カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 数値 >
  6. もしかしたら糖尿病かも…糖尿病を診断するための検査ってどんなもの?どこで受けるの?

生活習慣病

もしかしたら糖尿病かも…糖尿病を診断するための検査ってどんなもの?どこで受けるの?

57832e5a11a4253138e1e4f0c44d0750_s.jpg

糖尿病かもしれないと疑われたとき、より詳しい検査をして糖尿病の診断に役立てます。けれども糖尿病の検査というのは、どんなことをするのでしょうか?そもそもの「血糖」の意味や、実際の数値を詳しく知って、検査に役立ててみてください。また、検査を受けるとなったときに受けるべき診療科もご紹介します。

 

そもそも血糖って何?

糖尿病を考える上では、血糖値を知らなければいけません。

「血糖」というのは、血液の中のブドウ糖のことです。このブドウ糖は脳や体を動かすエネルギーとして使われるもので、健康ならばこのブドウ糖の量は一定に保たれています。

このコントロールに問題が生じて、ブドウ糖が多くなったり(高血糖)、少なくなったり(低血糖)することがあります。これが糖尿病の状態であり、糖尿病を知るために血糖値は欠かすことのできない値です。

 

糖尿病の可能性があるときに受ける主な検査

自分で感じる症状から糖尿病の可能性を考えて病院に行ったり、あるいは健康診断で再検査になった場合に糖尿病の検査を受けることになります。その時に受ける検査には、主に次のようなものがあります。

 

-随時血糖検査

空腹など、検査の時間を決めないで調べる血糖値の検査です。

食事や検査時間などに関係ないので、基本的には測定を行う医師の判断によって行われます。

 

-空腹時血糖検査

空腹の状態で調べる血糖値の検査です。

 

・具体的に

検査当日の朝ご飯を食べずに、空腹の状態で採血をし、血糖値を測定します。検査前日の21時以降から絶食するのが一般的です。水分の摂取はOKですが、この間は運動も控えるようにします。

 

・わかること

血糖値は食後に高くなり、その後一定範囲の濃度に安定していきます。健康な人でも食後は血糖値が上がります。そのため食後の血糖値を調べることは、食事の影響を受けない血糖値を測定できるということです。これが高ければ、食事から時間が空いているのに十分に血糖値が下がっていないということになり、糖尿病の可能性が増します。

 

-ブドウ糖負荷試験

この検査は、一定量(75g)のブドウ糖水溶液を飲んで、血糖値がどのように変化するかを確認する検査です。

 

・具体的に

検査前は安静な状態になり、採血をします(空腹時血糖検査のため)。そしてブドウ糖溶液を飲み、1時間後、2時間後に採血を行って血糖値を測定します。

クリニックや患者さんの状態によっては、30分後、1時間半後、3時間後などと測定することもあります。

 

・わかること

血中のブドウ糖を処理するインスリンの働き具合を調べることができ、最終的な糖尿病の判断に使われます。測定の結果、直後に上昇した血糖値が時間が経っても下がらない時、高血糖の状態と判断されます。

 

-診断基準<数値>

日本糖尿病学会が定める診断基準では、次のようになります。

 

・糖尿病型

随時血糖 200mg/dl以上

空腹時血糖126mg/dl以上

ブドウ糖負荷試験2時間値200mg/dl以上

 

・正常型

空腹時血糖110mg/dl未満

ブドウ糖負荷試験2時間値140mg/dl未満

この両方が確認されたら、正常型と判断

 

・境界型

正常型にも糖尿病型にも当てはまらない場合に境界型と診断

 

糖尿病の検査ってどこで受けられるの?

一般的な内科でも、糖尿病の検査が受けられます。

ただ糖尿病の症状などを自覚して、糖尿病の検査を受けたいというのならば、内分泌代謝内科や糖尿病外来、糖尿病内科などの専門の診療科にかかる方がいいでしょう。

やはり内科となると取り扱う分野の幅が広いので、いざ治療となったときにより専門のクリニックに転院なんてこともあります。それならば最初から専門のクリニックなどを探した方が効率的です。

 

安心は禁物!検査後は生活習慣を見直しましょう

検査の結果、境界型にあてはまると安心してしまう方も多くいます。確かに境界型ならまだそこから引き返すことができますが、それまでの生活を続けていたらそのまま糖尿病になってしまう可能が大きいです。検査の結果を受けてきちんと生活習慣を改めていくことで、検査を受けた意味が本当に出てくると言えるでしょう。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-12-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

数値に関する記事

1型糖尿病の検査にはどんなものが?検査ごとの内容と数値の基準をよく知ろう!

膵臓からインスリンが分泌されていることによって、私達は血中の糖の量を適正範囲...

%だと分かりにくい!実感できない!そんな人のための、HbA1cを血糖値に換算する方法

   糖尿病患者あるいは予備軍の人は、HbA1cという血糖値を知っていると思い...


糖尿病かどうか献血結果で確認*「グリコアルブミン」をチェック

献血で血液検査・・・糖尿病の数値はどれを見たらいい? 献血に協力すると、10種...

カラダノートひろば

数値の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る