-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生後1ヶ月に関する記事

新生児のきれいな肌にプツプツニキビが出現!新生児ニキビについて徹底的に解説!

生まれたばかりの赤ちゃんの顔にポツポツと湿疹のようなものができたら、ちょっと...

新生児の肌着、どれが正解?素材はどれ?打ち合わせのタイプは?それぞれを比較解説!

新生児の時に着る肌着は、生まれる前から選んでおかなければいけません。とはいっ...

生後1ヶ月の体験談

魔の3週目??アラサー2日徹夜はキツイです…

生後すぐから夜は割と寝てくれていた娘。 授乳は3時間おきでしたが、比較的寝つきも良くてぐっすり...

赤ちゃんに生理?!女の子を出産してびっくり!

「新生児生理」って聞いたことありますか? 出産前には全く聞いたことがなく、そりゃあもうびっくりしま...

カラダノートひろば

生後1ヶ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る