カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 出産への恐怖心…やっぱり怖いものは怖い!その不安どうやって乗り越えればいいの?

妊娠・出産

出産への恐怖心…やっぱり怖いものは怖い!その不安どうやって乗り越えればいいの?

bfde6e9fc0eb47ee5cd9d473e9094393_s(1).jp

出産には痛みが伴います。その痛みを想像すると怖い思いが強くなって、不安でいっぱいになってしまうのも仕方がないでしょう。赤ちゃんに会いたい気持ちはもちろんあります。けれども分娩も、陣痛もやっぱり怖いのが本音です。そんな恐怖心を和らげる方法には何があるでしょうか?

 

出産が怖い?

もちろん赤ちゃんに会えることを楽しみにしている気持ちはあるでしょう。母親になると女性は強くなると言いますし、「母親になるんだからしっかりしなさい!」と言われたりもします。でも怖いものは怖いんです。母になるからと言って、恐怖心はそう簡単に消えてくれません。

 

-「鼻からスイカ」はやっぱり怖い

出産が怖いのはその痛みを表す言葉にも原因がありそうです。出産の痛みは色々な言われ方をします。「鼻からスイカ」はよく知られていますよね。あるいは「骨盤が割れる」とか「男ならショック死する」なんて言われたりもします。そんなことばかり聞いていれば怖いのも当たり前です。

 

-陣痛から始まる出産の痛み

出産の痛みというと、実際に赤ちゃんが出てくるときの分娩の痛みが想像されることが多いです。けれども出産の痛みはそれだけではありません。出産で起こる痛みには「分娩」の他、「陣痛」「会陰切開」「胎盤を出す痛み」などがあります。

 

陣痛は分娩前の子宮の収縮です。何時間もこの痛みに耐えることもあります。会陰切開は赤ちゃんが出やすいように、出口を少し切ることです。ただ大抵の場合陣痛の痛みの方が大きくて、切ったことにも気づきません。胎盤を出すのは産後です。すんなり出てくることもあれば、助産師さんなどが産道に手を入れて出すなんてこともあり、その時にはやっぱり痛みがあります。

 

出産への恐怖を和らげるには…

実際の出産への恐怖を和らげるためには、どんなことができるでしょうか?恐怖心があるのは、感情的な情報が多くて怖い気持ちが大きくなっているのかもしれません。きちんと知識をつけて恐怖心を和らげましょう。

 

-痛みは拒否するほどに痛くなる

痛いのは嫌です。けれどもその痛みを拒否するほどに、体は緊張し子宮口がかたくなって、赤ちゃんがますます出にくくなってしまいます。その分分娩の痛みも増すので、痛みを拒否する気持ち自体を遠ざけるようにしましょう。

 

-お腹の中の赤ちゃんに意識をうつす

陣痛や分娩で、ママが痛かったり苦しかったりしているときは、赤ちゃんが一番苦しいときでもあります。そうすると赤ちゃんに対して「頑張って出てきて!(そしてママを楽にして!)」の気持ちが強くなります。自分の恐怖心ばかり考えてしまうと怖いですが、赤ちゃんのことを意識すれば視野が広くなって怖さが薄れます。

 

-出産前には気分転換を

出産前に出産のときのことを想像して恐怖心が大きくなってしまうなら、なるべくほかのことに意識をうつしましょう。「体を動かす」「本を読む」「映画やドラマを観る」「散歩する」など、出産以外のことに意識を向けてみるとよいです。

 

-予行演習をして準備する

未知のことに不安を感じているのなら、出産のときの動きを予行演習してみてもいいでしょう。陣痛をなんとなく「ずっと痛いもの」と思っている人も少なくありません。けれども実際には痛みの波があり、痛みがない時には普通におしゃべりできたりします。そうした痛みの目安もそうですし、実際に分娩の時にする呼吸法を予習しておくのも大事ですよ。

 

無痛分娩だっていい

無痛分娩は局部麻酔を使って出産の痛みを軽減する方法です。日本ではあまりメジャーではないですが、欧米などでは一般的です。「お腹を痛めて生んでこそ親としての自覚が出る」と言われたのはもう少し古いようです。無痛分娩で生んでも、我が子を大事にする気持ちに変わりはありません。ただし、日本では手術費がかかる点は押さえておきましょう。

 

話を聞いてもらい痛みへの不安や恐怖心を和らげましょう

「案ずるより産むが易し」ではありますが、考えすぎて緊張し、出産の痛みや怖い気持ちを増大させてしまっては結果もよくありませんよね。出産の恐怖を感じたら、自分一人で考えないで旦那さんや、先輩ママなどに話を聞いてもらいましょう。聞いてもらうだけでも恐怖心は少し小さくなりますよ。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-01-18掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

分娩誘発って、なんでするの?

  妊娠が末期を迎え、陣痛がきて分娩に入る・・・ それが自然なお産の流れ...

吸引分娩って何?~吸引分娩による出産について~

    吸引分娩とは 吸引分娩は、何らかの緊急的な理由で、すぐに胎児を外に出して...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る