カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 赤ちゃんの日焼け止めは何歳からOK?安全な赤ちゃん用日焼け止めの正しい選び方を紹介!

育児

赤ちゃんの日焼け止めは何歳からOK?安全な赤ちゃん用日焼け止めの正しい選び方を紹介!

赤ちゃんを外に連れて行こうとした時、紫外線の強さに「日焼け止め」の使用を考えることがあります。ただ、赤ちゃんには大人と同じ日焼け止めクリームを使えません。赤ちゃん用にはどんな日焼け止めを選んだらいいのか?いつから使えるのかなどご紹介します。

 

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

外出した時に日差しが強いと、日焼け止めクリームを塗る女性は多いですよね。紫外線は、浴びすぎるとシミやシワ、たるみの原因になるのが気になります。では、赤ちゃんにも日焼け止めは必要なのでしょうか?

 

-赤ちゃんの肌はデリケート

赤ちゃんの肌はつるんとノントラブルな印象がありますが、実はその逆でとてもデリケート。大人よりも薄く、水分量も半分ほどしかありません。そのため、乾燥しやすくバリア機能も弱いため、少しの刺激でトラブルが起こりやすいんです。赤ちゃんの肌が紫外線のダメージを蓄積してしまうと、やけどや水ぶくれのようになったりします。また大人になってからトラブルが起こる可能性もあります。

 

-赤ちゃんの日焼け止めはいつから使える?

生後3か月までの赤ちゃんは特に肌が敏感です。そのため、日焼け止めよりもその他の方法で、紫外線対策をしましょう。ただ、日焼け止めによっては「新生児から使える」と表記されているものもあります。どうしても日焼け止めクリームを使うのなら、そうしたものを選ぶとよいでしょう。

 

-秋~冬も油断できない!

日差しは春~夏が強いイメージがあります。ですから春~夏には気にして日焼け止めクリームを塗るでしょう。けれども秋~冬も紫外線がありますので油断できません。紫外線は肌に蓄積されていきますから、たとえ日差しを強く感じなくても、紫外線対策をするようにしましょう。

 

どんな日焼け止めを選ぶ?

日焼け止めには「ベビー用」と書かれているものもあります。では、どんな日焼け止めなら赤ちゃんの肌にも刺激なく使えるのでしょうか?

 

-成分に注目!「紫外線散乱剤」を選ぶ

日焼け止めクリームには紫外線吸収剤といった成分が入っていることがあります。これは吸収した紫外線を熱に変えて逃がす働きをする成分です。しかし、これは肌の刺激になりやすいので赤ちゃんには避けましょう。

 

赤ちゃんに使うなら「紫外線散乱剤」(ノンケミカル)のものを選ぶとよいです。これは紫外線をはじいて日焼け止め効果を発揮する成分で、肌への刺激が少ないです。

 

-効果が高い方がいい?赤ちゃんは低いものが〇

日焼け止めを選ぶとき、「SPF」や「PA」といったもので日焼け止めの強さを知ります。これらの値が高い方が日焼け止め効果も高いですが、その分肌に負担がかかります。そのため、赤ちゃんが使う場合には、値が低いものを選びましょう。「SPF10~20」「PA+~++」くらいのものがいいでしょう。

 

-お湯やせっけんで落ちるものを

日焼け止めクリームは落とすときにも肌の負担になることがあります。そのため「お湯で落ちる」や「石けんで落とせる」と表記されているものがよいです。

 

-「フリー」を選ぶ

紫外線散乱剤や、SPFなどを気にしても、赤ちゃんにとっては他の成分で肌に合わないこともあります。ですからできるだけ余計な刺激成分が入っていないものを選ぶとよいです。「無香料・無着色」「アルコールフリー」「防腐剤フリー」「石油系界面活性剤フリー」などをポイントに見てみましょう。

 

はじめて赤ちゃんに日焼け止めを塗るとき

はじめて買った日焼け止めを赤ちゃんに塗るときには、たとえ成分を気にして買ったとしても、肌の反応に注意してあげます。

 

-最初から顔に塗らない!

日焼け止めが肌に合わずに炎症を起こしてしまうかもしれません。そうなったらかわいそうですよね。ですから最初から顔などの目立つところに塗るのはやめ、必ずパッチテストをしてから使いましょう。パッチテストは、腕の内側や桃の内側など、敏感な部分に少し塗り、2日ほど様子を見ます。これでかゆみなどがなければ大丈夫です。

 

衣類&日焼け止めの2重対策で、肌を守ってあげましょう

赤ちゃんの肌を紫外線から守るには、まずは帽子や長袖などの対策からしましょう。しかし、それを嫌がって帽子をとってしまう子もたくさんいます。そのため、日焼け止めクリームで2重に赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おでかけに関する記事

生後6ヶ月~11ヶ月(おすわり~はいはい)の赤ちゃんのお散歩時の紫外線・虫除け対策

生後6-11ヶ月、おすわりやはいはい時期の赤ちゃんとお散歩に行くとなれば、ベ...

疑問を解決★赤ちゃんのUVケアはいつから?どんなものを使えばいいの?

  現在の日本は、年々真夏の温度が上昇しており、大人でも過ごしにくくなってきて...

おでかけの体験談

横浜市にあるアンパンマンミュージアムに行ってきました!

こんにちは!カラダノートママ部のたぶです。 赤ちゃんが1歳を過ぎると、少しずつ歩けるようにな...

初めての動物園☆

「6ヶ月までに動物園に行くと免疫がついて体に良いらしい」 という風の噂を聞いて明日で6ヶ月という日...

おでかけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る