カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. セックスの後に出血!これって大丈夫?気になる病気について解説

女性のカラダの悩み

セックスの後に出血!これって大丈夫?気になる病気について解説

c5b9e1662682c8885d272c239bbf8050_s.jpg

女性は生理で定期的に出血があります。ただ同じ場所からの出血でも、セックスの後の出血となるとおや?と思いますよね。セックスのときやその後の出血は、決して珍しいものではなく、多くの女性が経験したことのあることでしょう。しかしそのままにしていいわけではありません。それは病気の大事なサインかもしれないためです。

 

セックスの後に出血!これって大丈夫?

セックスの際には物理的にこすれたりすることもあって、出血することがあるのも納得できます。とはいえ、出血があればちょっと驚きますし、不安にもなりますよね。もちろん心配のないケースもありますが、中には病院に行くべきケースもあります。そんな色々な出血の原因についてご紹介します。

 

セックス後に出血が起こりやすいのはこんな時

まずは問題のないケースで、特別な問題はないけれども出血する場合をご紹介します。

 

・初めての性交

・性交に不慣れ、あるいは長期間性交していない場合

・排卵のタイミング(排卵出血)

・生理の開始のタイミング

・更年期や閉経後

・激しい運動

・女性ホルモンが不安定なとき

 

初めての性交ではいわゆる処女膜が破れることで、多くの女性が出血します。また性交に不慣れだったり、長い間性交していないときには、膣がせまくなっていることがあり、摩擦で出血しやすくなります。さらに更年期になると女性ホルモンの減少によって、粘膜の潤いが少なくなって出血が起こりやすくなります。あるいは激しい運動によって簡単に出血してしまうこともあるくらい、女性器は実は繊細です。また、10代はホルモンの分泌が不安定で出血が起こることがあります。

 

最も多い原因は子宮膣部びらん

セックス後の出血で最も多い原因とされているのがこの「子宮膣部びらん」です。びらんとはただれた状態のことを言い、これは子宮口付近がただれて見えます。しかし実際にただれているわけではなく、病気でもありません。

 

女性の半数以上がこのびらんになっているとも言われており、決して珍しくありません。しかし、セックスによってびらんが直接刺激されると、出血が起こりやすくなります。びらんは特別治療が必要ではありませんが、出血を繰り返したり、おりものが多い場合にはびらんを焼いたり、凍らせて切除することがあります。

 

良性の子宮頚管ポリープ

子宮頚管は子宮から膣につながる細い場所です。ここの粘膜が増えポリープができることがあります。ポリープ自体は充血しやすいので、セックスの際に出血が起こりやすくなります。ポリープがあっても絶対に治療が必要なわけではありません。ただ出血がひどい場合などは切除することがあります。

 

子宮がんの可能性も

子宮がんでセックスの後に出血が起こることもあります。子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり、どちらの場合にも起こることがあります。子宮頸がんは初期の段階でほとんど症状がありませんが、進行すると不正出血が起こることがあります。これに対して子宮体がんは比較的早い段階から不正出血が見られることがあります。

 

子宮がんの場合にはステージに合わせた治療が必要です。早期ならば子宮を残すことも可能ですが、進行している場合には子宮や卵巣の切除が必要になってくることもあります。

 

セックスの後に出血があったら、婦人科を受診

一過性の出血と考えられれば、自分でできる対処法もあります。傷つけないように男性の側は爪を短く切ったりすることも一つの方法です。また、刺激を強すぎないように工夫することもできます。ただ、見過ごしがちな病気が隠れているかもしれませんので一度は婦人科を受診してください。その場合なるべく早い方が何かあったときに治療の選択肢が多いです。その際に必ずセックスの後に出血があったことを必ず伝えましょう。

 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-12-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気・症状(女性特有)に関する記事

乳腺エコーではしこりの良性・悪性判断が出来る!?マンモ+超音波で乳がん発見率が1.5倍?

  乳腺症は胸にしこりができる病気で、乳癌(にゅうがん)と症状が似ていて不安に...

排卵痛の原因!受診が必要な排卵痛とは? 卵巣出血・子宮付属器炎の症状と治療

生理ではないのに下腹部に痛みがある場合、もしかしたら「排卵痛」かもしれません...


若い女性でも発症する卵巣がん!見つける方法とは?症状・原因・治療法まで

 卵巣がんは日本で年間8000人程が発症するガンと言われています。早期発見・...

良性・境界悪性・悪性の3つから見る卵巣嚢腫・検査方法とは

  卵巣嚢腫は婦人科系臓器にできる腫瘍としては、子宮筋腫と並んで最も発生頻度の...

カラダノートひろば

病気・症状(女性特有)の関連カテゴリ

病気・症状(女性特有)の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る