カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. もうすぐドキドキの出産予定日。そろそろ始めておきたい入院準備について徹底解説

妊娠・出産

もうすぐドキドキの出産予定日。そろそろ始めておきたい入院準備について徹底解説

659d0659cbf39e6b13fcce9feabb805d_s.jpg

出産のために病院へ行くと、そのまま怒涛の流れで入院ということもあります。そのため、出産予定日は分かっていてもそれよりも前に出産が始まる可能性もあり、準備は入念にしておかなければいけません。そこで今回は、出産での入院準備について徹底解説します!

 

臨月になると始めておきたい入院準備

臨月に入るといつ出産が起こってもおかしくない状態になります。陣痛が始まれば出産までノンストップで過ぎていきます。ママだけでなく、赤ちゃんの衣類なども必要となるため、早めの段階で入院準備をしっかりしておかなければいけません。


・準備はいつ頃に済ませておくべき?

出産や入院のための準備は、妊娠後期に入る妊娠28週頃から始めるとよいです。そこから遅くても妊娠36週に入る頃までには準備を終えておくとよいでしょう。

といっても、妊婦さんの体調はその日によって違ったりもします。妊娠28週よりも早めの時期で、体調のいい日に出かけて徐々に揃えていく方が安心かもしれません。もっと言えば退院後の生活で必要なものもこの時に用意してしまっておくと、新生児が家に来てからバタバタしなくて済みます。

 

 

抑えておきたい準備のポイント

はじめてのお産の場合でも、何度目かのお産の場合でも、出産やその後の入院の準備は入念に行わなければいけません。きちんと準備をしておくために、どんなポイントを押さえればよいのでしょうか?

  

・ママがあると嬉しい陣痛・分娩中にあるといいもの

・飲み物(ペットボトル)+ストロー

・使い捨てカイロ

・冷えピタ

・うちわ

・テニスボール

・軽食(おにぎりやゼリー飲料など)

 

出産では時間がかかることが多いので、体力勝負なところがあります。ですから食べ物はとても重要で、横になった姿勢でも食べられるものを用意しておきましょう。これらを小さいバッグに入れておくのもいいですね。冷えピタやうちわは、分娩室が赤ちゃんのために温かくなっているためです。ママにとっては暑く感じてのぼせてしまうこともあります。

 

・入院手続きに必要なもの

・母子健康手帳

・健康保険証

・診察券

・印鑑

 

入いつ何が起きてもいいように、これらは常に持っておくとよいです。

 

・赤ちゃんのグッズも必要。産後の入院生活で必要なもの

・前開きパジャマ(2・3枚、授乳時に前開きが便利)

・カーディガンやガウン

・産褥ショーツ

・授乳用ブラジャー

・腹帯

・スリッパ(手を使わずに履けるもの)

・ソックス(2・3枚)

 

・尿漏れパッド

・お産用ナプキン(支給品だけでは足りないこともあります)

・母乳パッド(使い捨て)

 

・タオル

・洗面用具(シャンプーリンス、ドライヤーなど)

・歯磨きセット

・基礎化粧品(メイクNGのところも)

・ベビー用つめきり

・ガーゼハンカチ

・ティッシュ、ウェットティッシュ

・タオル

・清浄綿

 

・コップや食器

・小銭

・時計

・授乳クッション

・筆記用具

 ・手提げバッグ(防水だと便利)

 

入院する病院によっては、病院からもらえるものもあります。例えば産褥ショーツや母乳パッド、ミルク缶などです。これらは入院の際に説明してもらえたり、入院時の資料に書かれていたりするので確認してみてください。

 

・退院の時に必要なもの

・ベビーウェア

・ベビー肌着

・紙おむつ

・ママの退院用の服

・分娩や入院の費用

・届けに必要な書類

・チャイルドシート

 

パパにもお願い

こうしたものはいざという時に自分で揃えられないこともあります。誰かにお願いして持ってきてもらうこともあるため、そんな時のためにチェックリストを作っておいて、誰が見ても分かるようにしておくといいでしょう。また、体調が良い時はパパと一緒に買い物などに行き、いざというときにパパが戦力になれるようにしておくのもいいです。

 

もしものために早めに準備しておきましょう

入院準備は、近くに売店があるかどうかやサポートしてくれる人がいるかどうかにも左右されます。後から何とかなりそうなら少なめに準備しても大丈夫ですが、そうでなければ少しかさばっても多めに持っていくことをおすすめします。臨月になってから基本的には準備を始めますが、もしものために、予定日2ヶ月ぐらい前から少しずつ準備を始めておきましょう。

 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-12-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出産に関する記事

リスクを伴う可能性が!?知っておきたい陣痛促進剤の効果

陣痛促進剤といっても、種類がいくつかあり、その種類によって使い方が異なります...

痛みが来ても様子見が大切!前駆陣痛はお産に入る前の予行練習

出産が本格的に始まる前の予行練習として始まるのが「前駆陣痛」です。 臨月に...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る