カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 助成金・給付金 >
  5. 帝王切開なら考えておくべきお金のこと!保険を利用すればコストは抑えられる!

妊娠・出産

帝王切開なら考えておくべきお金のこと!保険を利用すればコストは抑えられる!

出産は費用がかさみますが、帝王切開はさらに費用がかさみます。手術になるので健康保険の適用になりますが、それでも高額なことに違いはありません。

けれどもきちんと対策をすれば費用の問題はクリアできます。医療保険や給付金など、帝王切開になってもお金の心配をしないための制度をご紹介します。

 

費用のかさむ出産

出産は特に問題のない出産であっても、とても費用がかかります。例えば自然分娩で何もトラブルなく出産した場合でも、検診や出産の費用などで40万円~かかるとされています。

 

-帝王切開は治療なので「保険適用」

これに対して帝王切開になると、さらに費用がかさみます。それは、手術費用と入院日数が増えるためです。手術費用だけでも20万近くし、3割負担ではありますが6万円ほどの負担になります。

 

-実際にはもらえるお金もたくさん

非常にたくさんのお金がかかる出産ですが、それではあまりにも経済的負担が大きいですよね。そのため、実際には色々な制度があり、もらえるお金や戻ってくるお金も多いので、安心して出産することができます。

 

帝王切開の出産でもらえるお金

費用のかさむ帝王切開で出産した場合、もらえるお金には何があるのでしょうか?

 

-出産育児一時金

加入している健康保険からもらえる出産費用で、「新生児1人につき42万円」もらえます。帝王切開かどうかにかかわらず、妊娠4ヶ月以上で出産した場合にもらえます。

 

-高額医療費給付

帝王切開は健康保険が適用されるので、高額医療費の給付が受けられます。健康保険では3割負担で治療費を負担します。

しかしその3割が自己負担の限度額を超えると、超えた分の金額が戻ってきます。

 

ちなみに自己負担の上限額は所得や年齢によって違います。帝王切開にかかる費用は基本的に高額になるため、上限が決まっているのはとても心強いですね。

 

-医療費控除(確定申告)

1年間で1つの世帯の医療費の支払いが10万円以上の場合、翌年の住民税が自動的に下がります。あるいは所得が200万円未満で、1年の医療費が所得の5%以上になる場合もあてはまります。

確定申告で税務署に申請する必要がありますので、領収書などを全部取っておきましょう。

 

帝王切開と民間保険

さらに帝王切開で保険金をもらうには、保険に加入している必要があります。医療保険を利用するか、生命保険に入院・治療の特約をつけるかします。

こうした保険に入っておけば給付金をもらえるので、より経済的負担を軽くできます。

 

-保険に入っておくタイミングはいつ?

保険の加入自体は、ほとんどの保険会社で妊娠半年まで可能です。しかし帝王切開の費用負担というところで考えるなら、妊娠してからの加入は現実的ではありません。

 

ほとんどの場合妊娠中に加入すると、「子宮を原因とする病気には給付金がでません」という条件がつきます。これでは意味がありません。帝王切開での給付金を受け取るには、妊娠前に保険に加入しておく必要があります。

 

-2回目の帝王切開は給付金なし?

出産の2回目以降は、帝王切開での保障を受けにくくなると言います。新たに保険に加入する場合、過去5年以内に手術を受けていると保険への加入が難しくなるためです。

加入できたとしても、一度帝王切開で保障を受けているので、その後5年は子宮を原因とする病気は対象外になります。

 

帝王切開を受けた場合には、次の出産も帝王切開になる可能性が高いです。そのため、継続して保険に入っている方がよいですね。

 

緊急帝王切開になることも考慮して十分な準備をしておきましょう

紹介したような保障そして給付金を活用すれば、お金の心配をしないで安心して赤ちゃんを産めますね。ただでさえ、出産は命がけなんですから余計な心配をしたくないです。

緊急的に帝王切開になるケースもありますから、出産前から十分な準備をしておきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-15掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

助成金・給付金に関する記事

50%から67%に!育児休業中の給付金の支給率が引き上げられる!

  ニュースなどでご存知かもしれませんが、育児休業中の給付金の支給率が引き上げら...

出産育児一時金を理解しよう! 受取代理制度と産後申請方式って?

  妊娠が判明した方はその喜びで胸躍る気持ちでいっぱいの一方で、費用面で一体ど...

お金・各種制度の体験談

働く妊婦に嬉しい情報★傷病手当金

私は妊娠発覚しても働き続けた妊婦です。 妊娠初期と妊娠後期でもうすぐ産休の今も、医師から切迫流...

安定期の間にやるべきだったこと!学資保険について

初めての赤ちゃんを授かって、あれもこれも準備しなきゃ!とベビー服、ベビー用品など色々比較検討してよう...

助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る