カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 老眼 >
  5. スマホ老眼の原因と毎日できる予防や対策!20~30代も要注意!

気になる病気・症状

スマホ老眼の原因と毎日できる予防や対策!20~30代も要注意!

老眼というと40代以降のイメージがありますが、ここ数年20~30代でも手元が見えづらい、近くにピントがあいにくいと言った症状を訴える人が増えています。これらの症状はスマホが原因と言われ、「スマホ老眼」という言葉も聞かれるようになりました。スマホ老眼のチェック、予防と対策をみていきましょう。

 

老眼の症状ってどんなもの?

老眼の症状は近くのものが見えにくい。だけと思われがちですが、目以外にも症状があります。

 

・目の疲れ

・目のかすみ・にじみ

・暗めのところでものが見えにくい

・細かい文字が読みにくい

・頭痛

・肩こり

・目の疲れによる吐き気

 

スマホで老眼になる理由

老眼は加齢と共に誰にでもおこる、目のピント調節機能の衰えによる老化症状です。スマホ老眼は、スマホの長時間利用により目のピント調節機能が疲労し衰えてしまうことが原因といわれています。

 

スマホの利用が長時間化する背景

スマホ利用者の約50%弱で、1日のスマホ利用時間が2,3時間と回答しているため、長時間利用する人が多いことがわかります。(MMD研究所 2015年版:スマートフォン利用者実態調査)

 

SNSやLINEなどのコミュニケーションツールの普及により、空いた時間は常にスマホを見ている人も多く、スマホの長時間利用の拍車をかけているといえます。

 

スマホ老眼チェック!14項目

こんな症状に多く当てはまったら、スマホ老眼の可能性が考えられます。

14個の質問を確認してみましょう。

 

1.朝よりも夕方見えにくい

2.スマホや本を見る位置が前より遠くなった

3.小さなものが見えにくい

4.ものがかすんでみえることがある

5.近くのものがにじんだりぼやけたりする

6.目が乾いている感じがする

7.肩こりがひどい、最近肩こりを感じる

8.頭痛が起こることがある

9.毎日スマホ・PCを長時間使っている

10.目の疲れを良く感じるようになった

11.暗めのところでは見えにくく感じる

12.目の疲れからと思われる吐き気を感じる

13.パソコン作業で定期的に休憩を忘れがちである

14.ピントがあいづらいと思うことがある

 

沢山当てはまった人は、目への負担が多く、スマホ老眼の可能性があります。

 

スマホ老眼は放置してもいい?

老眼だからしょうがないと言って、放置してしまう人がいますが、あまり良いことではありません。

目の衰えではありますが、それによって、頭痛や肩こりなどを悪化させてしまい、日常生活へも支障をきたします。

なによりも、その状態を放置することで、老眼自体を悪化させることにもなります。

 

スマホ老眼かも?と思ったら

上のチェックが当てはまり、つらい自覚症状もある場合には、眼科の受診を行いましょう。

 

症状が軽い場合には、目のトレーニングなどを行うことで、症状を改善することが可能ですし、症状がなかったとしても、スマホやパソコンの利用時間が長い人は覚えておくと予防にもなります。

 

スマホ老眼予防のためにすること4つ

簡単に言うと、予防はチェック項目9-13の項目の逆を意識すればOKです。

 

・長時間利用する場合には、1時間に1回5~10分程度休憩を行う。

・一定時間でなくても、目の疲れを感じたら、無理せず休憩をとるようにする。

・画面を明るくし過ぎない。

・画面の文字設定を小さくし過ぎない。

 

目の疲れを感じたら…

目の疲れを感じたら、目を閉じて目を休ませたり、遠くを見るようにする。

自宅などでは、電子レンジなどで蒸しタオル作り、目に当てて休ませるなどすると、目を休ませ回復につながります。

蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてるのも目の疲れに効果的です。

 

スマホ老眼予防・疲労対策に目のトレーニング!

目のトレーニングといっても、大掛かりではなく、とても簡単にできるものばかりです。

 

1.親指を近く遠くに(各1秒ずつ30回)

親指を立てて、鼻先に持ってきます。このときなるべく爪の表面を見るように意識しましょう。

次に、腕をめいっぱい伸ばして親指の先をみます。

最後、遠くの景色を眺めます。

 

2.うずまきを視線でなぞる

A4くらいの紙にうず巻を7、8周くらい書いた紙を目から30cmくらいのところに貼ったり持ったりして、目でグルグルなぞります。

このとき顔は動かさず、視線だけで追うようにしましょう。

 

目に良いとされる栄養と食べ物

ビタミンB6

水晶体や毛様体が代謝するのに役立ちます。

(にんにく、まぐろ、かつお、いわし、サケ、レバー など)

 

ビタミンB2

角膜の保護に役立ちます。

(レバー、ハツ、うなぎ、納豆、卵 など)

 

ビタミンA

これが不足すると暗いところでものが見えにくくなります。また、網膜の栄養素でもあるため、目の粘膜保護に役立ちます。

(レバー、うなぎ、すじこ、ホタルイカなど)

 

ビタミンE

目の老化予防や白内障予防に役立ちます。

(アーモンドなどのナッツ類)

 

DHA

視力回復に役立ちます。主に魚などに含まれます。

 

その他

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、ブロッコリーなどの抗酸化作用としても知られるルテインなども目の健康にとって役立つ栄養素です。

ビタミンCもコラーゲンの合成には欠かせない栄養素で、血管を強くする働きがあります。これが不足すると、目の毛細血管も弱くなり、視力低下にもつながってしまいます。

 

使い方・時間を見直して

ついつい夢中になって、時間を忘れてスマホをいじってしまいがちですが、スマホの長時間利用は、目の疲れ以外にも、睡眠不足や睡眠障害、ブルーライトによるトラブルなど、様々なよくないことが起こる原因になります。

 

時間を決める、疲れたら休むなどを意識して、うまく付き合っていきたいですね^^

(photo by:写真AC

著者: whotanさん

本記事は、2016-09-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老眼に関する記事

老眼、隠れ遠視、お手軽メガネにご用心!

      ■老眼、隠れ遠視、お手軽メガネにご用心!眼精疲労 眼球の中には水晶...

簡単老眼チェック

  早い人は40歳くらいからなるのが老眼です。 今まで目が疲れることなんて少...


若いから老眼が起こらないなんて大間違い!スマホを使って目が疲れたと感じている人は危険!

老眼というと、その文字からある程度年齢を重ねた人がなるものと想像します。しか...

若い人でもなる!?「老眼」の正体と治療法について

  人は誰でも、歳を取っていきます。 高齢になることによって体の様々な部...

カラダノートひろば

老眼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る