カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 重症症状が妊婦さんを襲う「妊娠悪阻」…つわりとの違いは?どんな症状が起こる?

妊娠・出産

重症症状が妊婦さんを襲う「妊娠悪阻」…つわりとの違いは?どんな症状が起こる?

妊娠悪阻(おそ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?つわりと悪阻は似た症状があるため、「ただのつわりだから…」と我慢していたら実は妊娠悪阻だったという可能性も。

 

そこで今回はつわりと妊娠悪阻についてご紹介。手遅れにならないためにも妊婦さんはしっかり理解しておきましょう。

 

妊娠悪阻(おそ)とは?

つわりという言葉を変換すると、「悪阻(おそ)」という文字になります。となると「つわり=悪阻?」と考えてしまいますが、実は大きな違いがあります。

 

-悪阻とつわりの違い

・つわり(母体への影響なし)

つわりは妊娠初期の体調が安定しない時(妊娠5~16週頃)に、妊婦さんに起こる体調不良としてよく知られています。このつわりは、妊婦さん自身はとても辛く感じますが、母体への影響はありません。

 

・悪阻(母体への影響あり

一方悪阻は、つわりの症状が重症になり病的な状態にまでなってしまうことを言います。食事や水分を受け付けなくなり治療が必要になることも。特に重度の場合には、母体の機能が損なわれる可能性もあると言われています。

 

妊娠悪阻の3段階

妊娠悪阻とつわりにははっきりとした区別はありませんが、症状の重さからある程度判断することができます。

 

-第一期(嘔吐期)

・嘔吐を繰り返す(胆汁、血液が混じることがある)

・食べ物をほとんど受け付けない

・脱水症状(口の乾き、だるさ、めまい、便秘、尿の量が減る)

 

これらの症状が起こり、やがて体重が減り始めます。

 

-第二期(肝心障害期)

第二期では第一期の症状が悪化します。

・尿にケトン体が出る

・軽い黄疸症状が出る

・脱水症状の悪化から口臭がきつくなる

・脈が速くなり血圧が下がる

 

飢餓状態にある体は脂肪をエネルギーを使いますが、そのときに肝臓が脂肪を分解すると残りかすとして出るのがケトン体。つまり体が栄養不足の状態であるということになります。

 

-第三期(脳障害期)

・ふらついて起き上がれない

・体温の異常な低下

・脳神経症状(めまい、幻聴、幻覚)

・肝臓腎臓の機能障害

・昏睡状態、意識混濁

 

妊娠の継続が困難な状態になります。産婦人科では妊婦の場合、母体の方を優先しますから、中絶をしなければいけないこともあります。

 

【体験談Pick Up】悪阻の時の栄養不足は子どもの歯にも影響が...

子供の歯が生えてきたのが7ヶ月。 初めは気付かなかったのですが、しっかり前歯が生えてきて歯の本数も増えてきて1歳の時に歯医者さんで言われてしまいました。「お母さん悪阻が酷く無かったですか?」と。

 

前歯が生えはじめから黄色く変色し虫歯の初期段階にある。 生えてきている段階から歯がこの状態と言うのはお母さんのお腹の中にいる時、歯が成長する時期に悪阻が酷く栄養が十分に取れていなかったのが原因ではないかといわれたのです。

 

確かに重度悪阻でした。 飲む事すらできず、7ヶ月まで私の体重が妊娠前の体重より増える事が無く悪阻が続いていたくらいでした。骨があたって座る時に痛いくらい。 そうほぼ飲み食いしていませんでした。 心当たりがありまくりなので、子供に申し訳なく思ってしまいました。 しかし、そんな状態で生えてきてしまっているものをどうする事もできません。しっかりケアをしていかないと、元から弱いので虫歯になりやすいといわれたのです。 その歯は前歯。 その日からいつも以上に磨きました。 歯が弱っていたい思いをしたらかわいそうだからと。

 

しかし、それから2年後、そのかい虚しく前歯が虫歯になったのです。 そうです変色してしまって生えてきたあの歯です。 結局、様子見から更に進行してしまい治療する事となったのでした。 生えてきた時から黄色く生えてきていたら要注意だと思います。 虫歯になりやすい歯なので念入りに歯磨きしてください

 

妊娠悪阻のチェックリスト

上記でご紹介した段階を見てもご自身の体調不良が、つわりによるものなのか、悪阻によるものか線引きが難しいですよね。そこで、妊娠悪阻のチェックリストをご紹介します。

 

□常に吐き気や嘔吐がある状態で、食べ物・水を受け付けない

□起きているとふらつきがおこり、めまいや頭痛がある

□数日の間に体重の5%以上が減少する

□吐いたものに胆汁や血液が混じることがある

□トイレで尿が出ない、あるいは極端に少ない

□日常生活が送れない

□数日間食事をとれていない

 

これらのうちで1つでも当てはまれば妊娠悪阻の可能性があります。病院で一度医師に相談されることを推奨します。

 

病院ではどんな治療をするの?

病院では次のような治療が行われます。

 

・点滴治療

水分や栄養補給のために点滴治療を行います。

 

・ストレスから切り離すために入院

悪阻はストレスを感じたときに悪化する傾向があります。そのため状態によっては入院が勧められることもあります。

 

入院の期間は1週間のこともあれば、数カ月に及ぶことも。妊娠悪阻は病気なので、入院や治療を受けても保険適用になりますよ。

 

・薬物療法

嘔吐などの症状を改善するために薬が処方されることもあります。もちろん赤ちゃんへの影響が少ない薬を処方さるため、処方された薬は量や回数を守ってしっかり飲むようにしましょう。

 

つわりだからと思い込まないで!

お腹の中の赤ちゃんは必要な栄養をママのカラダから吸収しています。もちろん、ママが妊娠悪阻になってもしばらく赤ちゃんへの影響はありません。

 

しかし、症状が進めば胎内の赤ちゃんに影響が出てしまうことも。ママの体のためにもお腹の中の赤ちゃんのためにも、できるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-19掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

つわり(悪阻)に関する記事

病院で処方される、つわりの薬はどんなもの?胃薬や漢方はどうなの?

つわりの症状があまりにひどい場合は、産婦人科で薬を処方される場合があるようです。...

妊娠初期のイライラや不安...メンタル面の不調はつわりのせい?情緒不安定になる理由と撃退法をご紹介

妊娠初期は、心身ともにが大きく変化しメンタル面が不安定な時期。   そんな時...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

つわり(悪阻)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る