カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

関節痛・腰痛

膝関節症の3つの薬物療法

 

膝関節症の薬物療法に使われる薬を見ていきます。

 


● 消炎鎮痛剤 


痛み止めとも呼ばれているもので、膝の痛みをある程度緩和することができるのがメリットです。


消炎鎮痛剤は市販のものもありますが、膝関節症で消炎鎮痛剤を使う場合には医師の指示にしっかりとしたがって薬を使ってください。
思わぬ副作用注射との相性などもあるので自分だけの判断で使わずに医師の判断を仰ぐことをおすすめします


● 外用薬 


消炎鎮痛剤と働きは同じで、膝の痛みの解消のために使います。


膝関節症では痛みの管理が中心的な治療となってくるので、消炎鎮痛剤や外用薬は欠かせない存在となるはずです。
貼り薬の他に塗り薬を使う場合もあります。


膝が痛く、尚且つ熱いといった場合には冷湿布のような冷たいタイプの貼り薬がお勧めです。


塗り薬を塗るときにはあまり膝付近の皮膚を刺激しないように注意してください。
また、もしも皮膚に炎症が見られたりした場合は病院で相談してください。


● 注射 


炎症を抑えるタイプの注射ヒアルロン酸の注射の2種類が使われます。


炎症を抑えるタイプの注射はステロイドというもので、アレルギー治療などにステロイドの塗り薬が使われることもあります。
ステロイドは強めの薬なので副作用に注意が必要です。


ヒアルロン酸すり減っている軟骨の修復をするという働きがあります。

 

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/22/20/02/aid-15537_640.jpg?i)

著者: ひなさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

膝関節症の手術のリスクとは?

  膝関節症の手術にはリスクもあります。負担が少ない手術もあるとは言えど、...

関節鏡視下手術や骨きり術、人工関節置換術…膝関節症の手術について

  膝関節症の症状がひどい、膝の変形が日常生活に大きな影響を及ぼすようなときに...


膝関節の軟骨がすり減る「膝関節症」ってなおるの?

  膝関節症は膝関節の軟骨がすり減ることによって起きる病気です。   ●膝関節...

膝関節症の2つの治療法「保存療法」と「手術療法」について

  膝関節症の治療方法は主に2つあります。保存療法と手術療法です。   ...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る