カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 流産 >
  5. 流産の手術を受けた後にするべきことって?流産後の体の変化&次の妊娠に向けて

妊娠・出産

流産の手術を受けた後にするべきことって?流産後の体の変化&次の妊娠に向けて

流産の確率は10~15%。意外に低くはありません。流産が発覚すれば、入院をして手術を受ける場合もあります。

では流産の処置を受けたその後はどうするでしょうか?今回は、流産後にすることや流産後の体の変化、そしてやはり気になるのは次の妊娠について解説します。

 

流産とは

流産は、妊娠22週未満までに、心拍が確認されない・細胞分裂が進まずに大きくならない、胎児が子宮の中で亡くなっている状態(稽留流産)、また出血により胎児が外に出てしまう状態のことを意味します。

 

流産の時に感じる主な症状

人によって異なりますが、主に以下の症状を感じた時は要注意です。

 

・お腹に痛み

少しぐらいの腹痛であれば妊娠初期の時に感じることがありますが、強い痛みを感じた時は注意が必要です。

 

・出血

生理の時のように大量の出血が起こった場合は流産の可能性があります。

 

・異物感

妊娠初期は胎児の動きなどを普段から感じることができませんが、お腹の中がひんやりとした時は要注意です。

 

流産手術後の流れ

流産の診断がされると、そのままにしては進行流産のような危険な状態になる可能性があります。そのため入院してお腹の中のものを出す手術が行われます。その手術後はどのようなことをするでしょう?

 

・妊娠週数によって、対面の可能性

妊娠週数が進んでいると、赤ちゃんがある程度大きくなっているので、出てきた赤ちゃんと対面することもできます。

 

水子供養

この世に生まれてくることができなかった赤ちゃんのために行うのが「水子供養」。お寺にて、読経供養や戒名供養などを行って下さいます。

 

・妊娠12週以降の場合は死産届と火葬許可申請

妊娠12週以降の場合は死産届を提出が可能となり、火葬を行って頂くことができます。

 

流産後の体の変化

流産をした後、体はどのような変化をしていくのでしょう?次の妊娠を考えればこそ、体がどんなふうにもとに戻っていくのか気になるでしょう。

 

・つわりがなくなる

流産の種類にもよりますが、流産の後は胎児や胎盤がお腹の中からなくなります。そのため、それによって起こっていたつわりの症状が消え不快感が解消されます。

 

・髪が一気に抜ける

ホルモンの作用で抜けにくくなっていた髪の毛が一気に抜けることがあります。とはいってもそれまで抜けていなかった分が抜けるだけなので、しばらくすると治まってきます。

 

・出血や腹痛の症状

流産の処置後は、出血や腹痛が起こることがあります。これは処置の際に子宮粘膜が傷ついて起こることです。

症状には個人差がありますが、2週間ほどでおさまってくるでしょう。また、手術を行わずに自然輩出した場合にも腹痛が起こることがありますが、徐々に減っていきます。

 

・生理が始まる

生理は手術後、3~5週間すると来ると言われています。そのうち生理が以前のサイクル通りに来れば、子宮が回復したと判断されます。

 

次の妊娠はいつからできるの?

流産の後に気持ちが向けば、次の妊娠のことも考えるでしょう。はたして流産後にはいつ次の妊娠はいつからできるのでしょうか?

 

・生理が始まってから3〜6ヶ月後

生理が1度くれば、排卵が起こっているということなので妊娠自体は可能とされています。しかしお医者さんにもよるでしょうが、一般的には数回は生理を見送った方がよいとされます。

 

これは身体的にも精神的にも十分に回復する時間をおいてからの方がよいと考えられるためです。もし焦って妊娠すれば、体が回復しきっていないこともあって、また流産を繰り返してしまうかもしれません。

 

・流産後は妊娠しやすいって本当?

流産の後は妊娠しやすいと言われることがあります。この理由は流産の原因のほとんどが染色体異常のような、胎児側に原因があるためです。

つまり母体に原因はないので、ママの方には妊娠する準備が十分あります。また、流産すると子宮を一度ゼロの状態に戻すことになります。そのため着床しやすくなると言われます。

 

・次の妊娠がしにくいケースも

流産の原因によっては、次の妊娠がしにくいケースもあります。それは次のような原因で流産した場合です。

 

・子宮外妊娠

・子宮の形が着床しにくい

・感染症

 

感染症などが原因の場合にはきちんと検査をし、治療を受けましょう。他の場合にもお医者さんと十分話し合い、協力して妊娠を目指していきましょう。

 

【体験談Pick Up】悲しみを乗り越えて授かった命

投稿者:ゆーこママさん

半年後に妊娠したのですが、残念ながら初期でダメになってしまい、とても落ち込みました。 手術後、3ヶ月あけてから子作りを再開したのですが、生理は順調に来ているものの基礎体温がガタガタで、これじゃまずいと思って体を温めることを重点におき日々生活していました。

 

生活の見直し

体を温めるためにしたことは、まずは手っ取り早く腹巻をつけること。 お風呂はいつも湯船につかるようにはしていたのですが、それまでよりもゆっくりリラックスした気持ちで入るようにしていました。 そして、体をあたためるための食生活。

・冷たい食べ物や飲み物は極力避け、体を温める根菜類をよく摂るようにする。

・一つ一つの量は少なくても、たくさんの食材を取り入れるように心がける。

・飲み物を飲むときにしょうがをすりおろして入れる。

といったことを実践していました。 そのほか、以前から実施している葉酸サプリを飲んだり、卵子の老化予防のためにルイボスティーを飲んだりすることは続けていきました。(一部抜粋)

 

 

その後、ゆーこママさんは無事出産されました。一度流産してしまうと、次は妊娠できるのか、妊娠してもまた流産にならないか、など不安になってしまいます。

しかし、ゆーこママさんのように、日々の生活を見直すといったちょっとした取り組みが妊娠出産に繋がりますよ。

 

まずはママの体を休めてから

流産後はゆっくりと余裕をもって時間を過ごしましょう。それでなければ体はきちんと回復していきません。それにゆったりと過ごすことで精神的にもきちんと回復できます。

流産しても多くは次の妊娠ができないわけではないですし、次も流産するわけではありません。まずは自分の体と心を大切にしてあげてください。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

流産に関する記事

これって流産の症状?知っておきたい流産のときに起こるかもしれない6つの症状

妊娠初期にはカラダの変化、赤ちゃんの成長とともに様々な症状が出ててきます。だから...

自覚症状のない「稽留流産」とは?原因や兆候、流産後の手術から次の妊娠まで

流産にはいくつか種類がありますが、その中のひとつが稽留流産。稽留流産とはどんな流...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

流産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る