カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 外出時 >
  5. マタニティウェアなら1着はワンピースを!妊婦さんに優しく使いやすいワンピース

妊娠・出産

マタニティウェアなら1着はワンピースを!妊婦さんに優しく使いやすいワンピース

妊娠すると妊娠中を快適に過ごすために、マタニティウェアの購入を考える方も多いのではないでしょうか?マタニティウェアにも色々なタイプがあります。その中で一つは持っておきたいのが「ワンピース」。

 

今回はそんなワンピースのオススメポイントを解説します!

  

マタニティウェアはお腹が大きくなると必要

妊娠すると変わっていく体型や体調に合わせて、洋服も変えていきます。体型がほとんど変わらない妊娠初期には必要はありませんが、お腹の大きくなってくる時期になると手持ちの服が入らないことも。もしくは腹部の締め付けがきつくなり、母体にとっても胎児にとっても、ストレスがかかる状態になることも考えられます。そのため、お腹の大きさが大きく変わることを考えた、マタニティ専用のマタニティウェアが必要になるです。

  

最近はおしゃれなマタニティウェアも多い

マタニティ専用とはいっても、その種類は様々です。オシャレなものもとても多く、今だけだからとつい目移りしてしまうかもしれません。しかし、着られる期間は限定されていますから、厳選して選びましょう。

  

ワンピースをオススメする理由

妊婦さんはお腹の締め付けがないように洋服を選ぶのが基本です。その点でワンピースは非常に優秀。上下分かれている洋服よりも、お腹の締め付けがありませんから、妊婦さんには非常に適しています。実際、妊娠期間中はワンピースをよく着ていたという方も多いでしょう。マタニティ専用のワンピースでも、一般の人用で腹部にゆとりがあるワンピースでも1枚あると妊婦さんには便利です。

 

妊婦健診の着替えがラク!

これは言わずもがなではないでしょうか。ズボンですと、着脱に時間がかかり、内診台に上がるときも少し抵抗があるかもしれません。しかし、ワンピースですと、下着だけをさっと着脱すればよく、内診台に上がるときもある程度まで隠した状態を保てるので、恥ずかしさが軽減されることも。特に妊婦健診は混みあいますので、スムーズな着替えを心がけたいところです。

  

育児中もずっと着られるからラク!

マタニティウェアの多くは妊娠中から産後まで着られるように、授乳しやすい構造になっているものも多くあります。産後は多少体型が戻るとはいえ、出産直後の体はしばらく本調子になりません。また、バストも大きくなったり、張っていたりと完全復活というわけにはいきません。そのため、産後の状態も考えて、長い間リラックスしてきていられるので重宝します。

  

妊婦さんの体型に合うマタニティ専用のワンピースがオススメ!

ワンピースなら、マタニティ専用のものでなくても売られています。しかし、お腹だけが大きくなる体型を考えて作られたものではないため、お腹がきつくなったり、裾がお腹の分だけ上にあがったりすることも。臨月でも問題なく着ることを考えるのであれば、やはりマタニティ専用のワンピースがオススメです。変に大きなブカブカしたサイズを選ぶこともなく、きれいに着ることができます。

  

アジャスターがついているものもGOOD!

マタニティ専用だと着られる時期が限られてしまう、という方は、お腹回りなどは調整できるものを選びましょう。マタニティ専用のワンピースはもちろん、そうでなくとも、腹囲にゴムがついており締め付けが緩いものや、紐などのアジャスターで大きさを自由に変えられるものだと、産前産後の体型に合わせて着ることが可能です。

  

フォーマルやオフィスで活躍するワンピースもある

ワンピースタイプのマタニティウェアは、結婚式などのフォーマルな場所で映えるドレスタイプや、通勤や仕事服などのオフィスウェア風のデザインのものもあります。

特にフォーマルな場やオフィスでは、自分のペースですぐに休んだり、リラックスしたりすることはなかなかできません。そうした場所だからこそ、締め付けのないワンピースタイプの洋服の方が、余計なトラブルを防ぐことができ、安心して過ごすことができるのです。

 

着る機会は限られますが、妊娠中に結婚式に参列したり、仕事を続ける場合はTPOに合わせた素材、デザインのマタニティウェアを着用しましょう。

  

快適なワンピースは一着あってもは損なし!

妊娠中に着るものに困ることは多々あります。しかしワンピースタイプのマタニティウェアであれば、産後体型が変化しても問題なく着ることができる場合が多いため、長く着ることが可能です。選ぶときには、素材やサイズ感にもこだわって選びましょう。

 

また、靴やほかの洋服とあうかもしっかりと考えた上で、使い勝手がいいものを選ぶことをオススメします。

  

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-07-20掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外出時に関する記事

産休まで働く妊婦さんが気を付けたいポイント5選

妊娠が分かっても、ギリギリまで仕事をする妊婦さんは最近では多くなってきています。...

「マタニティマーク」を付けていると嫌がらせを受けるって本当?

マタニティマークはいざという時に妊娠していることを周囲に知らせるお守りのよう...

妊娠中の生活の体験談

妊娠中の仕事事情。

1人目妊娠中は、販売員をしていたためほぼ立ち仕事。 しかし吐き悪阻がひどくて裏方にわましてくれまし...

2人目妊娠中の事情。

現在2人目妊娠中。 旦那は稼ぐために県外へ出稼ぎ!! いやいや、なかなか強行突破だったかな。。 ...

カラダノートひろば

外出時の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る