カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 幼児の英語教育はやるべき?年齢別で考える英語教育とその種類とは?

育児

幼児の英語教育はやるべき?年齢別で考える英語教育とその種類とは?

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s.jpg

幼児のうちから英語を習わせたい!と、英会話教室に通わせている親御さんも多いでしょう。特に自分が苦労していると、子供にはそんな苦労をさせたくないと思う気持ちもあります。幼児の英語教育には、英語の教材や、英語教室に通って受けるレッスンなどがあります。そんな幼児の英語教育について解説します。

 

小さいうちから英語教育

小さいうちからの英語教育は、専門家の間でもその是非が分かれます。けれども、親の視点からすれば早くから英語の発音や聞き分けに慣れさせたいとも思うでしょう。

 

-グローバル社会で注目される英語力

日本は島国ですが、インターネットの普及や海外企業の進出などで、海外の方との交流も増えました。そのため余計に我が子には英語を習わせて、将来の選択肢の幅を広げてほしいと思うのかもしれません。

 

幼児の英語教育、いつから始めればいい?

実際に幼児の内から英語教育をはじめさせるとなったら、いつから始めるべきなのでしょうか?早ければそれだけいいという意見もありますが、実際そうとは言い切れません。

 

0歳から英語教育を始めればネイティブなみの英語力が身につくかもしれません。その一方で母国語が置き去りになる可能性も十分にあります。少し成長してから英語を始めても、英語力の高い人はたくさんいます。

 

-成長すれば差は埋まる

小さい時に英語を重視しすぎたばかりに母国語がおろそかになってしまうこともあります。逆に遅くに英語を始めると、早い段階から始めた子にその時点ではかなわないかもしれません。

 

しかし、小さい時には吸収力が高いので、吸収したものが伸びるのが当たり前です。ある程度成長すれば、小さい頃に気になっていた差は、ほぼ意味のない差になっていくケースも非常に多いです。

 

-いつからよりも教育の質に重点を

どちらかと言えば、いつから英語教育を始めるべきと考えるよりも、子どもが楽しめているかどうかをよく見てあげましょう。幼児の教育は楽しんでこそ、子どもの能力を引き出してくれます。また楽しいイメージはその後の自発的な勉強につながります。それは英語でも母国語でも同じです。

 

幼児の英語教育何がある?

では実際、幼児期に英語教育をしようと思ったらどんな方法があるのでしょうか。

 

-DVDなどの英語教材を使ってレッスン

ディズニーの英語DVDや、NHKのEテレの英語教材もあります。お家でそうしたものを見ながら一緒に楽しめるとよいですね。子どもは気に入ったフレーズなどを勝手にしゃべったりするので、特別教えようと意気込まなくても大丈夫です。

 

-幼児の英語教室

幼児向けの英語教室もあります。普通の英語教室に幼児向けコースがあることもありますし、子ども向けに展開している教室もあります。いずれにしてもその場に行って実際に会話(アウトプット)ができるのが魅力です。他の子とコミュニケーションをとる機会ができるのもいいですね。

 

-2~3歳になれば動いて英語教育

DVDでも英語教室でもいいですが、歌ったり踊ったりしながら英語に触れられると、体を動かす楽しさとリンクさせられます。まだまだ日本語を上手に話せない子もいますから、それでも楽しさが感じられる内容だと子どもも続けやすいでしょう。

 

-4~6歳ならより英会話重視で

このくらいになると英語と母国語の区別がはっきりしてきます。「自分はこうしたい」「自分はこう考える」といった主張も出てくるときなので、それを英語でするきっかけを与えられるとよいですね。英語教室ももちろんおすすめです。他にはオンラインで受けられる英会話レッスンなどもあります。

 

-インターナショナルスクールに通う

幼稚園や小学校でも、インターナショナルスクールに通わせている子もいます。インターナショナルスクールでは基本的に、英語で会話をして、授業も英語で受けます。先生も友達も1日中英語を話す状態で過ごすため、絶対に英語が話せるようにしたい!というなら最も効果的でしょう。

 

もし幼稚園でインターナショナルスクールに通うなら、継続して小学校もそうした場所にするか、英語を学び続けられる環境を整えましょう。幼稚園だけ英語環境にいても、その後英語に触れなければ英語力は失われていきます。

 

子供が楽しんで学べる環境をつくってあげましょう

いずれにしても、幼児の英語教育は楽しく触れさせるのが一番です。そこを置き去りにして「教育」の色を強くしてしまっては、それ以降の伸びが期待できません。いかに「もっと英語やりたい」と思わせるかが、ママパパの腕の見せ所かもしれませんね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-01-21掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知育に関する記事

赤ちゃんは言葉をいつからしゃべる?言葉を理解するのはいつ?発達を促すためにできること

赤ちゃんの言葉の発達は、身体の発達に比べて遅く、個人差が大きいです。「あー・...

きちんと片付けができる子供に育てるにはどうしたらいい?~子供のしつけ~

片付けができない子供が増えている中で、自分の子供には片付けができるようになっ...

知育の体験談

子供の個性・・・よそはよそ

ベビーくもんの教室に通い、7か月がたちました。 私たちが通う教室には、もう一組別のママと男の子がい...

食べたら磨こう♪歯磨きイヤイヤ!

生後8ヶ月から、生え始めた息子の歯。 同じ月齢の赤ちゃん達は、息子よりも1ヶ月程早く生え始めていた...

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る